« 憲法原理主義者の叫びが東京新聞に掲載されています | トップページ | 掲示板を作った人がいるようですが、PVが少なくて困っているそうです »

2013/12/08

日ハム 二岡選手、ついに引退でヤンキースにコーチ修行

来るべき時が来ましたか…
両足故障に勝てず決断…日本ハム・二岡が引退、ヤ軍コーチ留学へ (1/3ページ) - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

両足故障に勝てず決断…日本ハム・二岡が引退、ヤ軍コーチ留学へ (1/3ページ) - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

2013.12.8 05:03(1/3ページ)
両足故障に勝てず決断…日本ハム・二岡が引退、ヤ軍コーチ留学へ
巨人入団発表、下段左から二岡、長嶋監督(撮影日1998年12月16日)

巨人入団発表、下段左から二岡、長嶋監督(撮影日1998年12月16日)【拡大】

 日本ハム・二岡智宏内野手(37)が今季限りで現役を引退することが7日、分かった。卓越した打撃センスと堅実な守備で巨人時代は遊撃のレギュラー、日本ハムに移籍後は代打の切り札として活躍してきたが、近年は両足の故障に苦しみ、ユニホームを脱ぐことを決断した。来季からは古巣巨人の計らいで米大リーグ、ヤンキース傘下のマイナー球団でコーチ修行をする予定だ。

 巨人で4度、日本ハムで2度のリーグ優勝に導いてきた打撃の職人がついにユニホームを脱ぐ。二岡が今季限りで現役引退することを決断した。

 10月3日に日本ハムから来季の契約を結ばないことを通達された際には、「今後、他球団からお話をいただくチャンスがあれば、聞かせていただきたいと思います。ただ、現状は体のこともあるので、現役を続行するか否かに関しては今後、自分なりにもう少し考えて結論を出そうと思います」とコメント。他球団の動向を注視し、悩み抜いたが、両足の故障もあり引退を決断した。

 巨人時代は正遊撃手として2002年の日本シリーズでMVPを獲得。トレードで加入した日本ハムでは代打の切り札として活躍し、09年には球宴にも出場した。すでに恩師の近大・本川貢元監督や巨人、日本ハム関係者にも報告を済ませた。

 第二の野球人生は、古巣の巨人が強力サポートする。原監督が「二岡は巨人の功労者だ」と語るなど、移籍後も高く評価しており、05年に岡崎(現2軍監督)、06年に後藤(現2軍打撃コーチ)、11年に大道(現ソフトバンク2軍打撃コーチ)が派遣されたヤンキース傘下のマイナー球団で2年間、コーチ修行をする方向で話が進んでいる。

 来年2月にはかつてのチームメート、松井秀喜氏(39)が宮崎キャンプで臨時コーチを務める予定。長嶋、原政権で黄金時代を築いてきた選手が、次々に指導者として復帰し、常勝軍団の系譜を受け継いでいく。

二岡 智宏(におか・ともひろ)

 1976(昭和51)年4月29日生まれ、37歳。広島県出身。広陵高から近大を経て99年ドラフト2位で巨人入団。1年目から遊撃のレギュラーに定着し、2002年の日本シリーズでは満塁本塁打を放つなど活躍し、MVPを獲得。2009年にトレードで日本ハムへ移籍した。1メートル80、81キロ。右投げ右打ち。既婚。今季年俸6200万円。背番号23。


お疲れ様でした。
足の故障が選手生命を縮めましたね。やはり人工芝の問題なのでしょうか?

あんなことがなければね…。

二岡さんとくればこのホームランですよね♪

原監督の言うとおり功労者に間違いありません。
頑張ってほしいと思います。
 


↓コーチってのが違和感があるが… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 憲法原理主義者の叫びが東京新聞に掲載されています | トップページ | 掲示板を作った人がいるようですが、PVが少なくて困っているそうです »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日ハム 二岡選手、ついに引退でヤンキースにコーチ修行:

« 憲法原理主義者の叫びが東京新聞に掲載されています | トップページ | 掲示板を作った人がいるようですが、PVが少なくて困っているそうです »