« 坂本の二本目のタイムリーはびっくりしました | トップページ | なんと、野々村議員は東京中央銀行に勤めていたようですねw »

2014/07/05

東京ガスのCM、個人的には大好きなCMですけど…

クレームする人もいるんですね、人それぞれです…
テレビCM:リアルな就活 批判受け東京ガス放映打ち切り - 毎日新聞

テレビCM:リアルな就活 批判受け東京ガス放映打ち切り - 毎日新聞

毎日新聞 2014年07月04日 18時08分(最終更新 07月04日 19時16分)

 就職活動中の女子学生の厳しい日々を題材にした東京ガスのテレビCM「家族の絆・母からのエール」編が、今年2月1日の放送開始から1カ月足らずで打ち切りになったことが話題となっている。当時、就活生やその母親とみられる人から「リアルにできていて心が痛む」などのクレームが寄せられ、そうした声などに配慮したためという。最近になってツイッターなどでこの打ち切られたCMが話題となり、「感動的。見て泣いてしまった」など、打ち切りに疑問を呈する声も上がっている。

 CMは、就活中の女子学生が主人公。志望企業から何十通もの「お祈りメール」(不採用通知、末尾に他社への就職活動の成功を祈念する文が付くことからこう呼ばれる)をもらった末に、ようやく最終面接までこぎ着けた企業からも「お祈りメール」が届く。近所の公園のブランコにぼんやり座っていて、母親に背を押されて号泣。母の作った鍋焼きうどんを食べ、翌朝、スマホに「まだまだ」と打ち込んで再び就活に飛び込んでいくシーンで終わる。

 同社によると、CMの放送期間中、「心が痛む」など批判の電話が数件寄せられたという。このCMの前に流していた「家族の絆・ばあちゃんの料理」編が広告賞の最優秀賞に内定したこともあり、総合的な判断から「母からのエール」編を2月22日で打ち切り、「ばあちゃんの料理」編に切り替えたという。クレームの件数は多くはなかったものの、2月は就職活動が本格化している時期でもあり、就活生の心情に配慮したとみられる。

 このCMをめぐっては、「最後の凜(りん)とした女性の表情、すごくいいなと思う」「(自分が就活をしていた)1年前に見たら嫌な思いしただろうなぁ」などと賛否両論の意見があった。東京ガスには「素晴らしいCMで感動した。なぜ放送を中止したのか」などと尋ねる電話もあったという。【尾村洋介/デジタル報道センター】


確かに就職活動でしんどい目にあっている女子が主人公ですが、就職活動がテーマではなく、そのしんどいなかでも家族に支えられているとか、団欒の食事とか、そういうことで人間は力をもらっているというような、有り体に言えば

家族愛

がテーマになっていますよね。他のCMもしかり。

打ち切りは残念ですが、今現在そのような境遇にある家庭では、やっぱり観るのはしんどいというのはわかります。

万人に理解されるCM、難しいですね…。


 



↓いいCMだと思うんだけどなぁ… と感じた人はぽちっとお願いします m(_ _)m


|

« 坂本の二本目のタイムリーはびっくりしました | トップページ | なんと、野々村議員は東京中央銀行に勤めていたようですねw »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京ガスのCM、個人的には大好きなCMですけど…:

« 坂本の二本目のタイムリーはびっくりしました | トップページ | なんと、野々村議員は東京中央銀行に勤めていたようですねw »