« 支那の食品に衛生を求めるのは世間知らずでしょう | トップページ | NHKって尖閣や竹島の日本への帰属を明確に打ち出すって言ってるようですが、ことさら打ち出すっていうことを言うということは、今までは帰属を認めていなかったのでしょうか? »

2013/10/15

ステルス機を発見するレーダーを開発する⇒ミノフスキー粒子実用化?の流れなの?

イタチごっこのような気がしますねぇ…
時事ドットコム:対ステルス機で新型レーダー=迎撃システムも-防衛省開発へ

時事ドットコム:対ステルス機で新型レーダー=迎撃システムも-防衛省開発へ

 防衛省は来年度から、レーダー探知が困難なステルス戦闘機を捕捉できる新型レーダーの開発に乗り出す。航空自衛隊は次期主力戦闘機にステルス性能を備えたF35戦闘機を選定、中国もステルス機の実用化を進めるなど次世代型戦闘機が主流となりつつあり、これに対応できるレーダーの開発が急務と判断した。

 同省は2014年度予算概算要求で、研究開発などの関連費として37億円を計上した。今後6年間は研究開発に取り組む予定で、実用化のめどが立つのは早くても10年後と想定している。

 開発するのは、車載可能で国内各地に臨機応変に展開できる移動型レーダー。当面は中国領空に近い南西諸島の沖縄県・宮古島などで既設のレーダーサイトを補完することを検討している。レーダーの高出力化などを通じ、特殊コーティングを施したステルス機の機影を捕捉する技術の実用化を目指す。

 レーダー開発と併せ、射撃管制システムの研究にも着手する。捕捉したステルス機が日本の領土や領海内を攻撃する意図を持っていると判断した場合は、レーダーの情報を基に地対空ミサイルなどで迎撃できる体制も整備したい考えだ。

 ステルス戦闘機は各国が開発を進め、中国は「殲20」に加え、小型の「殲31」の試験飛行にも成功した。ロシアもスホイT50の実戦配備に向け、開発を急いでいる。一方、探知技術は各国とも極秘事項で、開発状況は明らかにされていない。

(2013/10/12-16:01)


探知技術についての各国の開発状況は明らかにされていないのに、日本はこれから開発しますっていう報道なのね…
(´・ω・`)

これを開発するよりも、バリヤを開発したほうがいいのではないか?
波動防壁なんのてのがあるじゃないか!

詳細な科学設定書もあるようなので、ちょっと教えてもらえば開発できるはずだ!

あるいは強力な電波を発射して、相手の電子機器を破壊するような武器を開発してもいいのではないか?直径1kmくらいのエリアに照射できれば、いくらなんでもたまには引っかかって墜落するだろw
 


↓攻撃は最大の防御なり!? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 支那の食品に衛生を求めるのは世間知らずでしょう | トップページ | NHKって尖閣や竹島の日本への帰属を明確に打ち出すって言ってるようですが、ことさら打ち出すっていうことを言うということは、今までは帰属を認めていなかったのでしょうか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステルス機を発見するレーダーを開発する⇒ミノフスキー粒子実用化?の流れなの?:

« 支那の食品に衛生を求めるのは世間知らずでしょう | トップページ | NHKって尖閣や竹島の日本への帰属を明確に打ち出すって言ってるようですが、ことさら打ち出すっていうことを言うということは、今までは帰属を認めていなかったのでしょうか? »