« 嫌韓本がヘイトスピーチを助長している?これは言論弾圧ではないの?w | トップページ | 平昌の冬季五輪について、韓国国内で議論沸騰している? »

2014/08/31

惜しい試合でしたが、横浜の打線はよく粘りますねぇ…

グリエルにやられた、とも言える結果です…
Yomiuri Giants Official Web Site:8月30日 対DeNA15回戦・横 浜

Yomiuri Giants Official Web Site:8月30日 対DeNA15回戦・横 浜

八回の連打などで一時逆転も、延長十回サヨナラ負け

 横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズとの15回戦。巨人先発の大竹は初回に集中打を浴び3点の先制を許してしまう。打線は七回に村田とロペスの連続タイムリーで1点差に詰め寄ると八回には阿部の犠牲フライと村田の三塁走者をかえす内野ゴロで勝ち越しに成功する。終盤に逆転した巨人だったが、八回に香月がソロホームランを浴びて同点とされ、延長戦へ。4対4で迎えた延長十回、マシソンがタイムリーを許し、4対5でサヨナラ負けを喫した。

 先発の大竹は初回、立ち上がりを攻められる。ヒットと送りバントで一死二塁のピンチを背負うと、グリエルにタイムリー二塁打、ブランコに2ランホームランを浴び3点を失ってしまう。先制を許した大竹だが、二、三回はともに三者凡退に抑え見事に持ち直した。

 打線は一、二回ともにDeNA先発・モスコーソを打ちあぐね、チャンスを作れない。三回には失策と送りバントでチャンスをつくるが、後続が倒れ反撃とはならなかった。

 大竹は四、五回ともに一死から出塁を許すも、得点を許さない。六回には内野安打と失策で二死一、三塁のピンチを背負うが、後続を三振に抑え無失点で切り抜けた。大竹はこの回で降板し、終盤のマウンドをリリーフ陣に託した。

 一方の打線はモスコーソを攻略できず、四、五、六回いずれも三者凡退に終わる。

 七回、ここまで1安打に押さえ込まれていた打線が反撃に出る。先頭の坂本がヒットで出塁すると、続く阿部が右翼線に二塁打を放ち無死二、三塁のチャンスをつくる。そして村田がタイムリーとなる投内野安打を放ち1点を返すと、続くロペスが左翼にタイムリーヒットを放ち1点差に詰め寄る。その後、一死満塁とするが後続が倒れ、この回の反撃は2点に留まった。

 続く八回、先頭の片岡のヒット、続く坂本のセンターオーバーの二塁打で無死二、三塁のチャンスを作る。そして阿部が左翼に犠牲フライを放ち同点に追いつくと、一死三塁で村田の内野ゴロの間に三塁走者の坂本が生還。4対3として、ついに逆転に成功する。

 七回からは2番手として香月が登板。七回を無失点に抑えるが、九回にグリエルからソロホームランを浴び同点に追いつかれてしまう。

 九回、勝ち越しを狙う打線だったが、DeNA5番手の三上の前に三者三振に倒れてしまう。

 九回のマウンドは八回途中から登板した西村。西村は二死からヒットを許すも後続を打ち取り延長戦へ。

 延長十回、巨人は3番・坂本からの好打順だったが、三者凡退に終わり勝ち越しとはならない。

 延長十回はマシソンが登板。マシソンは3連打と併殺で二死二、三塁としたところで桑原にサヨナラタイムリーを浴び試合終了。延長戦の末、4対5でサヨナラ負けを喫した。これで対DeNA戦の対戦成績は7勝8敗と再び負け越した。


初回にいきなり3失点して三連続完封勝利は夢と消えましたが、そのあとはきっちりと抑えてくれましたので、まぁまぁ大竹は好投してくれたと言えるでしょう。

それよりも、打線、というかモスコーソの好投ですよね。好投なのか、初物に弱いというG打線の特徴が出たのかは定かではありませんが、まったく手も足も出ないという感じでした。一本出ていた坂本のヒットも、とんだところがラッキー♪っていうあたりでしたのでねぇ…。

ところが、6回裏の片岡のエラーでピンチになったところをしっかりと大竹投手が抑えたあと、7回表のGの攻撃に変化が出ましたね。なんと坂本からの4連打で2点ゲット!村田のピッチャー内野安打はモスコーソが出を出さなければ普通にセカンドゴロでしたが(汗 そのあとも1アウト満塁で一挙に崩すチャンスだったけど、橋本…、全打席三振はいかがなものか?

8回表も連打からのネ申犠牲フライ&村田再度のセカンドへのゴロで打点という感じ♪その後も攻めるものの、大田あっさりと三球三振。ピッチャーじゃないんだからと感じたり!

( ´ー`)y―┛~~

でもここまででしたね。その後は三上、長田のリレーにノーヒット。
逆に10回裏はマシソンがまさかの三連打でノーアウト満塁という無理ゲー状態になり、サードゴロ併殺でまだいけるかも?と思ったのもつかの間、BS-TBSの中継が終わるその間際に桑原がタイムリー… orz

痛かったのは、グリエルの同点ホームランと、2回あった満塁のチャンスで凡退したことですね。

継投も不思議でした。
香月?のところは当然山口か、あるいはフランケンだろうと思ってみていたんですけどね…。

マシソン、足に打球が当たるという不幸もありましたが…。ヒットも全部いいあたりではなかったしなぁ…。運、ですかね…。

今日の先発はクルボックル。
だ、大丈夫か?何年ぶりでしょうか???
 


↓人事を尽くして天命を待つ! と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 嫌韓本がヘイトスピーチを助長している?これは言論弾圧ではないの?w | トップページ | 平昌の冬季五輪について、韓国国内で議論沸騰している? »

ジャイアンツ2014」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 惜しい試合でしたが、横浜の打線はよく粘りますねぇ…:

« 嫌韓本がヘイトスピーチを助長している?これは言論弾圧ではないの?w | トップページ | 平昌の冬季五輪について、韓国国内で議論沸騰している? »