« 在特会の京都の児童公園不法占拠?に関係する裁判で気になること | トップページ | これって本当にバッタなの?バッタモンのバッタじゃないの? »

2013/10/10

サムソンが出した新しいギャラクシー?誰が買うかなぁ…?

というか、なにか意味があるのか?
CNN.co.jp : サムスン、世界初の曲面ディスプレーのスマホを発表

CNN.co.jp : サムスン、世界初の曲面ディスプレーのスマホを発表

2013.10.10 Thu posted at 13:42 JST




曲面ディスプレーを採用した「ギャラクシー・ラウンド」=サムスン電子提供

ロンドン(CNNMoney) 韓国のサムスン電子は9日、曲面ディスプレーを採用した世界初のスマートフォン「ギャラクシー・ラウンド」を発表した。

ギャラクシー・ラウンドの画面の大きさは5.7インチ。10日から韓国で発売される。価格の詳細や、韓国以外の国での発売予定については明らかになっていない。

韓国のLGエレクトロニクスも7日、スマートフォン向けの曲げられる湾曲ディスプレーの量産開始を発表している。

両社とも以前から曲面デザインの製品開発に取り組んでおり、すでに湾曲した画面を搭載した高級テレビが発売されている。

サムスンの公式ブログによれば、ギャラクシー・ラウンドはテーブルの上に置いた状態で少し片側に傾けるだけで電源が入るという。だがこうした機能が、ターゲットとなる購買層に喜ばれるかどうかは分からない。

サムスンは9月、腕時計型の端末「ギャラクシー・ギア」を発表。当初は大きな反響を呼んだ。同社製スマートフォンと連携して通話したり電子メールを送ることができる製品だが、ハイテク製品好きな人々からはあまり受けがよくなかった。

サムスンは今年7~9月期の営業利益が過去最高の92億~96億ドル(前年同期比23%増)となる見通しだと発表している。


私の予想は、持った時の上部から下部方向にかけて内側に微妙にカーブしているというものですたが、本物は予想を裏切りましたね。

事実は想像よりも奇なり。

このカーブに何か意味があるんでしょうか?
予想をした理由は、そういうカーブなら画面が見やすくなるかも?ということだったんですが、さすがに横方向のカーブではそこまで画面までの距離に差がないので意味が薄れるのでは?

これなら、両面にディスプレイがあるこちらのほうがまだ意味があるのでは?

Mobile World Congress 2013:表は液晶、裏はE-Ink――ロシア生まれの両面ディスプレイスマホ「Yota」 - ITmedia Mobile

これはなかなかおもしろいし実用的ですよね。難点は、ケースが使えないっていうか、使うと両面の意味がなくなることくらいか?w
 


↓マジレスするなよw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 在特会の京都の児童公園不法占拠?に関係する裁判で気になること | トップページ | これって本当にバッタなの?バッタモンのバッタじゃないの? »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

極東愚連隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サムソンが出した新しいギャラクシー?誰が買うかなぁ…?:

« 在特会の京都の児童公園不法占拠?に関係する裁判で気になること | トップページ | これって本当にバッタなの?バッタモンのバッタじゃないの? »