« 辺野古移設について、辺野古市民?が「狂気の沙汰」と発言しているようです | トップページ | 日本の駐韓大使が韓国人に襲われたようです »

2014/01/28

支那もだんだん韓国に似てきたんですなw

どこまで馬鹿を晒してくれるようになるのか、期待しています!
「琉球が中国の属国」だった新たな証拠、福建省で見つかる―中国メディア (XINHUA.JP) - Yahoo!ニュース

「琉球が中国の属国」だった新たな証拠、福建省で見つかる―中国メディア (XINHUA.JP) - Yahoo!ニュース

XINHUA.JP 1月28日(火)14時3分配信

中国福建省竜岩市の武平県で22日、当時の琉球が清朝の属国だったことを証明する扁額(へんがく)が発見されたと地元メディアが報じた。23日付で西新聞網が伝えた。

1838年に琉球王国に冊封使(さっぽうし)として派遣された清朝の官僚、林鴻年(りん・こうねん)が清朝末期に、「呉応節」という人物とその夫人に70歳の祝いとして贈ったとみられる扁額(へんがく)で、そこにはっきりと林が琉球王国に派遣された冊封使であることが記されている。

先月、同県在住の収集家が手に入れたもの。長い間、中国各地を転々としていたものとみられる。地元の学者は「これは末期の清朝政府が弱体化していたとはいえ、琉球を属国としていたことを証明するもの。つまり、1879年に日本が盗み取る前は、琉球は中国の属国だったということだ」との認識を示している。

(編集翻訳 小豆沢紀子)


こんなもん、支那の柵封体制の中にあった国、というだけのことでしょう。それと琉球王国は支那にも日本にも朝貢していましたし、こんなものが支那で見つかっても発見というほどのことはありますまい。

というか、朝貢する関係ということは国と国との関係にあるということであり、それは紛れも無く琉球王国が「独立国家」であったことを示す証拠になります。よって、琉球王国=今の沖縄は支那ではないという逆説的な証左になりませんか?w

それと、今の支那は清王朝の正当な後継国家なんでしたっけ?そうは思えないなぁ…。そもそも清は満州の女真族でしたっけ?その民族が中原に攻め入って漢族を支配した王朝ですもんねw

いろいろ歴史的にまずいことを言い出しているような気がw
 


↓気づいていないうちにもっと聞き出せw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 辺野古移設について、辺野古市民?が「狂気の沙汰」と発言しているようです | トップページ | 日本の駐韓大使が韓国人に襲われたようです »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

極東愚連隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 支那もだんだん韓国に似てきたんですなw:

« 辺野古移設について、辺野古市民?が「狂気の沙汰」と発言しているようです | トップページ | 日本の駐韓大使が韓国人に襲われたようです »