« どう考えても、コード、コーディングのことなど全員が習わなくてもいいと思うのですが… | トップページ | 大分はほのぼのしていますなぁ…、お母さんショックで怒ってるようなw »

2013/12/16

携帯電話のつながりやすさで「au」が圧勝!で、あの会社は?

ナンバーワンではなかったようですが、CMでブイブイ言わせてるけど大丈夫かいな?w
「つながりやすさ」は au 圧勝、ソフトバンクには不満爆発 -- 47都道府県別 iPhone 5s/5c 満足度調査 - インターネットコム

「つながりやすさ」は au 圧勝、ソフトバンクには不満爆発 -- 47都道府県別 iPhone 5s/5c 満足度調査 - インターネットコム

12/16 17:00

通信キャリア3社による「iPhone 5s/5c」の発売から3か月が経とうとしている。発売直後には多くのメディアで各キャリアの通信速度調査が行われ、調査方法・スポットによって様々な結果が出ていたが、その後暫くして利用者は各キャリアの“つながりやすさ”をどう感じているのだろうか。

ネオマーケティングが実施した「47都道府県別 iPhone5s/5c つながりやすさ満足度調査」によると、iPhone 5s/5c の“満足度1位”獲得数は、KDDI(au)が31県、NTT ドコモ(docomo)が6県、ソフトバンクモバイル(SBM)が2県で、引き分けが8県。関東・関西地区をはじめ全国で au が満足度1位を獲得したという。

調査実施日は、11月14日〜12月5日。調査対象は、ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」の登録モニターのうち全国の男女18歳〜69歳、1,830人(北海道、宮城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、広島県、福岡県でそれぞれ60サンプル、その他の県でそれぞれ30サンプル。各都道府県で、au、docomo、SBM の各社「iPhone 5s/5c」ユーザー均等割付)。

■前回調査と比べ、au の満足度が大きく向上

調査結果によると、満足度獲得数は、47都道府県中31県と7割近くで auが最も高い。docomo は長野県と静岡県、九州を中心に1位を多く獲得。SBM は、広島県と宮崎県でのみ満足度が高い結果となった。

なお、ネオマーケティングが iPhone 5s/5c の発売以前(8月15日〜8月21日)に端末を特定せず実施した同様の調査では、満足度1位獲得数は docomo が26県、au が18県、SBM が2県で、愛媛県のみ docomo と au が同率1位で引き分けた。この結果と比較すると、今回は au の満足度1位獲得数が大幅に増加していることがわかる。

-- 中略 --

■不満が最も多いのは SBM ユーザー

主に利用している携帯電話に関して、どういう時に不満を感じるかを聞いた調査では、「よく感じる」と「たまに感じる」の合計が最も多かった項目は「LTE につながらない」で21.9%。次いで「他の携帯電話の通信会社(キャリア)がつながっている場所でつながらない」(21.2%)、「インターネットの速度が遅く、なかなかページが開かない」(19.2%)。

これをキャリア別に見てみると、上位10項目のうち8項目で SBM が「よく感じる」「たまに感じる」と最も多く回答されていた。特に「他の携帯電話の通信会社がつながっている場所でつながらない」は28.7%と圧倒的だ。

-- 中略 --

■au の勝因は「800MHz 帯」、一方 docomo・SBM の敗因は…

最後に、今回の調査結果を各社の iPhone 5s/5c 向け LTE インフラの面から分析してみよう。好結果を残した au の LTE サービス「au 4G LTE」は、2.1GHz 帯と、プラチナバンドと呼ばれる 800MHz 帯に対応。この 800MHz 帯は、実人口カバー率97%(2013年8月末時点)と整備が行き届いているのが特徴で、今回の好結果の要因と考えられる。

docomo の LTE サービス「Xi」は、2.1GHz 帯、1.7GHz 帯、1.5GHz 帯、800MHz 帯の4帯域に対応。このうち iPhone が利用できるのは、2.1GHz 帯と1.7GHz 帯、800MHz 帯の3帯域で対応数は au よりも多いが、800MHz 帯がカバーするエリアは主に山間部で、また 1.7GHz 帯は東名阪のみでの運用。さらに大半の iPhone ユーザーがメインに使うことになる 2.1GHz 帯は、ビル陰や山間部に電波が届きにくいとされている。これらの弱点により、今回 au にリードを許すことになったのかもしれない。

SBM の iPhone 5s/5c は、イー・モバイルの LTE を利用した 2.1GHz 帯と 1.7GHz 帯による「ダブル LTE」の進化版「倍速ダブル LTE」に対応。しかし3キャリア中唯一、 iPhone 5s/5c においてプラチナバンド帯の LTE が提供されていないこともあり(2014年4月開始予定)、今回の結果を見るに「倍速ダブル LTE」はプラチナバンド LTE 不在を十分に補えきれていないようだ。


おかしいなぁ。CMとは全く違う結果ですね。まぁ、iPhone5C/5Sの結果ですけどね(汗

とはいいつつ、私のauのCAL21=G'zOneはいつの間にか電波が捕らえられない状態になり、アンテナは三本立ってるのに繋がらなくなることがたまにあります。WiFiや機内モードをオンオフすると復帰することもあるけど、最悪は電池抜き差しですわ。どうにかならんのかのぉ。ま、そういう問題と思って付き合っていますけどねw

いいですよねぇ、市村正親がいいですよねぇ。今度の半沢直樹シリーズ続編は、是非市村さんを共演にして欲しいですねぇ♪
 


↓まぁ、測定条件がないとなんともな… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« どう考えても、コード、コーディングのことなど全員が習わなくてもいいと思うのですが… | トップページ | 大分はほのぼのしていますなぁ…、お母さんショックで怒ってるようなw »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話のつながりやすさで「au」が圧勝!で、あの会社は?:

« どう考えても、コード、コーディングのことなど全員が習わなくてもいいと思うのですが… | トップページ | 大分はほのぼのしていますなぁ…、お母さんショックで怒ってるようなw »