« 落合恵子さん、そのとおりです。このブログでも折に触れお願いしていることですので、是非実行してください! | トップページ | 「立ち読みさせろ!!!」って物凄いクレーマーだけど、こういうところに商売のネタがあるのも事実 »

2014/01/18

ゴジラ、今度は自分がメガホンをとるのか?

コーチ就任は聞いていましたが、監督就任要請は聞いていませんでした…
巨人、松井氏に監督就任正式要請!渡辺会長&長嶋氏らと面談 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

巨人、松井氏に監督就任正式要請!渡辺会長&長嶋氏らと面談 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

 巨人は16日、都内のホテルでスタッフ会議を開き、巨人OBの松井秀喜氏(39)の宮崎キャンプ(2月1~13日)の臨時コーチ就任を正式発表。白石興二郎オーナー(67)は、今月10日に渡辺恒雄球団会長(87)、長嶋茂雄終身名誉監督(77)を交えた4者面談で、松井氏に将来的な監督就任を正式要請したことを明かした。

 約1時間半のスタッフ会議を終えた白石オーナーは、10日に親会社の読売新聞東京本社で会ったことを明かした。渡辺会長に加え、恩師の長嶋終身名誉監督も交えた4者面談。その内容は将来の監督就任要請だった。

 「我々の気持ちは既に伝えてある通り。“巨人は両手を開いて待っているよ”ということは、私からも、渡辺(会長)からも言っておきました。ゆくゆくは監督として巨人軍を率いてくれることを切望しているわけだけれども、その気持ちに変化はありません」

 これまでも原監督の後継候補であることを明言してきたが、新年のあいさつを兼ねた場であらためて「球団の総意」を伝えた。白石オーナーは「松井君自身の判断だし、家族のつながりとか、そういうことも含めて将来の人生設計をどういうふうに考えるかで違う」と配慮を示したものの、レールは敷かれた。原監督は昨シーズン後に新たに2年契約を結んだ。第2次政権は、15年シーズンで節目の10年目を迎える。松井氏のコーチ入閣など、スムーズな監督への移行期間も視野に入れた上で、早ければ16年にも松井監督誕生となる。



[ 2014年1月17日 05:30 ]


果たしてゴジラに映画監督ができるのか?という気はしないでもありません。いや、コーチができるか?という問題が先のような気もします。

秋山監督みたいに、指導している際に自分も実際にやって見せて、逆に選手のやる気を無くさせるなんてことにならないことを祈りますw 打撃練習でドームの看板にポンポンぶち当てるとかね、実際にやりそうですよねぇ♪

( ´ー`)y―┛~~

できれば二軍で監督修行をして欲しいですね。
野球という面で松井氏を悪く言う人はいないようですので、その野球に対する真摯な、妥協のない姿勢でチームを鍛え、松井黄金時代を築いて欲しいものです♪

( ´ー`)y―┛~~

しかし、原監督勇退なのかなぁ。2015年のシーズンで終わり?名誉監督とかになるのか、はたまたGM的な立場になるのか、球団社長なんていうポジションもあるかもしれませんね。選手の力が第一とは言え、

2002年:優勝 ⇒ 日本一
2003年:三位 ⇒ クビ!!!

2006年:四位
2007年:優勝 ⇒ 日本シリーズ進出ならず
2008年:優勝 ⇒ 日本シリーズ敗退
2009年:優勝 ⇒ 日本一
2010年:三位 ⇒ 日本シリーズ進出ならず
2011年:三位 ⇒ 日本シリーズ進出ならず
2012年:優勝 ⇒ 日本一
2013年:優勝 ⇒ 日本シリーズ敗退

という華々しい成績ですから♪

( ´ー`)y―┛~~

しかし、原監督の後に松井氏となれば、江川氏や桑田氏は目がなくなったのでしょうかねぇ。桑田氏は投手コーチになってほしいですね。天才とかネ申はその次くらいですね♪あー、監督に向いているかどうかは全く知りませんけどw

( ´ー`)y―┛~~

松井氏、奥さんどうするんだろう?
 


↓単身赴任かな? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 落合恵子さん、そのとおりです。このブログでも折に触れお願いしていることですので、是非実行してください! | トップページ | 「立ち読みさせろ!!!」って物凄いクレーマーだけど、こういうところに商売のネタがあるのも事実 »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴジラ、今度は自分がメガホンをとるのか?:

« 落合恵子さん、そのとおりです。このブログでも折に触れお願いしていることですので、是非実行してください! | トップページ | 「立ち読みさせろ!!!」って物凄いクレーマーだけど、こういうところに商売のネタがあるのも事実 »