« PM2.5の問題は悪化の一途をたどっているようですね | トップページ | 屋久島の世界遺産、保護か観光か?って地元は悩んでるの? »

2013/10/21

韓国製ストーブが転倒しても消化せず、コーナン販売品が回収に…

これは酷いですね…
朝日新聞デジタル:コーナン、韓国製ストーブ自主回収 転倒後も消火せず - 経済・マネー

朝日新聞デジタル:コーナン、韓国製ストーブ自主回収 転倒後も消火せず - 経済・マネー

2013年10月18日20時26分

 経済産業省は18日、ホームセンター大手のコーナン商事(堺市)が販売した韓国製石油ストーブが、転倒しても火が消えないとして、消費生活用製品安全法の基準に違反していると発表した。コーナンは4月8日から自主回収している。

 経産省によると、問題の製品は「アルパカ TSG・1(S)」。兵庫県三田市の業者が輸入し、コーナンが2011年12月から今年3月まで全国の店舗で約2300台販売した。外部からの指摘を受けて経産省が検査をしたところ、違反が見つかった。これまでに火災などの事故は起きていないという。コーナンが回収できたのは、十数台にとどまり、経産省が使用中止を呼びかけている。問い合わせはコーナン(0120・04・1910)。


火気を使用するストーブで真っ先に装備される安全対策が、転倒したら消火されるという機能ではないの?

まさか、そんなところまで

放火大国の韓国仕様

になっているんじゃないでしょうね?

( ´ー`)y―┛~~

ということで、国内ではこれでまだ事故は発生していないようですので、発生しないうちにコーナンで石油ストーブを購入した人で

アルパカ TSG・1(S)

を使っている人はコーナン(0120・04・1910)まで電話してください。
 


↓アルパカって聞いたこと無いな と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« PM2.5の問題は悪化の一途をたどっているようですね | トップページ | 屋久島の世界遺産、保護か観光か?って地元は悩んでるの? »

ニュース」カテゴリの記事

極東愚連隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国製ストーブが転倒しても消化せず、コーナン販売品が回収に…:

« PM2.5の問題は悪化の一途をたどっているようですね | トップページ | 屋久島の世界遺産、保護か観光か?って地元は悩んでるの? »