« 通販サイトの悪徳業者の見分け方ってあるんでしょうか? | トップページ | これは正しい価格アップではないでしょうか?こういうことがデフレ脱却につながるのでしょう »

2014/11/27

13歳までに見ておくべき日本映画?

アニメが多いですなぁ…。実写映画ではないんですかね?難しいのかな?
映画のプロが選んだ「13才までに見たい日本映画の名作」ベスト20発表!1位は『トトロ』 - シネマトゥデイ

映画のプロが選んだ「13才までに見たい日本映画の名作」ベスト20発表!1位は『トトロ』 - シネマトゥデイ

2014年11月26日 10時11分

 こども映画専門のポータルサイト「こども映画+(プラス)」(株式会社チャイルド・フィルム運営)が、「13才までに見たい日本映画の名作」ベスト20を発表した。同ランキングは、映画を仕事にする総勢132名にアンケートを実施し、各3本を推薦してもらった上で決定したもの。

映画『となりのトトロ』フォトギャラリー

 1位は『となりのトトロ』(1988)、2位は『風の谷のナウシカ』(1984)、3位は『天空の城ラピュタ』と宮崎駿監督のアニメーション映画がトップ3を独占。このほか宮崎監督・スタジオジブリ作品は、6位に『ルパン三世 カリオストロの城』(1979)、7位に『千と千尋の神隠し』(2001)と『耳をすませば』(1995)、16位に『火垂るの墓』(1988)と上位20本のうち7本を占めるという圧倒的な強さを見せている。

 またアニメ以外では、黒澤明監督の『七人の侍』(1954)、小津安二郎監督の『お早よう』(1959)、木下恵介監督の『二十四の瞳』(1954)など、子供たちはなかなか目にすることがないだろうが、この機会に鑑賞しておきたい巨匠たちの名作がランクインしている。

 「こども映画+(プラス)」は、日本で初めて「子ども映画」に特化したポータルサイト。今回名前の挙がったタイトル200本のうち、21位以下の作品も今後紹介していく予定だという。(編集部・市川遥)

「13才までに見たい日本映画の名作」ベスト20(10位まで抜粋)
1位『となりのトトロ』(1988)
2位『風の谷のナウシカ』(1984)
3位『天空の城ラピュタ』
4位『七人の侍』(1954)
4位『お早よう』(1959)
6位『ルパン三世 カリオストロの城』
7位『千と千尋の神隠し』
7位『二十四の瞳』(1954)
7位『転校生』(1982)
7位『男はつらいよ』シリーズ
7位『大人の見る絵本 生れてはみたけれど』(1932)
7位『台風クラブ』(1985)
7位『耳をすませば』(1995)
7位『時をかける少女』(1983)
7位『銀河鉄道の夜』(1985)


宮崎監督の作品が多いですね。ランキングも人気の作品が順番に並んでいるようですね。

でも個人的には、13歳までに観るべきという基準なんだったら、一位は絶対的に

千と千尋の神隠し

です、これは譲れません。

だって、思春期の子供によく効くクスリ的なストーリ、キャラクター設定、セリフその他じゃないですか!巷ではハクの壁ドンはレベルが違う!なんていう記事も出ていますがw

【千と千尋】ハクの壁ドンのレベルが違いすぎると話題にwwwww:ハムスター速報

まー、これはおいておくとして。

千尋が人間として成長していくストーリー。

顔ナシの顔が透明になる場面、はっきりする場面。千を欲しがる顔ナシ。風呂に入り飯を食べ酒を飲む顔ナシ。

この世界の食べ物を食べれば臭いもなくなるだろう。

中途半端に手出しするな。

仕事をしたい奴には仕事を与える。
仕事をしない奴は豚にされる。

神の体からゴミが出てくる。
神もちゃんとお代を払う。

名前を奪われる。
名前を思い出す。

大切なモノをなくしたことに気づかない。
外に出たこともない坊。
初めて見る外の景色に大喜びの坊。
湯屋に帰ってくると優しくなっている坊。

何度見ても考えさせられる作品です。活劇ではないですが、いい作品で何度でも観たい作品ですね。この作品を視聴覚の時間(ってまだあるのか?)で鑑賞して、感想などについてクラスでいろいろ話しあえばいいのになぁと感じます。
 


↓ポニョがないなー(棒 と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 通販サイトの悪徳業者の見分け方ってあるんでしょうか? | トップページ | これは正しい価格アップではないでしょうか?こういうことがデフレ脱却につながるのでしょう »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 13歳までに見ておくべき日本映画?:

« 通販サイトの悪徳業者の見分け方ってあるんでしょうか? | トップページ | これは正しい価格アップではないでしょうか?こういうことがデフレ脱却につながるのでしょう »