« G、本気で大竹を獲得するんでしょうか? | トップページ | 沖縄の宮古島にも慰安婦像があるってか… »

2013/11/20

カンガルーが絶滅危惧種に認定される日も近いようですなぁ…

支那人を甘く見ると痛い目にあうぞ
豪州のカンガルー肉業界、中国人の食欲に期待 | ワールド | 中国 | Reuters

豪州のカンガルー肉業界、中国人の食欲に期待 | ワールド | 中国 | Reuters

2013年 11月 20日 10:20 JST

11月19日、オーストラリア産のカンガルー肉を食肉需要が増加する中国に輸出しようという動きが出ている。写真はシドニー市内のスーパーで販売されるカンガルー肉。2008年9月撮影(2013年 ロイター/Daniel Munoz)

[シドニー 19日 ロイター] -かつてはペットフードの原料と考えられていたカンガルー肉だが、中国では間もなく、高級食材として販売されるかもしれない。中国では中流階級の急増で肉の消費量が拡大しており、世界貿易機関(WTO)によると、今後8年間で食肉需要は約17%増える見通し。

オーストラリア産のカンガルー肉に対し、中国での販売許可はまだ下りていない。ただ、豪当局者の最近のコメントを受け、輸出業者の間には強気ムードが広がっている。ジョイス農相は豪放送協会(ABC)に「(カンガルー肉輸出について)中国側とさらなる協議に臨みたい。中国市場には大きな可能性があるからだ」と語った。

中国では、豚肉や牛肉、鶏肉のほか、場所によってはネコやイヌ、ネズミの肉が食卓に上ることもある。北京市内で小さな飲食店を営むWang Junさんは、カンガルー肉を是非試してみたいとコメント。「美味しければいいじゃないか」と語った。

一方、カンガルー肉を口にすることに一部で抵抗もあるようだ。北京出身の21歳の大学生は「あんなかわいい動物に箸をつけるなんてできない」と話した。

オーストラリア国内でも、カンガルー肉を食用にすることには一部で反発がある。2008年に行われた政府の調査では、国民の約2割が倫理的理由からカンガルー肉は絶対に食べないと回答していた。


かつてはペットフードの原料と考えられていたカンガルー肉だが、中国では間もなく、高級食材として販売されるかもしれない

ここまであからさまに他国人を侮蔑した文章は、久しぶりに見ました。
(え?このブログで毎日見てるけどって?w)

さすがにカンガルーは食べたことはありませんけど、蛇の肉は食べたことがあります。チキンのようで美味しかったですがねぇ…。特有の臭いがなければ特に問題なく美味しくいただけるのでは?

国民の約2割が倫理的理由からカンガルー肉は絶対に食べない

まぁ、無理に食べるようなものでもないでしょう。
他国の食文化をどうこう批判するような権利はどの国にもありませんからね。
 


↓膿犬や青豆は違い認識のようだが と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« G、本気で大竹を獲得するんでしょうか? | トップページ | 沖縄の宮古島にも慰安婦像があるってか… »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

極東愚連隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンガルーが絶滅危惧種に認定される日も近いようですなぁ…:

« G、本気で大竹を獲得するんでしょうか? | トップページ | 沖縄の宮古島にも慰安婦像があるってか… »