« 日本のWinタブレット、これは特殊な環境ですなw | トップページ | 紀伊田辺市の商店街が寂れているというアンケート結果が… »

2014/03/09

【オープン戦】内海も意地を見せた!開幕投手ダービーは混沌としてきましたね♪

個人的には内海さんに任せたいと思いますが
Yomiuri Giants Official Web Site:3月9日 対阪 神1回戦・甲子園

Yomiuri Giants Official Web Site:3月9日 対阪 神1回戦・甲子園

内海が被安打1の好投 今季オープン戦初の4連勝

 オープン戦、関西シリーズの第3戦は阪神タイガースと対戦。先発の内海をはじめ、投手陣が被安打5、2失点の好投を見せ、終始試合を優位に進めた。一方打線は10安打を放つも、要所で決定打を欠き3得点に終わった。打線にやや不安が残る内容であったが、3対2の接戦で勝利し、オープン戦4連勝を決めた。

 先発の内海は、初回に片岡の送球エラーの間にランナーが生還し、不運な形で得点を許してしまった。だが二回以降は、全て三者凡退に抑え4回を無失点、被安打1のピッチング。前日の菅野の好投に続き、良い内容の投球で開幕投手へアピールした。

 一方打線は初回から毎回ランナーを出して好機を作るも、阪神先発・岩崎の前にあと一本が出ず、なかなか得点を奪うことができない。

 しかし四回、巨人は逆転に成功する。無死一塁からロペス、片岡が連続ヒットでつなぎ、無死満塁のチャンスを作った。続く坂口は押し出しの四球を選び同点。一死後、坂本が中堅に犠牲フライをしっかりと決めて逆転に成功した。さらに、二死二、三塁の場面からアンダーソンが左翼へのタイムリーヒットを放ち3点目。惜しくも二塁走者、坂口は相手の好返球に阻まれたが、追加点をあげて試合を優位に進める。

 五回からは、江柄子がマウンドへ。2イニングをパーフェクトで抑え、今季の飛躍を感じさせる投球内容であった。

 六回にも巨人はチャンスを迎える。二死一塁から井端が四球を選び、続くアンダーソンは死球で二死満塁に。ここで原監督は、長野に替えて高橋由を代打に送ることを決断。しかし、高橋由は空振り三振に倒れ、追加点をあげることはできなかった。

 七回は香月が無失点で切り抜け、八回は土田が登板。ランナーを一人置いた場面で、阪神の代打・梅野にあわや同点弾という左翼越の三塁打を浴び、1点差に詰め寄られる。

 九回、巨人は二死一、二塁の好機を作り、代打の切り札・矢野を投入するも中堅フライに倒れた。その裏、土田から途中で高木京をマウンドに送る。一死一塁で同点のランナーを背負った場面だったが、二者連続三振を奪って試合終了。3対2の接戦を制し、今季オープン戦初となる4連勝を決めた。


投手陣はこの試合もほぼ完璧ですね。内海さんの失点はエラー絡みですし、その後も1失点です。ほぼ完璧です。なによりも、江柄子、香月、土田という売り出しせなあかん選手が好投したのがいいですね。他の若手投手にもいい刺激になっただろうし、何よりも本人の自信に成ったでしょうからね。

( ´ー`)y―┛~~

それにしてもアンダーソン君。仮想現実で訓練を受けたわけでもありますまいに、どこまで打つんでしょう?ここまで来ると期待してしまうではないですか!!!
 


↓真昼の夜の夢、ではないか? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 日本のWinタブレット、これは特殊な環境ですなw | トップページ | 紀伊田辺市の商店街が寂れているというアンケート結果が… »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【オープン戦】内海も意地を見せた!開幕投手ダービーは混沌としてきましたね♪:

« 日本のWinタブレット、これは特殊な環境ですなw | トップページ | 紀伊田辺市の商店街が寂れているというアンケート結果が… »