« まったく勝った気がしませんけど、ほんと、勝ててよかった… | トップページ | これはなかなかの変態ですなぁ… »

2014/09/03

デング熱の報道が喧しいですが…、もっと喫緊の自体が隣国で発生しているのでは?

デング熱は今のところ限定的な人数の罹患者という状況ですし、爆発的に…という感じではないですよね?
愛媛の高校生もデング熱に感染 NHKニュース

愛媛の高校生もデング熱に感染 NHKニュース

9月2日 13時13分
愛媛の高校生もデング熱に感染

国内でおよそ70年ぶりに感染が確認されたデング熱に、愛媛県の高校の男子生徒も感染したことが分かりました。
男子生徒は先月、東京の代々木公園で野外活動をしたということです。

デング熱に感染したのは、愛媛県の10代の高校の男子生徒です。
愛媛県によりますと、男子生徒は先月5日から13日まで、高校の合宿で東京・渋谷の代々木公園周辺の宿泊施設に泊まり、愛媛に戻ったあと発熱や頭痛などの症状を訴えて医療機関に入院しました。
その後、医療機関から宇和島保健所にデング熱の疑いがあると連絡が入り、国立感染症研究所が検査した結果、2日に感染が確認されました。
男子生徒は海外への渡航歴はなく、現在は症状が回復し、退院したということです。
愛媛県は、男子生徒の感染は、これまでにデング熱の感染が確認されたほかの地域の人たちと同じように代々木公園周辺の蚊が原因とみています。
また、同じ合宿に参加した別の10代の男子生徒も発熱や頭痛などの症状を訴えて医療機関を受診したということで、愛媛県が確認を進めています。
愛媛県によりますと、宿泊施設には、この2人を含む28人の生徒と引率者2人の合わせて30人が泊まり、先月6日に複数の生徒が代々木公園でランニングをしたということですが、2人の生徒以外の28人は健康状態に問題はないということです。


デング熱のち療法はこんな感じのようです
デング熱 - Wikipedia

デング熱 - Wikipedia

-- 前略 --

流行

デング熱にかかった人は、ほとんどの場合、問題なく順調に回復する[24]。治療せずに死亡に至る割合は1 - 5%で[7]、適切な治療を行えば、その割合は1%を下回る[24]。しかし、重症例における死亡率は26%に及ぶ[7]。デング熱は、110か国以上で風土病となっている[7]。世界中で毎年5,000万から1億人が感染していて、そのうち約50万人が入院し[3]、およそ12,500 - 25,000人が死亡している[8][33]。

-- 後略 --


とにかく高熱が出た場合には早い目に医者に行く、というのが絶対条件ですね。そうすればほとんど重症化しないような気がします。

代々木公園周辺がレッドゾーンのようですから、そこを気をつけることですね。と言っても、いろんな事情で避けられない人も多いでしょうけど、公園の中には入らないのが基本ですかね。

ということで、いろいろ報道されているデング熱。確かに何十年ぶりの国内発生ということで、注目されるのは理解できますが、支那ではもっと危険な感染症が発生しています。

ペストで死者、道路封鎖し3万人隔離 中国甘粛省 - MSN産経ニュース

ペストで死者、道路封鎖し3万人隔離 中国甘粛省 - MSN産経ニュース

2014.7.23 23:05 [中国]

 中国甘粛省政府によると、同省玉門市で23日までに男性がペストに罹患して死亡した。地元からの報道によると、当局は同市に通じる高速道路や幹線道路を封鎖するなどして、市民ら約3万人を事実上隔離した。

 北京の日本大使館はペスト流行地域に立ち入らないよう邦人に注意を呼び掛けた。

 男性は15日にペストの症状が出て、16日に死亡した。大型のリスのような野生動物の死骸をさばいて飼い犬に与えていたという。

 当局は男性と密接な接触があった約150人に対して予防薬を投与するなどした。(共同)


この、肺ペストというのは治療しなければ致死率ほぼ100%とのことです。

-- 前略 --

予 後
 無治療の場合の致死率は腺ペストで60%、敗血症や肺ペストでは100%に近いとされていたが、早期化学療法が行われた結果致死率は腺ペストで0に近いとされている。ただし、原発性肺ペストの予後は悪く、少なくとも発症後18時間以内に化学療法を始めることが大切で二次的に肺炎や髄膜炎への移行を防ぐことが予後を左右する。また、ショックもDIC治療の適正さで予後が変わることや妊娠、幼児での予後が悪いのは当然である。

-- 後略 --


これが支那という土地で発生しているとのこと。
そもそも衛生状態も悪い支那、検疫体制も不十分と思われますので、支那では発生地域を閉鎖して封じ込めようとしているようですが、果たして?

で、あまりテレビなどで報道されていませんよね。不思議です。デング熱よりも強力に危険な伝染病ですし、肺ペストとくれば咳などで空気感染しますからね。

空気感染ということは、極論すれば感染地域を閉鎖しても意味が無いということですよね?
支那への渡航禁止、また支那からの入国者の厳重な検疫あるいは入国禁止扱いってのは無理なんでしょうか?

なにか起こってからは取り返しの付かない自体になりそうなんですけど?
 


↓外務省と厚労省の出番なんだがなぁ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« まったく勝った気がしませんけど、ほんと、勝ててよかった… | トップページ | これはなかなかの変態ですなぁ… »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

極東愚連隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デング熱の報道が喧しいですが…、もっと喫緊の自体が隣国で発生しているのでは?:

« まったく勝った気がしませんけど、ほんと、勝ててよかった… | トップページ | これはなかなかの変態ですなぁ… »