« これは未必の故意の殺人罪で死刑でいいのではないでしょうか? | トップページ | AEDで女性を助けようとした人が痴漢扱い? »

2014/10/18

【CSファイナル 1-4】最後は大敗で終戦…

終わってみれば、まったく相手になっていなかったようなファイナルステージでしたな
Yomiuri Giants Official Web Site:10月18日 対阪 神4回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:10月18日 対阪 神4回戦・東京ドーム

セペダ、坂本の連続弾で追い上げるも、4連敗で日本S進出逃す

 東京ドームで行われた阪神タイガースとの「2014 アットホーム クライマックスシリーズ セ ファイナルステージ」4回戦。1勝3敗と後がない巨人は先発を小山に託すが、初回に2本のアーチ、二回にも一発を浴び6点を失ったところで降板してしまう。その後は継投で阪神打線を抑えるが、七回に久保がつかまり2点を追加されてしまう。打線は二回に亀井のソロホームラン、三回に村田の犠牲フライで2点を返すと、九回には代打・セペダと坂本の2者連続ホームランで4点差に詰め寄る。しかし後続が倒れ、逆転にはいたらず。4対8で敗れてCS敗退が決定、巨人の今シーズンが終了した。

 先発の小山は初回、2本のヒットで二死一、二塁のピンチを背負うと、5番・マートンに左中間への3ランホームランを打たれ先制を許してしまう。さらに続く福留にもソロホームランを浴び、巨人は序盤から4点を追う苦しい展開となった。

 4点を追う打線は初回、先頭・坂本の四球とアンダーソンのヒットで二死一、三塁とするが、後続が倒れ得点はならなかった。

 小山は二回、四球と送りバントで一死二塁とすると、西岡に右翼スタンドに飛び込む2ランホームランを浴びてしまう。小山は3本のアーチを浴び6点を失ったところで降板。2番手としてマウンドに上がった笠原が二死を取り、この回を切り抜けた。

 打線が反撃に出たのは直後の二回、先頭の亀井が2夜連続となるソロホームランを右翼に放ち1点を返す。その後、長野の二塁打と代打・矢野のヒットで一死一、三塁のチャンスを作るが、坂本が併殺に倒れ追加点はならなかった。

 続く三回、先頭の井端、アンダーソンが連打で出塁すると、阿部の内野ゴロの間に進塁し一死二、三塁にチャンスを広げる。そして村田が右翼に犠牲フライを放ち1点を追加した。

 二回以降から継投に入った巨人は三回に3番手として高木京が登板。高木京は三、四回をともに三者凡退に抑え阪神打線に追加点を許さない。

 五回から登板した4番手・江柄子は打たせて取る投球で五、六回を無失点で切り抜ける。
 
 四回は先頭の長野と代打・大田が連打でつくったチャンスを生かせず。五回は村田がヒットを放つも後続が倒れ無得点。三回以降、阪神先発・能見から追加点を奪うことができない。

 六回一死、大田が2番手・安藤から二塁打を放つも、後続から後一本が出ず4点差のまま終盤戦に突入する。

 七回、この回から登板した久保が阪神打線につかまる。2本のヒットと四球で一死満塁のピンチを背負うと4番・ゴメスに2点タイムリーヒットを打たれ2対8とされてしまう。

 八回には6番手の西村が2本のヒットと四球で二死満塁としてしまうが、後続を打ち取り無失点で切り抜けた。

 再び6点差を追う終盤の打線は七、八回ともにヒットで走者を出せず。点差を詰められないまま九回を迎える。

 九回はマシソンが登板。マシソンは阪神クリーンアップを三者凡退に抑え、2対8のまま裏の攻撃につなげる。

 逆転勝利を狙う打線は九回裏、先頭の代打・セペダが右中間にソロホームランを放つと、続く坂本も左翼にソロホームランを放ち4点差に詰め寄る。しかしその後、一死からアンダーソンがヒットで出塁するが、後続が倒れ試合終了。

 阪神に4連敗を喫した巨人は1勝4敗でCSファイナル敗退、3年連続の日本シリーズ進出とはならなかった。


チャンスは作るものの、あと一本が出ず。序盤はチャンスの連続でしたけど、結局は

亀井のホームランと村田の犠牲フライのしょぼい2点だけですしね。特に言いたいのは村田の犠牲フライの場面。あそこはネ申が内野ゴロでランナーを進めて2,3塁。勢いをつけるためには、絶対にタイムリーヒットの場面でした。確かに最低限の結果は出してくれたんですが、あそこはねぇ。

それ以降もチャンスは作るものの… (ノД`)

7-8の中軸の場面でも普通に凡退。
9回は代打のセペダと坂本のソロホームランの2点。

結局、このCSのGの得点って、

ネ申ソロ
井端2ラン
ネ申タイムリー、亀井ソロ
ネ申タイムリー、亀井ソロ、セペダソロ、坂本ソロ

ってことで、打線がほぼ機能していません。問題はここでしょうね。っていうか、その問題はシーズン序盤から顕在化していましたがw

投手陣という面では、やっぱり菅野・大竹の不在が痛いですよね。それと救援陣の不調でしょう。クルボックル、山口の打たれっぷり。ショックでした。

( ´ー`)y―┛~~

相手のタイガースはとにかく打線が好調でしたね。広島とのファーストステージは2試合で1得点でしたが、それだけ広島のバッテリーが素晴らしかったということでしょう。

( ´ー`)y―┛~~

打てない打たれるでは勝てません。

終盤のチーム好調の雰囲気はどこに行ったのやら。同一カード4連敗っていうことですからね、重症です。いみじくも原監督が優勝後に言っていたセリフ、「勝ったチームは劣化する」ということを体現したようなファイナルステージ。

ここから盛り返すのは尋常では無いでしょう。が、やるしかありません。やってもらうしかありません m9っ`Д´)

( ´ー`)y―┛~~

阪神は優勝チームのような試合運びでしたね。先制、追加点、盤石なリリーフ陣。今の状態であれば、パがソフバンでも日ハムでも相手ではないでしょう。がんばってくださいね♪
 


↓福留が特に凄いなw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« これは未必の故意の殺人罪で死刑でいいのではないでしょうか? | トップページ | AEDで女性を助けようとした人が痴漢扱い? »

ジャイアンツ2014」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【CSファイナル 1-4】最後は大敗で終戦…:

« これは未必の故意の殺人罪で死刑でいいのではないでしょうか? | トップページ | AEDで女性を助けようとした人が痴漢扱い? »