« 朝鮮総連の本部ビルがついに売られてしまうことが決定しました♪ | トップページ | ボウカー!ボウカー!再来日初HR!!! »

2014/05/13

惜しい試合でしたけど、久保を続投させたのが収穫でしょうか?

それだけ調子がいいと判断したということですし、もちろん結果もその通りです♪
Yomiuri Giants Official Web Site:5月13日 対ヤクルト7回戦・いわき

Yomiuri Giants Official Web Site:5月13日 対ヤクルト7回戦・いわき

阿部が2本の同点打を放つも、終盤力尽きる

 福島県いわき市で行われたヤクルトスワローズとの7回戦。前半は投手戦、後半は点の取り合いとなった。五回、巨人は田中浩の2点タイムリー二塁打で先制を許すも、その裏すぐに松本哲と阿部の適時打で同点に追いつく。さらに七回までに2点を勝ち越されるも、ロペスのソロホームランと阿部の2本目の適時打が飛び出し、再び同点に。しかし、九回に久保が崩れ、2点を失い、4対6で敗戦を喫した。

 先発は巨人が杉内。ヤクルトが古野。

 杉内は初回のヤクルト打線を三者凡退に抑え、上々の立ち上がりを見せる。しかし二回、2つのヒットで二死一、三塁と得点圏に走者を背負う。ここは相川を二塁ゴロに斬って取り、ピンチを脱した。

 一方の打線もその裏、先頭の村田、長野に連続ヒットが飛び出し、こちらも先制のチャンスを迎える。しかし片岡が併殺打、杉内が内野ゴロに倒れ、先制はならなかった。

 杉内は以降も毎回のように走者を背負うも、要所を締める粘りの投球を見せる。

 しかし五回、相川、山田にヒットを許し、二死一、二塁とされると、田中浩に左中間を破る2点タイムリー二塁打を許し、先制点を献上してしまう。さらにバレンティンを四球で歩かせるも、雄平は一塁ゴロに打ち取り、追加点は許さなかった。
 
 巨人打線もすぐに反撃。その裏、一死から坂本が左翼線への二塁打で出塁すると、続く松本哲が右中間へタイムリー二塁打を放ち、1点を返す。アンダーソンは凡退したものの、4番阿部の一、二塁間を破るタイムリーヒットが飛び出し、巨人はすぐさま同点に追いついた。

 同点にしてもらった杉内。しかし六回、二死から相川に二塁打を許すと、投手の古野にタイムリーヒットを打たれ、勝ち越しを許す。ここで杉内は無念の降板。杉内は六回途中3失点と不満の残る結果となってしまった。2番手としてマウンドへ上がった香月も安打と四球で二死満塁のピンチを迎える。しかし、香月は技ありのけん制タッチアウトでこのピンチを切り抜けた。

 7回、3番手として笠原がマウンドへ。しかし、笠原もヤクルト打線の勢いを止めることができない。一死からバレンティンに中堅へソロホームランを浴び、点差は2点に広がった。

 しかし、巨人打線も粘りを見せる。その裏、先頭のロペスの打球は左翼ポール際へソロホームランとなり、1点差に詰め寄る。さらに二死から松本哲がヒットで出塁すると、アンダーソンも内野安打で続き、二死一、二塁で打席には阿部を迎える。阿部は詰まりながらも右翼へはじき返し、再び巨人が同点に追いついた。

 九回、2イニング目の久保がヤクルト打線につかまる。二つの四球と二塁打で一死満塁のピンチを招く。ここで代打の川端に右翼へタイムリーヒットを打たれ、ヤクルトに三たび勝ち越しを許した。さらに押し出し四球で、リードを2点に広げられた。

 九回、巨人打線はヤクルト守護神・ロマンの前に三者凡退に倒れ、4対6で試合終了。巨人は2連敗で明日、ひたちなか市でのヤクルト戦に臨む。


杉内は残念な投球でしたね。球数が多かったのもありますが、ピッチャーに勝ち越しタイムリーを打たれるのは…、しかもフルカウントにしてからです…。まぁ、Gの先発投手も打率、打点はいいのであまり人のことは言えませんが、それでもあの場面は…。で、次の山田にヒットを打たれ、次を四球…。打たれるのはしかたがないとして、四球はなぁ…。そら、交代にもなるってもんです。

クルボックルはピッチャー強襲のゴロで不運でしたね。まさに飛んだコースが悪かった。タイムリーまではしようがありませんが、その後の押し出しが余計でしたねぇ。らしくない投球です。次よろしくです♪

( ´ー`)y―┛~~

打線はよく打ちましたけど、満塁の男村田の打席が残念ですね。敗因と言ってもいいくらいの残念な打席でした。フォーク待ちだったのかもしれませんが…、それでも残念です。守備ではいいところがありましたが…。

ネ申は復調傾向ですね♪頼もしいですなぁ♪2塁を狙って挟殺されたのには笑ってしまいましたけど、ネ申が復調してきてくれるとありがたいです。ずーーーーっと不調ですからね。

ロペスの当たりはファールに見えましたけどね。塁審がホームランというのならしようがありませんが、少なくともビデオ判定はしてもよかったのでは?打球も左から右に動いていて、普通にいうところの「ポールを巻いた」の逆の動きですから微妙ですよね。判定はしようがないです。

今日のびっくりしたプレーは、
■バレンティンのホームラン
■香月の牽制球
の2つですね。

バレのHRは腕だけで、しかも最後は片手で持っていったようなスイングでしたし、しかも外角の厳しい球でした。高さは少々高いものでしたけど、あれをものの見事にバックスクリーン横に打ち込むとは恐るべしです。さすが60本キングですな。

香月の牽制球は見ていても2塁か3塁に投げるものだとばかり感じましたが、まさかの1塁に牽制でアウト!チームプレーですねぇ。こういうのをキャンプでも練習するんでしょうね。積み重ねって凄いです。

( ´ー`)y―┛~~

ということで勝てはしませんでしたけどいいものを見せてもらいました。こういうのもプロの醍醐味ですね。
 


↓負け惜しみか?w と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 朝鮮総連の本部ビルがついに売られてしまうことが決定しました♪ | トップページ | ボウカー!ボウカー!再来日初HR!!! »

ジャイアンツ2014」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 惜しい試合でしたけど、久保を続投させたのが収穫でしょうか?:

« 朝鮮総連の本部ビルがついに売られてしまうことが決定しました♪ | トップページ | ボウカー!ボウカー!再来日初HR!!! »