« TV朝日のこの程度の報道姿勢がBPO審査対象になるとは、時代も変わったもんです | トップページ | この喧嘩は目くそ鼻くそとも感じますが、支那のほうが上手ですなw »

2014/10/10

LINEという会社は、こんなことでは上場は無理ではないか?

詐欺会社、という単語が頭に浮かびますねw
echo-news – LINE社 広告宣伝資料からユーザー数5億人の記述と、2000~3000万の広告プランを黙って削除 実質ユーザーを3分の1と認めると同時

echo-news – LINE社 広告宣伝資料からユーザー数5億人の記述と、2000~3000万の広告プランを黙って削除 実質ユーザーを3分の1と認めると同時

2014年10月10日09時06分
カテゴリ:文化
タグ: JARO, KCIA, NIS, 大本営発表, 押し紙

LINE社がこれまで発表していた情報を、昨日10月9日に同社の森川社長が発表した数字を付き合わせると、アクティブなユーザーの率がひどく相違していることが分かった。またLINEはかつて発表していたユーザー数情報にもとづいて2000万円から3000万円の広告費を要求するプランを示していたが、それも現在は削除している。

LINEが今年4〜9月分のリリースで出していた資料によれば、日本国内ユーザー5000万人のうち59.2%が「毎日利用しているユーザー」のハズだった(約59%である)。



しかしながら、昨日の発表によるとこれまで世界中で5億と公称していたのはダウンロード回数に過ぎず「一ヶ月のうちに利用しているユーザーは1億7000万人に過ぎないとされる(約28%である)。

アクティブユーザーの比率に倍以上開きがあるがこれはどうしてだろう。まず今までLINEが主張してきた日本国内の利用者数は「日本で5000万人」だ。とすると、間違っても「ダウンロード回数」ではなくてユーザー人数のはずである。資料を普通にみれば、5000万人がユーザー(つまり5000万はダウンロード回数のことではない)としか読めない。すると、「日本人は59.2%が毎日利用するほどLINEが好きだが、他の国も合わせると一ヶ月のうちでもたった28%しか利用していない」ということになる。これは、よほど国内外でLINEへのハマり方がちがっているのか、それとも発表がおかしいのかどちらがである。


そして何より問題なのはLINE社が、「4週間で2000万円から3000万円」のスポンサードスタンププランという広告を、ユーザー数が5億と媒体資料で銘打って販売していたことである。もし、ユーザー数に大きな齟齬があってこの高額な広告を売りつけていたら、それは詐欺だ(上記画像は2014年4〜9月媒体資料)。同社は、これまでのお客様のためにも実際のユーザー数を早くから公表するべきであったし、これからでも遅くないから発表出来る情報をクライアントに伝えて、実ユーザー数と相違した分に案分した広告費用を返還するべきである。

なお、なぜか森川社長の実質ユーザー発表と軌を一にして今月だされた、最新の媒体資料ではこのユーザー数とスポンサー広告の値段が急に外された(筆者は毎日のようにLINE社のHPをチェックしていたので非常に驚いた)。



(ここのリンク右下の「LINEパートナー」という項目に飛ぶと、この資料のPDFが手に入る)なぜ、今まで書いていた情報を削る必要があるのだろうか。

LINE社への質問 実質ユーザー数を以前と同じ基準で公表して欲しい

付いては、以下の通りの質問をLINEにしてある。

LINE 広報担当者さま

お世話になります。

昨日、御社のアプリ「LINE」で全ユーザーのMAU(毎月、利用しているユーザーの数)が1億7000万との発表がございました。総ダウンロード数5億人の中の割合で行くと、28%になります。

一方、以前出しておられた媒体資料では国内ユーザー5000万人以上で、DAU ( Daily Active User(一日に1回以上利用したことのあるユーザー))が59.2%となっていました。

この2つの発表を見る限り、アクティブなユーザー数に大きな開きがあり、

そんなにも国内外で違うのは何故なのだろうかと疑問もわいてきます。

つきましては、両者の比較検証を正常に行うため

・日本国内ユーザーのMAU(毎月、利用しているユーザーの数)と

・世界中のユーザーでのDAU ( Daily Active User(一日に1回以上利用したことのあるユーザー)

・「日本国内で5000万人」とあったのは総ダウンロード件数のことなのか

の3点をお伝えいただけませんでしょうか?

御社は企業公式アカウントのサービスで、広告も手がけておられるため、広告の出稿主さんとしても正しい数字が欲しいのではないかと考えます。

お忙しいところ恐縮ですが、明日10月11日中にお返事いただければ幸いです。”

なおLINEは売上も発表の度に数字が違って(過去記事リンク参照)いて、どうみても筆者には理解できなかった。

またLINE森川社長のツイッターはフォロワーが15472人となっているが、「LINEで口座残高・出入金照会 NTTデータと組む」という重要ニュースのつぶやきにも、5日経ってわずか3個しかリツイートがない。失礼だが、本当に15000人もフォロワーがいるとは思えない。

【編集長】江藤貴紀


記事通りだとすればひどい会社ですね。広告媒体の価値とはその集客力にあるのですから、ユーザー数、アクティブユーザー数がここまで違うのであれば詐欺ですよねぇ。

( ´ー`)y―┛~~

まぁ、私は今後もよっぽどのことがない限りLINEを使うことはないと思います。こんな記事を書いていますのでね。

LINE site:nob-piazza.cocolog-nifty.com/update/ - Google 検索 desc

最近では盗聴されているという報道もありますしねぇ。くわばらくわばら。

( ´ー`)y―┛~~

会社でも周りはLINEを使っている人が多いです。というか、仕事の内容をLINEでやりとりしていることもあるようです。それはいくらなんでもあかんやろと思いますがねぇ…。まぁ、じゃー電子メールっていうのはそもそも安全なんだったっけ?という話になるのでなんともですが、怪しすぎる会社のものはねぇ…。

( ´ー`)y―┛~~

会社経営の「KPI」についてここまでぶれてしまうようでは、そらー上場なんてできませんわなw
 


↓出自が出自だし… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« TV朝日のこの程度の報道姿勢がBPO審査対象になるとは、時代も変わったもんです | トップページ | この喧嘩は目くそ鼻くそとも感じますが、支那のほうが上手ですなw »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

極東愚連隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LINEという会社は、こんなことでは上場は無理ではないか?:

« TV朝日のこの程度の報道姿勢がBPO審査対象になるとは、時代も変わったもんです | トップページ | この喧嘩は目くそ鼻くそとも感じますが、支那のほうが上手ですなw »