« 屋久島の世界遺産、保護か観光か?って地元は悩んでるの? | トップページ | なんでもいいから9条を世界に広めてきなよw »

2013/10/22

【今日のお前が言うなスレ】新聞とは真実を伝える媒体なのだ!だから税金も優遇されて当然なのだ!

ということなんでしょうかねぇ?
【朝日新聞】 「『いつの日も 真実に 向き合う記事がある』を今年の標語にして新聞週間が始まった」★2

【朝日新聞】 「『いつの日も 真実に 向き合う記事がある』を今年の標語にして新聞週間が始まった」★2

★天声人語

いつの日も 真実に 向き合う記事がある」を今年の標語にして新聞週間が始まった。高らかな理念も、しかし、新聞配達という仕事なしにはありえない。日本の新聞の95%は戸別に配達され、それを全国の37万人が担っている。今日のような朝は、とりわけ頭の下がる思いがする

▼同時に、どうか無理せずにと祈りたくなる。大型の台風26号は、ちょうど新聞が届く未明から朝に本州に近づく。「苦労に報いるコラムを書いているか」と自問したくなるのはこんなときだ

▼日本新聞協会が毎年募集する「新聞配達のエッセー」を読むと、ねぎらいを寄せてくださる読者は多い。青森県の長山和寛君(15)は、3・11の翌未明に、凍(い)てつく道を歩いて届けてくれた若いお兄さんが忘れられないと書いていた

▼配達員も思いをつづる。長野県の豪雪の村で、早く起きて自宅前に道を作ってくれるおじいさんがいる。道路から離れた家々では、道端に冬用の新聞受けを出してくれる。人々の温かさで続けられている、と村山由美子さん(62)は感謝を記す

▼社会をゆさぶる調査報道も、キャンペーンも、読者に届いてこそである。バイクの音、新聞がポストに落ちる音で一日が始まる人は多い。届けるという行為の素朴さが、夜明けの匂いを連れてくる

▼今朝は多くの地域で嵐をついての配達となるだろう。その安全を願うのに自社も他紙もない。お手もとに届いた新聞は、皆さんの前で少しほっとした風情かも知れない。人の心を映すように。

asahi.com 2013年 10月 16 日(水)付
http://www.asahi.com/paper/column.html
前 ★1が立った時間 2013/10/16(水) 02:57:08.32
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1381859828/


× いつの日も 真実に 向き合う記事がある
○ いつの日も 真実に 向き合う記事があるかも?
◎ いつの日も 真実に 向き合う記事があるわけねえだろw

としか思えませんね。

配達してくれる人のご苦労はそれはわかります。自分も新聞配達のバイトをしていましたからね。ほんと、雨の日も雪の日も風の日も台風の日も大変なんです。

そも、底まで大変な思いをして配達している新聞が、反日捏造売国媚中韓新聞だったと知ったら、途中で用水路にでもぶちまけたくなるでしょうねぇ…。そうはしない配達員の方々に感謝です。

「苦労に報いるコラムを書いているか」と自問したくなるのはこんなときだ

コラムはどうでもいいとしても、記事がだめだめじゃん。
元主筆?が告白しているけど、いわゆる「従軍慰安婦」で捏造記事を書いたんでしょう?謝罪記事を掲載すべきでは?

【新聞週間2013・社説検証】歴史認識-慰安婦問題 河野談話「朝毎VS産読」鮮明に+(4/4ページ) - MSN産経ニュース

【新聞週間2013・社説検証】歴史認識-慰安婦問題 河野談話「朝毎VS産読」鮮明に+(4/4ページ) - MSN産経ニュース

2013.10.16 15:04 (4/4ページ)[歴史認識]

-- 前略 --

                ◇

 ■誤報が独り歩き

 慰安婦問題をめぐる誤解の原因は、日本の一部マスコミの誤報にもある。

 戦時中、山口県労務報国会下関支部動員部長だったという吉田清治氏の「韓国・済州島で女性をトラックで強制連行した」との“証言”を、朝日などが平成3年から4年にかけ、勇気ある告白として報じた。

 朝日は4年1月23日付夕刊の論説委員室コラム「窓」でも、「木剣を振るって若い女性を殴り、けり、トラックに詰め込む」「吉田さんらが連行した女性は、少なくみても九百五十人はいた」などと詳しく書いた。

