« シャープの液晶事業が外国勢頼みになってきたようです | トップページ | 仁丹の技術がレアメタルにつながるとは… »

2014/01/29

二岡氏がジャイアンツから業務委託を受けて、外人チェーーーーックをするようです

コーチっていう話じゃなかったっけ???
【巨人】二岡氏が国際スカウト「日本に適合するか」を調査 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

【巨人】二岡氏が国際スカウト「日本に適合するか」を調査 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

スポーツ報知 1月28日(火)7時3分配信

 昨季限りで現役を引退した、前日本ハムの二岡智宏氏(37)が巨人の「国際スカウト役」として外国人選手補強に一役買うことが27日、分かった。現地スカウトが目を付けた外国人選手らを、二岡氏は「日本のプロ野球に適合するか」という観点から調査してもらう役割を担う。

 二岡氏は1998年にドラフト2位で巨人入りし、10年間、遊撃のレギュラーとして活躍。2008年オフにトレードで日本ハムに移籍し、今年1月に現役生活にピリオドを打った。プロ15年で通算1314安打、173本塁打をマークした打撃技術はもちろん、巨人と日本ハムでいろいろなタイプの外国人選手とプレー。巨人の国際部では実戦経験豊富な日本人選手出身者が少ないことから、二岡氏に白羽の矢を立てたものとみられる。

 9日に行った引退会見では「打撃に関しては、まだまだいろいろなことに興味があるし、勉強してみたいなと思います」と話していた。引退を決めた時から、野球界に恩返しをしたいという希望を持っている。評論家活動など幅広く野球を勉強したいという思いもあり、巨人のフロント入りはせず、業務委託契約で必要に応じて調査活動を行うことになりそうだ。


フロント入りはしないってことなのか…。
依頼があれば受けるってことね…。

ってことは、いろいろ他にもやりたいことがある、あるいはもっと他からのいい仕事も待っているっていうことかな。

二岡氏は「日本のプロ野球に適合するか」という観点から調査

問題はこれ。この能力が果たしてあるのかという点ですな。はっきり言って未知数です。そのような仕事のためにも、逆に先にコーチをしたほうがいいように感じますけどね。ご本人は中に持っているのかもしれませんけど、二岡氏の打撃論というものは聞いたことがないんですよね…。

( ´ー`)y―┛~~

しかし巨人も面倒見がいいというかなんというか。確かにあのまま何もなければずっとスター選手で全うできたんでしょう。逆に言えば坂本の起用は少なくとも3-4年は遅れたとも言えますね。

いろいろと紆余曲折があった現役生活でしたが、野球界への恩返しのターンになりました。未経験でいろいろ大変でしょうけど、ぜひ頑張ってください。
 


↓意外な展開だな… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« シャープの液晶事業が外国勢頼みになってきたようです | トップページ | 仁丹の技術がレアメタルにつながるとは… »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二岡氏がジャイアンツから業務委託を受けて、外人チェーーーーックをするようです:

« シャープの液晶事業が外国勢頼みになってきたようです | トップページ | 仁丹の技術がレアメタルにつながるとは… »