« 自宅のインターネット速度を久しぶるに計測してみました | トップページ | さすがにこれは上野女史が被害者では? »

2014/03/15

【オープン戦】山口、大丈夫なんでしょうか?

し、試合感が戻ってないだけだ(震え声…
Yomiuri Giants Official Web Site:3月15日 対ソフトバンク1回戦・ヤフオクドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:3月15日 対ソフトバンク1回戦・ヤフオクドーム

村田の3号ソロ飛び出すも 逆転負けで連勝は6でストップ

 ヤフオクドームで行われた福岡ソフトバンクホークスとのオープン戦1回戦。巨人は二回に坂本の押し出し四球で先制すると、三回には村田のソロホームランが飛び出し2点のリードを奪う。開幕投手を狙う先発・菅野は6回1失点の好投を見せ、巨人のリードを保ったが、七回に2番手・山口が3点を失い、逆転を許してしまう。打線は四回以降、得点を挙げることができず、2対4で敗れた。

 初回、先発・菅野はヒットと送りバントなどで一死二塁とされたが、後続を抑えて得点は許さなかった。

 二回、巨人が先制に成功する。ソフトバンク先発・中田から、ロペスの二塁打、片岡と高橋由の四球などで二死満塁のチャンスを作ると、坂本が押し出しの四球を選び、巨人が1点を先行した。

 さらに続く三回、村田が左翼スタンド中段に3号ソロホームランを放ち、2対0と巨人がリードを広げた。

 しかし四回、菅野は死球と内野安打、さらに自らの失策も絡んで無死一、三塁のピンチを招く。続く松田を併殺打に打ち取るが、この間に三塁走者が生還し、2対1と1点差につめられた。

 1点を失った菅野だったが、その後は隙のない投球を見せる。五回を難なく無失点に抑えると、六回は相手クリーンナップを三者凡退に切って取った。菅野は6イニングを投げ、被安打5、1失点の好投を見せてマウンドをリリーフ陣に譲った。

 1点のリードに変わったジャイアンツだったが、五回以降はソフトバンクリリーフ陣を攻略に苦しむ。五回から七回までの3イニングで、出塁は六回の村田の四球のみに終わった。

 2対1のまま迎えた七回裏、2番手として山口がオープン戦初登板。しかし、二塁打などで一死二塁のピンチを背負うと、鶴岡にタイムリーヒットを許し、同点に追いつかれてしまう。さらに続く本多に勝ち越しのタイムリー三塁打、中村には犠牲フライを打たれ、山口はこの回3失点。2対4とされ、巨人が2点を追う展開となった。

 八回は3番手として久保が登板。味方のエラーや四球などで二死一、二塁とされたが、柳田を三振に抑えて追加点は許さなかった。

 2点差を追う九回、巨人打線は二死から鈴木尚が四球で出塁すると、すかさず二盗を決めて二死二塁としたが、続く矢野が空振り三振に倒れ、ゲームセット。2対4で敗れ、巨人のオープン戦の連勝は6で止まった。


菅野が好投ですね。これは真剣に開幕投手あるかもしれん、そういう投球ですね。味方のエラーで失点しても、その後をしっかり抑えきるのがいいです。好投手の必要条件でもありますね♪

山口は…。初登板ですしね。ちょっと遅れたけど、ここから調整してもらえればいいでしょう。クルボックルは良くなってきたようですし、分業というか、分担です!

あと2週間ですね。今年は開幕戦チケットをゲット出来ませんでしたので、自宅観戦です。残念。
 


↓今からでも遅くないのでは? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 自宅のインターネット速度を久しぶるに計測してみました | トップページ | さすがにこれは上野女史が被害者では? »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【オープン戦】山口、大丈夫なんでしょうか?:

« 自宅のインターネット速度を久しぶるに計測してみました | トップページ | さすがにこれは上野女史が被害者では? »