« なんか、必死になって支那産の鶏肉を擁護しているようにしか見えないんですが… | トップページ | 安倍政権が進める外国人受け入れの話と、生活保護の話はまったく関係ありませんが? »

2014/07/23

支那食肉の偽装問題、支那ではそれをネタにコントが流行っているようですw

白々しいとはこのことでしょうね
東京新聞:中国当局「許せない」 期限切れ鶏肉で調査:国際(TOKYO Web)

東京新聞:中国当局「許せない」 期限切れ鶏肉で調査:国際(TOKYO Web)

2014年7月23日 朝刊

 【上海=加藤直人】米国の大手食品加工会社「OSIグループ」傘下の中国上海市の食肉加工会社「上海福喜食品」が品質期限切れの肉類を加工し供給していた問題で、上海市トップの韓正・共産党市党委書記は「全く許せない」と述べ、食品安全監督部門だけでなく公安当局も動員して調査に乗り出した。

 同社は、上海市のほか、河北、広東、山東、福建、河南(二カ所)省の七工場で食肉の加工をしており、問題の発覚後に上海工場は一時閉鎖とされた。

 新聞晨報によると、上海市嘉定区が今年、福喜食品を「食品生産安全先進単位A級」として表彰していた。食品問題の専門家からは「当局と食品会社の癒着が、食の安全を脅かす問題を引き起こしている」と批判する声があがっている。


上海市トップの韓正・共産党市党委書記は「全く許せない」と述べ、食品安全監督部門だけでなく公安当局も動員して調査に乗り出した

へ?
拝金至上主義の国家、およびその権化のような共産党幹部=上海市トップの韓正・共産党市党委書記が何を言っているのですか?w

そんな逆偽装をしてみても、もう意味はありませんわいなw

ほら、当事者がこんなことを言うくらいに、ありきたりの風景になってるんですからねw

工場従業員「死にはしない」 期限切れ肉、長年使用か:朝日新聞デジタル

工場従業員「死にはしない」 期限切れ肉、長年使用か:朝日新聞デジタル

上海=金順姫
2014年7月22日23時42分

 マクドナルドやコンビニエンスストアなどで売られている、身近な食品で、またもや「食の不安」が起きた。中国の食品会社が、使用期限の切れた肉を使った加工食品などを納入していたことが明らかになった。上海市当局は立ち入り調査を実施し、21日までに生産を停止させた。

マックとファミマ、鶏肉商品一部販売中止 期限切れ報道

 問題になっているのは、米食品会社OSIグループの「上海福喜食品」。上海のテレビ局の調査で明るみに出た。

 報道によると、使用期限を約半月過ぎた鶏肉を混ぜてナゲットを製造したり、製造日を改ざんしたりしていた。また別の加工品では、期限を7カ月過ぎた牛肉を使っていた事例も確認された。同社関係者は、長年にわたって期限切れの原料が使われており、上層部の指示があったと語ったという。

 上海メディアによると、工場の従業員は「期限切れのものを食べても死にはしない」と言い放った。


まぁ、そういえば日本の某巨大新聞社でも、「なーーに、かえって免疫がつく」というような記事が出たこともありましたね。

なあに、かえって免疫力がつく/ 同人用語の基礎知識

なあに、かえって免疫力がつく/ 同人用語の基礎知識

-- 前略 --

元ネタは、東京新聞のコラム 「筆洗」 から

東京新聞 「筆洗」 2005年11月24日

 元ネタですが、東京新聞 (中日新聞) が2005年11月24日の 「源平富士川の合戦でもあるまいに、鳥の羽音に驚くような、最近…」 から始まる 「筆洗」 に書いた 「キムチは最近、寄生虫卵騒ぎで不評だが、なあに、かえって免疫力がつく。」 に由来します。

 このコラムは、「インフルエンザの特効薬」 のような扱いを受けていた医薬品 「タミフル」 にまつわる騒動を批判的に書いたもので、鳥インフルエンザ騒ぎやタミフル騒動などを 「苦々しい」「大騒ぎしすぎだ」 としています。

