« で、結局STAP細胞ってのはできるのできないの? | トップページ | さすがまっちゃん♪ 今度是非紅乃傭兵をゲストに呼んで、証人喚問の事前チェック的なことをしていただけないでしょうか? »

2014/03/14

渡す世間は鬼ばかりだったからでしょうか?

宇津井健さん、鬼籍に入られました…
宇津井健さん死去 「渡る世間」“赤いシリーズ”などで活躍の二枚目スター (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

宇津井健さん死去 「渡る世間」“赤いシリーズ”などで活躍の二枚目スター (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

デイリースポーツ 3月14日(金)20時22分配信

 俳優・宇津井健さんが14日午後6時5分、慢性呼吸不全で亡くなった。82歳だった。東京都出身。関係者によると、肺気腫を患い、入退院を繰り返していたという。

【写真】08年ドラマ「長生き競争!」では石原さとみとの55歳差ラブシーンが話題に

 宇津井さんは俳優養成所出身。1954年、新東宝に入社。55年、「青春物語」に主演以降、新人スターとして大活躍した。

 山口百恵と共演した「赤い迷路」「赤い運命」の“赤いシリーズ”などで、正当派の2枚目スタートとしての地位を確固たるものとした。

 65年から71年にTBS系で放送された「ザ・ガードマン」に主演。ダンディなスターとして人気を博した。06年2月からは、肺炎を患い入院した藤岡琢也さん(06年10月死去)に代わり、「おかくら」の大吉として、TBS系「渡る世間は鬼ばかり」に出演。昨年5月、6月に放送されたスペシャル版にも出演していた。

 藤岡さんが亡くなった時には「兄というか分身を失ったようで、強い悲しみを受けている」とコメントしていた。

 なお、故人の以降により、通夜・告別式は密葬で執り行い、後日「お別れの会」を開くという。


もう最近はTVで観るのは「大吉」だけでしたけど、大吉とは少し違う役作りで、それまでの大吉感を変えるくらいの芝居をされていましたよねぇ。私としては時にいらいらするくらい娘に優しすぎる大吉に違和感はありましたが、それでも番組に自然に溶け込んでいる氏を観て、さすが役者とほれぼれと思ったものです。

合掌

|

« で、結局STAP細胞ってのはできるのできないの? | トップページ | さすがまっちゃん♪ 今度是非紅乃傭兵をゲストに呼んで、証人喚問の事前チェック的なことをしていただけないでしょうか? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渡す世間は鬼ばかりだったからでしょうか?:

« で、結局STAP細胞ってのはできるのできないの? | トップページ | さすがまっちゃん♪ 今度是非紅乃傭兵をゲストに呼んで、証人喚問の事前チェック的なことをしていただけないでしょうか? »