« パ・リーグ CSファーストステージは日ハムが勝ち抜け! | トップページ | 他人の土地に勝手に畑を作ってはいけません »

2014/10/15

【CSファイナル 1-1】いつものように、初戦は敗北w

初回もそうですが、ネ申のあとのノーアウト満塁のチャンスで無得点というのが敗因ですねぇ
Yomiuri Giants Official Web Site:10月15日 対阪 神1回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:10月15日 対阪 神1回戦・東京ドーム

七回の猛反撃も及ばず…CS初戦は黒星

 阪神タイガースを東京ドームに迎えての「2014 アットホーム クライマックスシリーズ セ ファイナルステージ」1回戦。先発の内海は初回に3点を失う苦しい立ち上がり。一方、打線は阪神先発の藤浪を打ちあぐね、中盤まで無得点を続けた。巨人は七回、阿部のソロホームランで1点を返すと、さらに3連打を浴びせて無死満塁までチャンスを広げたが、決定打を欠いて追加点を奪えなかった。巨人は1対4で阪神に敗れ、クライマックスシリーズは黒星スタート。対戦成績はアドバンテージを含め、巨人、阪神1勝ずつで並んだ。

 初回、内海は立ち上がりを攻められる。一死二塁の場面で鳥谷にタイムリー二塁打を浴び、試合開始早々に1点を先制された。続くゴメスには2ランホームランを許し、巨人は3点ビハインドの苦しい展開となった。

 その裏、打線は一死から橋本が四球を選ぶと、すかさず二盗を決めて得点圏に進む。だが、後続が凡退し、得点はあげられなかった。

 三回、内海は無死一、二塁からゴメスにタイムリーヒットを許し、0対4とさらにリードを広げられる。内海はなおもヒットを浴びるなどして無死満塁とされたが、ここから粘りを発揮。福留を内野フライ、鶴岡を併殺打に打ち取り、追加点は許さなかった。

 一方、巨人打線は、藤浪攻略の端緒をつかめない。六回の攻撃を終えて、ヒットはわずか2本。三塁に進むこともできなかった。

 内海は中盤以降は立ち直り、四回から六回までは無失点。粘りの投球を見せて、七回途中でマウンドを降りた。

 その裏、巨人打線にようやく火がつく。先頭の阿部が右翼スタンドに飛び込むソロホームラン。主将の一発で1点を返すと、アンダーソン、村田、亀井が三連打を放って無死満塁、一打逆転のチャンスを迎えた。ここで原監督は代打・セペダを送ったが、セペダは強い打球の一塁ゴロ。これが本塁併殺打となって得点できず。続く代打・井端は一塁フライに倒れ、点差を縮めることはできなかった。

 終盤、巨人のリリーフ陣は好投を見せる。七回途中からは江柄子、八回は高木京、九回は久保が無失点で切り抜け、打線の奮起を待った。

 そして九回裏。阪神4番手の呉昇桓に対し、巨人は一死から村田が死球で出塁。しかし、後続の亀井、代打のロペスが倒れ、1対4で試合終了。巨人はCS初戦を落とし、アドバンテージを含め、阪神と1勝同士のタイとなった


至宝、強いあたりだったのか?とも思いますが、普通にゴメスに捕られてホームゲッツーでしたねぇ。考えうる限りの最悪の結果が出てしまいました。犠牲フライでもよかったのにな。

アンダーソン君、村田、亀様の三連打で満塁ってのは最高に盛り上がったんですがねぇ。欲を言えば亀様のヒットでアンダーソン君がホームにとも思いますが、当然外野は前に来ていますし、福留はまぁまぁ肩もいいですしね。致し方なし。

内海のあとを受けた投手も好投してくれましたし、内海も初回以外はまぁまぁいいピッチングでしたし、この敗戦は引きずらないでしょう。完封負けでもないし、ヒットもそこそこ出ていますしね。

と、自分を勇気づけてみるw

( ´ー`)y―┛~~

パ・リーグはソフトバンクがサヨナラ勝ちという、これ以上ない展開の2勝目ですね♪もしかしてこのままいっちゃうんでしょうか?日ハム、応援していますよ♪
 


↓っていうか、自分のチームがだなぁ… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« パ・リーグ CSファーストステージは日ハムが勝ち抜け! | トップページ | 他人の土地に勝手に畑を作ってはいけません »

ジャイアンツ2014」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【CSファイナル 1-1】いつものように、初戦は敗北w:

« パ・リーグ CSファーストステージは日ハムが勝ち抜け! | トップページ | 他人の土地に勝手に畑を作ってはいけません »