« 伊勢神宮(内宮、外宮)に行ってきました Part2:内宮 | トップページ | サムソンはアメリカのこの裁判でトドメを刺されるのでしょうか? »

2014/11/02

伊勢神宮(内宮、外宮)に行ってきました Part3:その他

ということで、内宮外宮の参拝記事でしたが、書き漏れたことを少々。記憶不足はご容赦を。

■宇治橋
冬至の際に橋の真ん中から太陽が登るということです。これも何か意味がありそうですよね。エジプトのピラミッドもそういう天体の動きに沿った建築がされていますので、太陽や天体の動きを建築に取り入れるというのは、世界・時代に普遍の原則というものかもしれませんね。

■遷宮
誰が遷宮を指示するのか?政府でしょうか?違います。所在地の伊勢市?これも違います。神社庁?違います。それは天皇陛下だということでした。これには少しびっくりしましたが、皇室の氏神ということを考えれば、それは当然でしょう。また、遷宮は内宮外宮だけではなく16の宮で行われていることもびっくり。ありきたりですが、あらためて大変だなぁと感じました。

その遷宮には約12000本の材木が必要ということです。家康公の時代に遷宮を再開しようということで御三家に材木を神宮まで運ぶようにと指示が出て、最初は紀州藩が対応したらしいですが、御存知の通り紀州は山しかありませんので、山の中から切り出した材木を運ぶのに非常に苦労したようで、60年間=遷宮3回でギブアップしたそうです。そうすると今度は尾張藩に指示が出、その尾張藩は後の約200年間材木を運んだそうです。その切り出した場所が今の「木曽」ということで、現在もその木曽から材木が切りだされているそうです。

■建築様式
唯一神明造りというそうです。内宮と外宮で違うところがあり、社殿の配置もそうですが、そもそもの造りが違うということでした。違うところは、

・鰹木の数
鰹木とは屋根の上に横になって乗っている2.5mほどの柱ですが、これが外宮では奇数(3->5->7)というふうに増えているが、内宮はそれが偶数だということです。

・千木の削ぎ
千木とは正殿の屋根の前後2箇所にある斜めに伸びた木のことで、外宮はその千木の端を縦にまっすぐ切り落としたような形になっていますが、内宮は逆に水平に切ったような形になっています。外宮を「そとぞぎ」、内宮を「うちそぎ」と呼ぶようです。

・屋根を支えるものはなに?
普通に考えれば柱でしょうということになりますけど、さに非ず。柱の上部には5cmくらいの隙間があるので、柱が屋根というか上部の重さを支えてはいません。じゃぁどうやって?ということなんですが、それは「壁」です。壁=板を縦に積んだ形になっているので、その板を上部の重さで押さえつけることで隙間が出ないようにしているそうです。日本は湿気も多いし寒暖の差も激しいし、そうしないと壁に隙間ができてしまい、倉庫その他の役に立たなかったんですね。

■外宮の社殿
正殿の他に宝物殿?が2つありますが、一つには何も入っていないとのこと。これは万が一雨漏りなどの被害が出た際に、すぐに宝物やご神体を空いているところに移すように考えているとのこと。当然内宮も同様でしょう。

■宝物
遷宮では社殿が作り替えられるだけではなく、収められている宝物も一切が新しく作られるそうです。新しいけれど基のものとそっくりに作るため、前回の遷宮で役目を終えた宝物(=40年前に作られたもの)をその目で確かめて、そのままに作るそうです。こういうところにも再生するけれど、変えないということが徹底されていますね。

また、どんな宝物なのか?という点で印象に残っているのは、内宮=天照大御神のための宝物は天照大御神が普段の生活に困らないよう、身の回りの品やカーテン、楽器などということでした。なんだか一気に親近感が湧いてしまいました…。

■巫女さん
正宮にもお守りなどを販売している場所はありますし、その中には「巫女さん」としか言えない装束をした若い女性もいらっしゃいます。が、巫女さんとは呼ばないそうです。なんと呼ぶかですが、「舞女(まいひめ)」と呼ぶそうです。なぜそうなのかは解説がなく…。

■内宮から伊勢市駅の参道
参道にそって、歩道両側に石灯籠がずーーーっと配置されています。これは過去寄進されたものでそのために大きさもまちまち。でも、こういうのは見たことがないので「さすがお伊勢さん」という感じがしていいと思うのですが、残念ながら電信柱のように地中深く支えられているわけじゃないので、地震対策により近々撤去されるそうです。残念ですが危険は危険ですからね…。

 


↓記事お疲れさん と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 伊勢神宮(内宮、外宮)に行ってきました Part2:内宮 | トップページ | サムソンはアメリカのこの裁判でトドメを刺されるのでしょうか? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/60585998

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢神宮(内宮、外宮)に行ってきました Part3:その他:

« 伊勢神宮(内宮、外宮)に行ってきました Part2:内宮 | トップページ | サムソンはアメリカのこの裁判でトドメを刺されるのでしょうか? »