« 全員ある選手だったら何点入るか?っていう指標があったはずですが… | トップページ | 究極のクリーンカー、燃料が水素ってのがどうも… »

2014/06/24

よくわからんけど、外から見れば結局はXPが動作しているように見えるんか?

それはやばいままでは?
ASCII.jp:中京銀行、業務アプリ仮想化で1500台のXPマシンを短期移行

ASCII.jp:中京銀行、業務アプリ仮想化で1500台のXPマシンを短期移行

2014年06月24日 09時00分更新

 愛知県に本社を置く中京銀行が今年4月、Windows XPのサポート終了に先立ち、全行で使用していた約1500台のWindows XPクライアントPCをWindows 7マシンに移行完了した。既存の業務アプリケーションにはOSのバージョンに依存するものが複数あったが、アプリケーション仮想化による“延命”を行い、短期間での移行を実現している。

 同行のクライアントPC移行プロジェクトを支援した日本IBM、双日システムズ、日本電通の3社が、顧客事例として6月23日に発表した。
中京銀行のクライアントPC移行概要。Windows XPに依存した業務アプリケーション群は仮想化し、さらにIE 6に依存したシステムはIE互換ブラウザを採用

 中京銀行では昨年(2013年)6月から、今年4月のWindows XPサポート終了に向けた対応の検討を開始した。しかし、移行対象となる30の業務アプリケーションのうち、新しいクライアントOS(Windows 7)でそのまま稼働しないアプリケーションが5つあり、これらを改修するには膨大なコストがかかることが問題となった。

 アプリケーション改修以外の対応策として、中京銀行は移行スケジュールやコストなども鑑みて、IBMなどが提案した「VMware ThinApp」によるアプリケーション仮想化を選択すると決定。10月末からスタートした導入プロジェクトでは、11月初頭にかけての2週間で動作確認や表示のズレなどを確認し、2014年1月下旬には試行運用を開始するというタイトなスケジュールだったものの、XP依存アプリケーションをWindows 7上で動作させることを可能にした。

 ただし、これらの業務アプリケーションには「Internet Explorer(IE)」のバージョン(Windows XPのIE 6)に依存するものもあり、マイクロソフトのライセンス上問題があった(単一のWindows上で複数バージョンのIEの実行はサポートされていない)。この問題に対して、日本IBMが双日システムズのIE互換ブラウザ「thinforie」を提案し、採用されている。

 中京銀行の本店および営業店、全90拠点への新しいクライアントPC 1500台の展開作業には「IBMプラットフォーム導入展開サービス」を利用し、同行でのPC展開で実績を持つ日本電通との協業により、約2カ月間という短期間での展開を実現した。

 中京銀行では今後、本来の銀行業務の機能やサービス向上に伴うアプリケーション改修に専念していく予定としている。


それと結局は移行できていないのは変わらないので、これからその莫大なコストを投下して移行するんですよねぇ?

業務アプリだけど、特定のIEのバージョンに依存しているってのも事情はわかりますがどうしてそんなことになっているのか、そもそもの話がよくわかりませんね。

( ´ー`)y―┛~~

私の会社でも社内システムの動作確認ができていないので、公式サポートOSはWindowsのXXです、なんていうのがありますけどね。未だに公式ブラウザはIEのXXですし、気に入らんけど私も会社のPCではIE使ってます。

( ´ー`)y―┛~~

逆に言うと、こういうことがあるからこそSIerの方々はお金が稼げるんですよね。我々の会社もそのSIerの立場になることもありますので、痛し痒しでしょうか?
 



↓金は天下の回りもの♪ と思う人はぽちっとお願いします m(_ _)m


|

« 全員ある選手だったら何点入るか?っていう指標があったはずですが… | トップページ | 究極のクリーンカー、燃料が水素ってのがどうも… »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よくわからんけど、外から見れば結局はXPが動作しているように見えるんか?:

« 全員ある選手だったら何点入るか?っていう指標があったはずですが… | トップページ | 究極のクリーンカー、燃料が水素ってのがどうも… »