« 韓国の慰安婦ハルモニが正直に発言したってことでOKなのか? | トップページ | 今村は本当にいいですね、たとえ最下位相手とはいえ、ほぼ完璧に抑えていましたのでね♪ »

2013/10/01

手段が目的になっているというか、色盲検査が悪いのではなくその結果で差別することが悪いのでしょう?

区別の差別をはっきりと教育しないとだめです、子供にも大人にも
小4での色覚検査、中止から10年 異常知らず進路選択…トラブルも (産経新聞) - Yahoo!ニュース

小4での色覚検査、中止から10年 異常知らず進路選択…トラブルも (産経新聞) - Yahoo!ニュース

産経新聞 10月1日(火)9時30分配信

 小学校で義務付けられていた色覚検査が廃止されて10年。色覚異常の子供の約半数が異常に気づかないまま進学・就職に臨み、中には直前で進路を断念せざるを得ないケースもあることが、日本眼科医会の調査で明らかになった。保護者の同意があれば今も色覚検査はできるが、希望調査すら実施しない学校がほとんどという。同会は「希望者が学校で検査できるようにしてほしい」と訴えている。(平沢裕子)

 ◆「差別」と撤廃

 色覚異常は主に染色体の劣性遺伝により、男性で20人に1人、女性で500人に1人の割合で現れる。色が見分けにくく、赤と緑、赤と黒、ピンクと灰色などの識別に困難を生じる。6割以上は軽い症状とはいえ、有効な治療法がなく、近視や遠視のように眼鏡での矯正もできない。

 かつて、小学4年生を対象に学校で色覚検査が行われていた。しかし、「色覚検査をすることは差別につながる」などの声が挙がり、平成14年に学校保健法を改正、検査の施行義務がなくなった。任意で検査を行う場合は保護者の同意が必要とされ、15年度以降、ほとんどの学校で検査が実施されなくなった。

 同会の宮浦徹理事は「検査義務がなくなったことを『検査はやってはいけない』と思った先生もいたようだ。検査が実施されなくなったことで教職員の色覚異常への関心が薄れたように感じる。15年以降に先生になった人では色覚異常について正しい知識を持たない人も少なからずいる」と指摘する。

 ◆進学・就職の受診で

 同会は22~23年度、全国の眼科診療所の協力を得て、色覚異常のある941人を対象に聞き取り調査を実施。学校での色覚検査が中止された以降に小学4年生になった中高生の45%が眼科受診時まで自身の異常に気づいていなかった。

 高校生では約7割が進学・就職のための受診だった。「異常を感じたことがなく、高校入学後に検査で異常が分かった。もっと早く分かっていたら進路を決めるときに違っていただろう」(工業高・電子機械科の17歳男性)、「海上の仕事に就きたいが、受験資格に色覚があった。人と見え方が違うことはうすうす気づいてはいた。就職・進学に支障があるとしたらショック」(17歳男性)など、進路がほぼ固まった後に異常を指摘され、とまどうケースも報告されている。

 また、「色の間違いをして先生に『ふざけてはだめ』と注意された」「地図の色で判断する問題が誤答だった」「黒板の赤のチョークが見にくい」など、学校現場で色覚異常の子供への対応が十分なされていない様子もうかがえた。

 同会は、学校での色覚に関するトラブルを避け、進路に対応するためにも希望者には小学校低学年と中学1、2年で検査を実施するのが望ましい、との見解をまとめた。10月にも文部科学省に申し入れる。

 宮浦理事は「自らの異常に気づかないまま、現在、大学生になっている人も少なくない。就職や実際の就業の現場でトラブルとなることも予想されるだけに、検査を受けることを勧めたい」と話している。

 ■操縦士など職業、資格で制限も

 色覚異常があっても日常生活では支障がない人がほとんどだが、安全上の理由などで「色覚が正常であること」を求められる職業がある。飛行機や船舶の操縦士▽鉄道の運転士▽消防士▽フグ調理師-などだ。

 就職時に制限がない場合でも、染み抜き作業時、シミの色が区別できない(クリーニング店)▽刺し身の鮮度が分かりにくい(飲食店)▽入所者の顔色が判別しにくい(福祉施設)-など就職してから困惑するケースも見受けられる。

 子供の色覚異常に気づかない保護者も多い。お絵描きで顔を緑色に塗る▽犬やハンバーグを緑という▽焼き肉で焼けているか聞いてから食べる▽黒板の赤いチョークを読み飛ばす-などは色覚異常の可能性があり、眼科での検査が勧められる。


てんかんに関係する協会の方々も差別につながる…ということを主張されていましたけど、しっかりと治療されていて自動車の運転に耐えうる人もいるわけですし、逆に言うと医学的に耐えられないと診断されれば運転すれば最悪死亡事故にもつながることは結果が出ています。

この色盲の方々も、検査さえしていればどういうことなのかわかるのでいいと思うのですが…。自分の健康上のことなのに分からないことがあるっていうのはおかしいでしょう。

「色覚検査をすることは差別につながる」などの声が挙がり、平成14年に学校保健法を改正、検査の施行義務がなくなった

こういうのも道徳的な教育がなくなったからという面は否定出来ないでしょうね。子供の頃から徳目について教えられていれば、そんなことで差別が広がることは少ないのでは?確かに子供なので面白おかしくはやし立てることはあるだろうし、それが放置されていれば差別にも拡大するのでしょうけど、そうなる前に教師や親が指導すればいいだけでしょう。なによりも躾が大事なことは当たり前ですし。

せっかく目指していた職業のチャレンジ目前で断念せざるを得ないなど、若者にはちょっと耐えられない負担かもしれません。未然に防ぐことができればそれに勝ることはないでしょう。

復活を是非お願いします。
それと同時に道徳関連の教育も重視してください。
 


↓そうは言っても… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 韓国の慰安婦ハルモニが正直に発言したってことでOKなのか? | トップページ | 今村は本当にいいですね、たとえ最下位相手とはいえ、ほぼ完璧に抑えていましたのでね♪ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手段が目的になっているというか、色盲検査が悪いのではなくその結果で差別することが悪いのでしょう?:

« 韓国の慰安婦ハルモニが正直に発言したってことでOKなのか? | トップページ | 今村は本当にいいですね、たとえ最下位相手とはいえ、ほぼ完璧に抑えていましたのでね♪ »