« スノーボードW杯が平昌から旭川に??? | トップページ | 電子書籍は価格統制の夢を見るか? »

2014/08/15

韓国の中に親北朝鮮派がいるってのは知っていましたが…

こういう説というか分析は初めて目にしました。

昨日読了した本なのですが、石平さんと呉善花さんの対談の形を取った、韓国と支那の現状を詳らかにするという趣旨の本です。

で、初めて見た分析というのは、概ね以下の様な内容です。


金大中と盧泰愚政権の間に進められた太陽政策により、捉えられていたスパイを釈放し、また交流を自由化したこともあり、スパイが入ってきた。そういうスパイ達は政治団体、運動団体を作り、親北朝鮮、従北という情勢を作り上げていった。

ただし、真正面から親北朝鮮を唱えれば拒絶反応が大きいので、それらの団体は出自を隠すため、強烈な反日運動を行う。特に

従軍慰安婦運動をする人には親北朝鮮派が多い

この親北朝鮮派はマスコミや政治、企業にも入っていて、あらゆるところで活動している。

という部分です。

社会の中に親北朝鮮派というものができていること、それが結構な勢力になっていること、などなどは知っていましたし、そうなれば政治、マスコミ、企業にも当然入り込んでいることもわかりますが、それら親北朝鮮派の(ほぼ?)スパイ達が従軍慰安婦問題を始めとする反日活動を強烈に行っている、というのは初めて知りました。

で、ここからはある意味レッテル貼りの考えですが、日本でも日本人なのに反日活動をする左翼、あるいは在日などたくさんいますよね。ということで上記の図式に当てはめてみれば、それらは親北朝鮮派ということになり、日本では朝鮮総連の指揮下にある、とも言えなくはないでしょう。極端な見方ですけど、ありえなくはないかも、ですね。

あと、韓国と支那の反日について考察している部分で、決定的なものがありました。


支那の反日は政治利用目的である。政治利用目的の価値がなくなればしなくなる。韓国の反日は民族のアイデンティティである。何がどうなってもなくなることはない。

という趣旨の内容です。

支那は理屈で反日をしているが韓国は本能で反日をしている、と言い換えてもいいでしょう。恐ろしい国です。だからこそ、対応を誤るととんでもないことになりますね。

その対処方法は、

無視です

それ以外ありません。できるだけ接触を避ける。

まぁ、要は某巨大掲示板でもよく言われている三原則です。

助けない
教えない
関わらない

これでしょう♪
 


↓反日やめたら火病で死ぬからなぁ… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« スノーボードW杯が平昌から旭川に??? | トップページ | 電子書籍は価格統制の夢を見るか? »

読みたい本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の中に親北朝鮮派がいるってのは知っていましたが…:

« スノーボードW杯が平昌から旭川に??? | トップページ | 電子書籍は価格統制の夢を見るか? »