« 多分、この男性はジンバブエから引っ越してきた人ではないか? | トップページ | 在外韓国人が祖国に帰っているようですね »

2014/02/25

正直言って、燃費の誤差10%ってのは優秀なのではないか?

測定条件にもよりますし…
現代自動車の「サンタフェ」、申告燃費と実燃費が不一致で再調査へ 2014/02/25(火) 18:30:02 [サーチナ]

現代自動車の「サンタフェ」、申告燃費と実燃費が不一致で再調査へ 2014/02/25(火) 18:30:02 [サーチナ]

【経済ニュース】 2014/02/25(火) 18:30

 韓国国土交通部は24日、現代自動車の「サンタフェ」と双竜自動車の「コランド」などが2013年に実施した調査で、申告した燃費と実際の燃費が一致しないと判定されたことを発表した。韓国メディアによれば、14年に行われる再調査でも「燃費非適合」となった場合、現代自動車の消費者への賠償額は1000億ウォン(約95億円)以上に達する可能性がある。環球時報(電子版)が報じた。

 現代自動車はサンタフェの燃費について、国土交通部に1リットルあたり14.4キロメートルと申告していたが、調査の結果、実際の燃費は約10%悪かった。国土交通部は現代自動車が提出した測定方法に基づき、サンタフェの燃費の再調査を行う。調査結果は3月末に出る予定だ。

 現代自動車および傘下の起亜自動車は12年11月、米国で燃費の過大表示が発覚し、表示燃費と実燃費の差異ならびに走行距離と燃料の平均価格に基づいた補償金に、迷惑料として15%を上乗せした額を消費者に支払っている。補償期間は10年間だ。

 仮に現代が米国で実施している補償と同じ条件で補償する場合、サンタフェの実燃費が申告燃費と1リットルあたり1キロメートルの差があった場合、燃料代を1リットル1700ウォン(約162円)、走行距離を1万3000キロメートルと仮定すると10年間で約1200億ウォン(約114億4000万円)に達する見込みだ。

 韓国国土交通部の関係者は、再調査でも「燃費非適合」となった場合は消費者への補償を勧告するほか、最大10億ウォン(約9500万円)の罰金を課す方針だ。(編集担当:村山健二)


記事が曖昧なのでよくわかりませんが、

国土交通部は現代自動車が提出した測定方法に基づき、サンタフェの燃費の再調査を行う

これはこれから上記の条件で再測定するっていうことですから、10%の誤差があるっていうのはどういう測定条件なんでしょうか???国土交通部が確認してはいないけど、どこかの団体が同じ条件で測定した結果、ということなんですかね?

でも、10%の誤差なんですから、そうやかましく言うような数字ではないような気も…。

( ´ー`)y―┛~~

日本の燃費って、カタログ値の測定条件と実際に運転する条件が結構違うので、カタログ値の燃費などは不可能と認識していますが、その辺もっとどうにかならんもんなんでしょうか?感覚的にはカタログ値の半分くらいいけば御の字、という感じの印象です。

( ´ー`)y―┛~~

今乗っている車は95プラドなんですが、中古で買ってから10年、5年落ちくらいだったからねぇ、もう15年前の車です。リッター6はなかなか行きませんw 関西に帰る東名高速くらいでしょうかね(爆 そう思うと最近の車に買い換えたいのですが、先立つモノがねぇ^2
 


↓残価方式で買えば? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 多分、この男性はジンバブエから引っ越してきた人ではないか? | トップページ | 在外韓国人が祖国に帰っているようですね »

」カテゴリの記事

極東愚連隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正直言って、燃費の誤差10%ってのは優秀なのではないか?:

« 多分、この男性はジンバブエから引っ越してきた人ではないか? | トップページ | 在外韓国人が祖国に帰っているようですね »