« 朝鮮総連の本部ビル、やっぱりペーパーカンパニーでは購入できず | トップページ | そもそも、朝鮮総連関係施設を一般市民が使おうと考えますかね? »

2013/12/14

そろそろ帰省の時期ですが、こだまでゆっくりゆったりとってのは正解でしょう!

今年はカレンダーもよく、長期連休のところも多くなるでしょうしね♪
年末年始「ゆっくり『こだま』でゆったり帰省を」 限定格安切符、「ファミリー車両」も JR西、東海“あの手この手”(1/2ページ) - MSN産経west

年末年始「ゆっくり『こだま』でゆったり帰省を」 限定格安切符、「ファミリー車両」も JR西、東海“あの手この手”(1/2ページ) - MSN産経west

2013.12.14 13:50 (1/2ページ)[マネー&節約]


山陽新幹線「こだま」で運用されている500系の指定席車両。座席配置が「グリーン車」と同じ1列4席になり、快適性が向上した(JR西日本提供)

 「年末年始の帰省はゆっくりと『こだま』で、ゆったりと」。JR西日本は年末年始を控え、山陽新幹線の各駅停車タイプ「こだま」の利用を促進しようとこんな呼びかけを始めた。指定席の座席配置を「グリーン車並み」に改良し、こだま限定の格安切符も用意した。JR東海は東海道新幹線に子供連れ専用の「ファミリー車両」を設置。鉄道各社は“あの手この手”のサービスで帰省客を新幹線に呼び込もうと躍起だ。

 航空機や高速バス、マイカーなど他の交通機関との競争が厳しい山陽新幹線。新大阪-博多間は速達タイプの「のぞみ」「みずほ」の所要時間が約2時間20分なのに対し、こだまは約4時間半と時間がかかり、利用率はふるわなかった。

 そこで考え出されたのが「ゆっくり・ゆったり」。1列に5席あった指定席の座席配置を4席に減らし、座席幅を約3センチ広げたところ、利用客に好評を博し、今月19日からは対象車両をさらに拡大するという。

 価格でも“攻勢”をしかける。14日前までの購入などが条件の「こだま早特往復きっぷ」なら、大阪市内から福岡市内まで通常2万7500円の往復料金が1万5千円、子供は往復わずか3千円で利用できる。

 東海道新幹線も負けてはいない。JR東海は21日から東京-新大阪間の「のぞみ」の上下各1本に、子供連れを対象とした専用車両を設置。大きな荷物があっても大丈夫なように無料でプラス1席付くのが特徴で、3人家族でも4席分利用できる。


値段もそうですが、通常5列のところを4列にしてグリーン車並ってのがいいじゃないですか。値段も12000円も安くって、子供は3000円ってねぇ。往復ですよ?信じられませんね。ま、それだけ空席が目立つってことなんでしょう。先日行った平日の北海道旅行も、飛行機はガラガラでしたからね。空気を運ぶよりは値引きしてでも客を乗せた方がマシっていうことなんでしょうね。

私なんかは本やスマフォでもあれば、時間は気になりませんからね。これで、各座席にAC電源があれば本当に言うことなし!電池を気にせずにネット出来ますからね!

小さな子供がねぇ、飽きるでしょうねぇ。親がしっかり相手しても、赤ちゃんなどは泣いたりしますからね。しようがないんですが…。

( ´ー`)y―┛~~

JR東海もこんなこだまを走らせてくれないかな?そうすれば今よりは帰省しやすくなるんですけどね。

車で帰るとガソリン代と高速代でねぇ。時間もかかるし疲れるし。家族全員が帰ると考えれば安いんですけどねぇ。もう歳ですし(汗
 


↓子供往復三千円って安っ!!! と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 朝鮮総連の本部ビル、やっぱりペーパーカンパニーでは購入できず | トップページ | そもそも、朝鮮総連関係施設を一般市民が使おうと考えますかね? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ帰省の時期ですが、こだまでゆっくりゆったりとってのは正解でしょう!:

« 朝鮮総連の本部ビル、やっぱりペーパーカンパニーでは購入できず | トップページ | そもそも、朝鮮総連関係施設を一般市民が使おうと考えますかね? »