« 支那がアメリカの空母を激沈できるなど、到底思えませんけど? | トップページ | ニガーと言えるのは黒人だけ、という言葉の意味を深く理解していれば、このような訴訟は恥ずかしくてできないように感じますが… »

2013/10/27

【日本一への道】粘りのチーム総力戦で勝利!亀様の好守が光った試合で先勝!

内海も粘った!無理ゲー三人衆も粘った!今日も投打に粘って、4連勝で一気に決めに行くのか?
Yomiuri Giants Official Web Site:10月26日 対楽 天1回戦・Kスタ宮城

Yomiuri Giants Official Web Site:10月26日 対楽 天1回戦・Kスタ宮城

内海が6回無失点 完封リレーで日本シリーズ初戦飾る

 Kスタ宮城で行われた、東北楽天ゴールデンイーグルスとの日本シリーズ第1戦。ジャイアンツは五回、長野のタイムリーヒットで先制すると、八回には村田がソロホームランを放ち、楽天を突き放した。投げては先発・内海が粘り強い投球で6回無失点の好投を見せ、救援陣も無失点リレーでつなぎ、2対0で完封勝利。ジャイアンツが日本シリーズ初戦を制し、日本一連覇まで「あと3勝」とした。

 楽天の先発はルーキーの則本。ジャイアンツは高橋由を指名打者とし、橋本を「九番・中堅手」でスタメン起用した。

 ジャイアンツの先発は、CS第1戦でも先発を務めた内海。初回は三者凡退に抑え、上々の立ち上がりを見せた。

 打線は二回、初めてのチャンスを迎える。二死から坂本がヒットで出塁すると、亀井も四球で続き、二死一、二塁。しかし、続く橋本は一塁ゴロに倒れ、先制とはならなかった。

 内海は三回、二本のヒットを浴びて二死一、二塁とされ、この試合初めてのピンチを背負う。しかし、銀次を二塁ゴロに抑えて無失点。両先発の好投で、四回までは両チームともに無得点が続いた。

 試合が動いたのは五回。先頭の坂本が相手の失策で出塁すると、続く亀井が左中間に二塁打を放ち、無死二、三塁と大きなチャンスをつかむ。橋本は内野ゴロに倒れたが、一死一、三塁の場面で長野が右翼にタイムリーヒットを放ち、ジャイアンツが1点を先制。さらに二死満塁と、則本を攻め立てたが、村田が空振り三振に倒れ、追加点は奪えなかった。

 リードをもらった内海はその裏、先頭の松井に内野安打を許す。続く嶋にも遊撃内野安打を許すが、坂本が一塁に送球する間に、一気に三塁を狙った松井が、ロペスの素早い送球に阻まれタッチアウト。バックの好プレーにも助けられ、内海はこの回も無失点で切り抜ける。

 一方、追加点を奪いたい打線だが、六回、七回はともに三者凡退に抑えられて無得点。則本の力投も続き、1対0のまま試合は終盤へと突入する。

 七回裏、ジャイアンツベンチが動く。ここまで無失点に抑えてきた内海に代え、マシソンをマウンドに送った。二つの四球で二死一、二塁とされたが、最後は威力のある直球で藤田を空振り三振に抑えて切り抜けた。

 直後の八回、力投を続けていた則本から、村田が右翼スタンドにソロホームランを放ち、貴重な追加点をあげる。

 その裏、3番手の山口が登板。二死から連打を浴び、二死一、二塁のピンチを背負う。ここで松井は左翼フェンス際への大飛球を放ったが、このボールを亀井がフェンスにぶつかりながらダイレクトキャッチ。亀井のビッグプレーで、チームは窮地を脱した。

 九回のマウンドには西村が上がる。二死一、三塁とピンチを背負ったが、最後は銀次を二塁ゴロに抑え、2対0で試合終了。ジャイアンツが日本シリーズ初戦を白星で飾った。安打数では楽天の9安打に対し、4安打と抑えられたが、効果的に得点につなげて試合を制した。


こちらは4安打、むこうは9安打。それで勝ってしまうという、なんというか勝ちに不思議の勝ちあり!というか、試合巧者というか、風格さえ感じられるような勝ちでしたよね。

TVで3回裏くらいから観てましたけど、押していたのは楽天のほうでしたね。ちょこちょこヒットも出ていたし…。でも、亀井のツーベースでできたチャンスに、長野様がライト前タイムリーで先制。長野様のいい笑顔が弾けました。

なんとか粘っているうちに、今度は男村田のライトスタンドホームラン!今日の田尾さんも言ってましたが、アウトコースしか投げてこないと読みきっている打者に正直にアウトコースを投げてしまったと…。そう見えましたが、でも、だからといって他の選択肢を選択できたか?という問題も…。結局、打ったほうが上手(うわて)だったということでしょう。紙一重。則本投手はよく投げたと思いますよ、ほんと。

あとは、何と言っても亀井選手の守備ですね。レフト前に落ちそうな打球を守備位置もよく捕球したものもありましたが、松井選手の飛球でしょう!打たれた瞬間は

ぎゃ、逆転スリーラン???

というくらいの当たりでしたが、亀井がジャンプ一番!!!ぎりぎりで捕球!!!肝が冷えるとはこのことでしたねぇ…。

まぁ、肝を冷やしたという意味では最終回のピンチもそうでしたがw ま、フランケンはあんな感じで結局抑えてしまうってのが持ち味(なのか?w)ですからね。ま、エラーもあったし。

( ´ー`)y―┛~~

ということで、今日は1年の総決算というくらいの気合で田中様を撃破しましょう♪
 


↓ってか、寒いのになんで18:30試合開始なの? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 支那がアメリカの空母を激沈できるなど、到底思えませんけど? | トップページ | ニガーと言えるのは黒人だけ、という言葉の意味を深く理解していれば、このような訴訟は恥ずかしくてできないように感じますが… »

ジャイアンツ2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【日本一への道】粘りのチーム総力戦で勝利!亀様の好守が光った試合で先勝!:

« 支那がアメリカの空母を激沈できるなど、到底思えませんけど? | トップページ | ニガーと言えるのは黒人だけ、という言葉の意味を深く理解していれば、このような訴訟は恥ずかしくてできないように感じますが… »