« 日ハムの大谷選手、まじでこれは二刀流で成功するかも? | トップページ | 負けたなぁ »

2014/05/15

あれ?TizenOSって死んだんじゃなかったの?

印象としては、まるでゾンビですなw
サムスン、ロシアとインドでタイゼン搭載端末発売へ - WSJ日本版

サムスン、ロシアとインドでタイゼン搭載端末発売へ - WSJ日本版

By Jonathan Cheng and Olga Razumovskaya
原文(英語)
2014 年 5 月 12 日 17:17 JST 更新

 韓国のサムスン電子は、開発を手掛けているモバイル機器用基本ソフト(OS)「Tizen(タイゼン)」を搭載した新型スマートフォンをロシアとインドで発売する準備を進めている。事情を知る複数の関係者が明らかにした。モバイル機器用ソフト・サービスの分野で米グーグルや米アップルと直接対決する取り組みの最新例となる。

 関係者の話では、サムスンは数週間以内にモスクワでイベントを開催し、タイゼンを搭載したスマホを発表する計画だ。関係者の1人によると、これまでに主要機器を発表したときと同様に、ロシアでもイベント「アンパック」を開催し、そこで新製品を発表するという。

 タイゼンを支援する企業は6月前半にサンフランシスコで開発者会議を開催する。サムスンのイベントはその前後に開催されるもようだ。

 関係者の1人は、サムスンはインドでも間もなくタイゼン搭載のスマホを発売するほか、タイゼンの搭載範囲をテレビにも広げようとしているが、タイゼン搭載テレビの具体的な発表時期ははっきり決まっていないと述べた。

 サムスンの広報担当者からはコメントを得られなかった。タイゼンの開発を監督しているタイゼン・アソシエーションの広報担当者もコメントを控えた。

 サムスンはスマホやテレビ、冷蔵庫の製造・販売で数十億ドルを稼いでいるものの、ソフトウエアやサービスの分野にはまだ大きく踏み込んでいない。最近ではソフトやサービスが家電製品や電子機器のユーザー体験を左右するようになってきたため、サムスンは米半導体大手インテルと連携し、さまざまな機器をつなぐための基盤として新しいOSのタイゼンを消費者に売り込もうとしている。すでにタイゼンを搭載したカメラ数種類のほか、スマートウオッチ(腕時計型端末)「ギア2」を発売した。

 英高級車メーカーのジャガー・ランドローバーは、車内で利用可能な地図作成や娯楽などのソフトやサービスを生み出すために、インテルと連携して主に米オレゴン州ポートランドにあるジャガーの新しい研究施設で常勤のタイゼン開発者を採用し始めた。 

 ただ、タイゼン普及の取り組みの中で最も注目されている分野はスマホだ。この市場は今や利用者を引きつけておくための主戦場となっている。

 サムスンは最近のつまずきを受けてスマホの戦略を調整しているようだ。米国など主要市場でのグーグルやアップルとの直接対決を避け、ロシアやインドといった新興国に照準を合わせている。新興国の携帯電話市場では、サムスンはすでに足場を固めている。

 サムスンは、新興国の消費者は電話機の価格が良心的で、グーグルの携帯端末向けOS「アンドロイド」搭載機と同様の機能を持ち、同様のアプリを使えるのであれば、OSが何であろうとあまり気にしないと確信している。現時点ではサムスン製の携帯電話機の大半がアンドロイドを搭載している。

 サムスンとインテルはこれまで開発者会議を利用して、タイゼン用のソフトやサービスを開発するよう第三者のアプリ開発業者を説得しようとしてきた。

 確かにタイゼン搭載スマホの発売計画は何度か失敗してきた。サムスンは11年秋に、12年1-3月期までにタイゼン搭載端末を発売すると発表したが、これは実現しなかった。

 最近では今年1月にタイゼン搭載スマホの発売を予定していたが、土壇場になってNTTドコモ、フランスのオレンジ、スペインのテレフォニカを含む提携先の通信業者が二の足を踏み、発売中止となった。

 しかし、サムスンにとってタイゼンは引き続き最優先項目だと幹部は話している。現在は最新機種の「ギャラクシーS5」を含む同社の主要スマホの全機種がアンドロイドを搭載しているため、グーグルがユーザー体験を支配できる状態にある。しかも、サムスン製の機器で使用されたソフトやサービスの売り上げの大半がグーグルに流れている。


そのようなキャリア主導やメーカー主導で作ったものが成功した例はなかなかないように感じますが…。ユーザーはOSで買うのではなく使いやすさなどで買うんですからね。メーカーやキャリアがやりたいことをやりやすく考えて作ったOSってので、もうアウトだと感じます。

ところで、サムソンがTizenを進める目的がこんなところにもあるって?

新興国の消費者は電話機の価格が良心的で、グーグルの携帯端末向けOS「アンドロイド」搭載機と同様の機能を持ち、同様のアプリを使えるのであれば、OSが何であろうとあまり気にしないと確信している

そうなんだけど、そういう人たちにはチャイナフォンがあるからなぁ。多分、サムソンのTizen端末よりもずっと安いでしょう。性能はそこそこですが、それでいいと思います。個人的にはチャイナフォンなど危なくてつかっていられないと思っていますがね、コリア製も同じくです。

で、面白かったのが最後w

サムスン製の機器で使用されたソフトやサービスの売り上げの大半がグーグルに流れている

へー、そうなんだ。
日本からたくさんの部品、部材を買っているのに、サービス関連の売上も持っていかれるん?それでよくサムソングループの利益の殆どをスマフォで稼げていますなぁ…。不思議な企業ですね。
 



↓国益企業だからなぁ… と思う人はぽちっとお願いします m(_ _)m


|

« 日ハムの大谷選手、まじでこれは二刀流で成功するかも? | トップページ | 負けたなぁ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あれ?TizenOSって死んだんじゃなかったの?:

« 日ハムの大谷選手、まじでこれは二刀流で成功するかも? | トップページ | 負けたなぁ »