« 中島選手、引く手あまたってことですね♪ | トップページ | あの「テクニクス」が復活?オーディオ業界って活況なんでしょうか? »

2014/09/02

マコト、再起動!

これは嬉しい♪
『IWGP』最新作を発表! 石田衣良「格差社会の底辺にいても、最後まで諦めないでほしい」:週プレNEWS

『IWGP』最新作を発表! 石田衣良「格差社会の底辺にいても、最後まで諦めないでほしい」:週プレNEWS

[2014年09月02日]

『IWGP』最新作を発表した石田衣良氏。マコトのキャラクターには自身が投影されているとか

2000年に長瀬智也主演、宮藤官九郎脚本でドラマ化されて人気を集めた『池袋ウエストゲートパーク』(以下、『IWGP』)の最新作『憎悪のパレード 池袋ウエストゲートパークXI』が3年半ぶりに刊行された。

『IWGP』は作家・石田衣良のデビュー作として1998年に発刊され、今も若い世代から熱い支持を集めている。

今回も主人公・真島誠(以下、マコト)のもとにはさまざまなトラブルが持ち込まれる。マコトは自分の足と頭をフル稼働させ、鮮やかにそれを解決していく。人柄としても、老若男女に慕われる、まさに男が憧れる男だ。

-- 後略 --


このシリーズはずっと読んでいますので、シリーズ再開は大歓迎ですね♪

さて、文庫版はいつ出るのかな?w

ということでアマゾン見ていると、こんなのも出ているようですね。

描きおろしってことですので、買うしか無いですね!キング、謎の人ですよね。氷の微笑wのキング。その謎を知りたいなぁ♪

ということで、明日早速買ってきます!

この小説で好きなところは、展開のリズム。それとマコトの独り言?がかっこいいんですよね。池袋の街の描写も感じいいし、ビンゴ!って感じの小説です。難点は、その時その時の流行りモノの成分を散りばめているっていうことくらいですかね。有り体に言えば時事小説になっている点。ある意味「島耕作」しりーずにも通じるものがありますが、そこはまぁ、しようがない部分でしょう。

マコト、前回の最後で彼女ができたと記憶していますが、どうなったのかも気になりますね。
 


↓相変わらず下世話だなw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 中島選手、引く手あまたってことですね♪ | トップページ | あの「テクニクス」が復活?オーディオ業界って活況なんでしょうか? »

読みたい本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マコト、再起動!:

« 中島選手、引く手あまたってことですね♪ | トップページ | あの「テクニクス」が復活?オーディオ業界って活況なんでしょうか? »