 その上で、「風邪気味のときは、ニンニクをこってり利かせた焼き肉を食べるに限ると教わり、 以来、風邪対策の特効薬代わりにしてきた」 と、「気合で何とかしろ」 といわんばかりの論調でまとめ、最後に焼肉にはつき物のキムチを持ち出し、「キムチは最近、寄生虫卵騒ぎで不評だが、 なあに、かえって免疫力がつく。」 としたものでした。

-- 後略 --


なんだー、東京新聞さんじゃないですかw
冒頭の引用記事も東京新聞さんですねw

Photo

そんな小手先のコントでは、誰も大笑いを出してくれませんよ?

で、本当のオチは日本企業からだったという落とし穴w
期限切れ鶏肉使用 「中国で信頼できる相手探す」ファミマ社長 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

期限切れ鶏肉使用 「中国で信頼できる相手探す」ファミマ社長 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

産経新聞 7月23日(水)12時43分配信

 ファミリーマートの中山勇社長は23日、使用期限の切れた鶏肉の問題に関し、東京都内で記者団の取材に応じ「信頼関係を裏切られた。国内ではお客さまの信頼を裏切った。大変申し訳ない」と謝罪した。 また、「さらにチェックを重ね、安心できる商品を提供していきたい」と強調。今後の中国企業との取引に関し「中国だから輸入しないということはない。信頼できるパートナーを見つける努力をする」と述べた。

 ファミリーマートは、使用期限切れの鶏肉を供給していた上海福喜食品から「ガーリックナゲット」用に輸入。今年7月から問題の鶏肉を使用した食品を販売していた。


早速ネットでは叩かれまくっている発言ですが…。
確かにコストを考えれば旨味がありすぎるのでなかなか事件が発生したからと言って即座に全面的に排除するってのは難しいかもしれませんけど、この渦中のタイミングでここまで言い切ってしまう度胸に呆れましたw

度胸というか、何か弱みでも握られてるんじゃないか?とまで穿ってしまうような発言ですよねぇ。伊藤忠という名前も出てきていますが、そうだとすればさもありなん。

おかしな肉を出荷したのが外資系の企業だーーーという話もありますが、外資系企業でかつ出荷先が世界的にも結構有名な企業であることを考えれば、通常考えられるような検疫体制は受入企業でも行われていたはず。確証はありませんが。

それと、そもそもそのような有名企業が取引先に指定するのですから、それらの企業から見て信頼に値する取引先と考えられていたのでしょう。

ということなどを考えれば、2つ考えられますね。

■支那に信頼に値するような企業はない
■支那に信頼に値するような企業があっても、すぐに変異する

結論、結局支那には信頼に値するような企業は存在し得ない!

この本にも書かれていますが、支那の企業というのは取引が始まる前、あるいは始まった直後は指定された通りの仕様で出荷するようですが、少し立てば全く違い原材料のものを出荷しているようになると。ウールが化繊など当たり前でしょう。食に置き換えれば、卵=偽卵など軽い方で、下水油とかそういう世界ですからねぇ。

( ´ー`)y―┛~~

そういう世界との取引を継続すると高らかに宣言したファミリーマート。そういう考えは勝手ですが、消費者も勝手に不買するような気がしますねw

嫌なら食うな

はい!わかりました!
 



↓まぁ、チャイナフリーって難しいんだけどね… と思う人はぽちっとお願いします m(_ _)m


|

« なんか、必死になって支那産の鶏肉を擁護しているようにしか見えないんですが… | トップページ | 安倍政権が進める外国人受け入れの話と、生活保護の話はまったく関係ありませんが? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

極東愚連隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 支那食肉の偽装問題、支那ではそれをネタにコントが流行っているようですw:

« なんか、必死になって支那産の鶏肉を擁護しているようにしか見えないんですが… | トップページ | 安倍政権が進める外国人受け入れの話と、生活保護の話はまったく関係ありませんが? »