« 最高の戦略は「戦わずして勝つ!」でしょう? | トップページ | 旭山動物園でペンギンの散歩が始まりました♪ »

2013/12/22

坂本、心を入れ替えたのか?

まだまだ若いんですから、いくらでも精進できますよ!
G坂本、目の色変えた? 片岡、井端加入で尻に火か 旅行もイベントもシャットアウト - ライブドアニュース

G坂本、目の色変えた? 片岡、井端加入で尻に火か 旅行もイベントもシャットアウト - ライブドアニュース

ZAKZAK(夕刊フジ)

 巨人・坂本勇人内野手(25)が消えた。昨年は参加したハワイへの優勝旅行も見合わせ、テレビのバラエティー番組、トークショー出演もほぼシャットアウトだ。

 「オファーは出しましたが、昨年出演していただいた番組を含め今年はすべて断られました。若い女性にも、子供にも人気抜群の選手だけに残念」と民放関係者をガッカリさせている。

 19日には都内で巨人の新ユニホームお披露目会見が開かれ、内海、村田、宮国、中井がモデル役で登場したが、ここにも坂本の姿はなかった。「やはり今季の打撃不振にじくじたる思いがあり、心に期するものがあるのでしょう」と球団関係者はみる。

 今月3日の契約更改では4年連続全試合出場、盗塁数増、守備力アップを評価され現状維持の来季年俸1億8000万円(推定)でサインしたが、シーズン打率が昨季の・311から今季・265にガタ落ちした。

 それだけに「バットを振る量、走る量が圧倒的に少なくなっていた。高校生のときはチームの決まりで1日1000スイングとかして打撃がよくなった。(今オフは)原点に戻り素振りの量を増やしたい」と巻き返しに躍起だ。また、遊撃も守れる片岡、井端が加入し「今年みたいに全然打てなかったら外されることも出てくる。そうならないように気合入れてやりたい」と危機感に拍車がかかった。

 これまで遊撃のポジションは競争相手不在で安泰だったが、坂本の尻に火がつき、巨人のレギュラーから球界を代表するスターへランクアップするきっかけになるなら、それだけでも片岡、井端を補強した価値はあるのかもしれない。 (宮脇広久)


今年まではショートの代わりがほぼいませんでしたから不振でもスタメンでしたけどね。でも、守備はずいぶんうまくなりました。守備範囲が広いだけに思わる打球でエラーを取られることもあったり、あとは意外なところで普通の打球をポカしたりと見えることもありますがw

今年はWBCがあったし働き詰めだし後半は怪我?もあったようですし、その中でもよく頑張ってくれたとは思います。ただ、シリーズではもう少し打って欲しかった。

その悔しさを胸に精進して欲しいです。
 


↓まだまだできる子! と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 最高の戦略は「戦わずして勝つ!」でしょう? | トップページ | 旭山動物園でペンギンの散歩が始まりました♪ »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂本、心を入れ替えたのか?:

« 最高の戦略は「戦わずして勝つ!」でしょう? | トップページ | 旭山動物園でペンギンの散歩が始まりました♪ »