 しかし、現代史家、秦郁彦氏の現地調査で、吉田氏の証言は嘘と判明した。

 朝日の前主筆、若宮啓文氏は先月出した著書『新聞記者』で、「力ずくの『慰安婦狩り』を実際に行ったという日本の元軍人の話を信じて、確認のとれぬまま記事にするような勇み足もあった」と書いているが、朝日自身はまだ、新聞で訂正していない。

 また、朝日と毎日は当初、慰安婦が「女子挺身(ていしん)隊」の名で集められたと繰り返し書いた。

 「挺身隊」は昭和19(1944)年8月の女子挺身勤労令に基づき、軍需工場などに動員された女子勤労挺身隊のことだ。主に女衒(ぜげん)ら民間業者が軍隊用に募集した慰安婦とは異なる。

 その後、慰安婦と挺身隊を混同した記述は、韓国の教科書や日本の教師用指導書などで独り歩きした。

 この誤報も、訂正されていない。



 ★河野洋平官房長官談話(平成5年8月)

 【朝日】8・5 戦後補償を正面の課題に

 【毎日】8・6 歴史の教訓として生かそう

 【読売】8・5 「強制性」認めた「慰安婦」調査

 【産経】8・5 すべてが「強制」だったのか

 【日経】8・5 戦争責任の総括的清算を

 ★石原信雄元官房副長官が証言(9年3月)

 【朝日】3・31 歴史から目をそらすまい

 【読売】4・13 まだ残る“日本性悪説”の呪縛

 【産経】3・14 河野氏は国会で事実語れ

 ★米下院外交委で慰安婦決議(19年6月)

 【朝日】6・28 首相は深刻さを認識せよ

 【毎日】6・28 安倍外交にも問題がある

 【読売】6・28 米議会の「誤解」の根元を絶て

 【産経】6・28 事実を示し誤解を解こう

 ★日韓首脳会談(23年12月)

 【朝日】12・19 人道的打開策を探ろう

 【毎日】12・19 原則曲げずに対応を

 【読売】12・19 慰安婦で安易な妥協は禁物だ

 【産経】12・19 「融和」外交が禍根残した

 【日経】12・19 経済主導で日韓の対立を乗り越えよう

 ★李明博・韓国大統領の竹島不法上陸(24年8月)

 【朝日】8・31 枝でなく、幹を見よう

 【毎日】8・25 頭を冷やして考えよう

 【読売】8・29 「負の遺産」の見直しは当然だ

 【産経】9・ 1 偽りの河野談話破棄せよ

 ★橋下徹・大阪市長の発言(25年5月)

 【朝日】5・15 これが政治家の発言か

 【毎日】5・15 国際社会に通用しない

 【読売】5・16 女性の尊厳踏みにじる不見識

 【産経】5・15 女性の尊厳損ね許されぬ

 【日経】5・16 橋下氏への内外の厳しい視線

 ★米グレンデール市に慰安婦像(25年7月)

 【毎日】8・4 丁寧な説明今からでも

 【読売】8・1 憂うべき米国での「反日」拡大

 【産経】8・2 官民あげ曲解正す発信を


確認のとれぬまま記事にするような勇み足もあった

勇み足?

勇み足とは - Weblio辞書

勇み足とは - Weblio辞書

-- 前略 --

(2)熱心のあまりに、言動が度を過ぎて失敗すること。


(2)熱心のあまりに、言動が度を過ぎて失敗すること。

これが若宮元主筆?のコメントに一番しっくり来ますね。

反日活動に熱心な余り、報道が度を過ぎて捏造の部分が多くなりすぎてしまい、結局失敗してしまったと。でも、数十年も国民を欺いてこれたんですから、ご本人としても本望なのではないですか?

朝日新聞は自社の記者が裁判に関わっていたような事実もありますよね?そこも非常に問題でしょう。しかも、その記者の義理の母が…ということもあり、あきらかに真っ黒に近いグレーですよね。

そういうことも一切合切洗いざらい国会の場で審議すればいいのに。証人喚問です。ことは重大ですよ?日本民族の誇りに関わる問題ですからね。
 


↓紅乃傭兵やみずぽたんもなw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 屋久島の世界遺産、保護か観光か?って地元は悩んでるの? | トップページ | なんでもいいから9条を世界に広めてきなよw »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【今日のお前が言うなスレ】新聞とは真実を伝える媒体なのだ!だから税金も優遇されて当然なのだ!:

« 屋久島の世界遺産、保護か観光か?って地元は悩んでるの? | トップページ | なんでもいいから9条を世界に広めてきなよw »