« GoProっていう、ニッチなビデオカメラがバカ売れ?しているそうな | トップページ | 支那の食品に衛生を求めるのは世間知らずでしょう »

2013/10/15

保守主義とはなにか?

ドラッカー氏が保守主義とは何かを書いていたとは知りませんでした…
ドラッカーの言う「改革の原理としての保守主義」とは何か|3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言|ダイヤモンド・オンライン

ドラッカーの言う「改革の原理としての保守主義」とは何か|3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言|ダイヤモンド・オンライン

【第355回】 2013年10月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
上田惇生

「保守主義とは、明日のために、すでに存在するものを基盤とし、すでに知られている方法を使い、自由で機能する社会をもつための必要条件に反しないかたちで具体的な問題を解決していくという原理である。これ以外の原理では、すべて目を覆う結果をもたらすこと必定である」(ドラッカー名著集(10)『産業人の未来』)

 改革のためのドラッカーの方法論は、“保守主義”である。しかし、昔がよいとして昔を懐かしみ、昔に戻せという思想ではない。

 英語では、コンサーバティズムである。しかし、この英語にも、昔に戻せ、という保守反動的なニュアンスがある。そこで、“活力ある保守主義”という言い方がされたりする。ドラッカーも、これには困り、あるときは“正統保守主義”と言い、あるときは米国と英国の“伝統としての保守主義”という言い方をする。

 それは、第1に、過去のためのものではない。正統保守主義とは、「明日のため」のものである。あくまでも未来志向のものである。

 正統保守主義とは、第2に、なんらかの青写真に沿って社会を形成しようとするものではない。なんらかの万能薬を服さしめようとするものでもない。

 それは、ケース・バイ・ケースで問題を解いていこうとするものである。医学にしても、万能薬を求めているあいだは進歩しなかった。風邪には風邪、腹痛には腹痛の治療を求めてから急速な進歩が見られた。したがって、それは、「具体的な問題を解決していくものである」。

 正統保守主義とは、第3に、手持ちの道具、役に立つことが実証ずみの道具を使って問題を解こうとするものである。理想的な道具を新たに発明しようとしても無理である。「それは、既に存在するものを基盤とし、既に知られているものを使うものである」。

 かくしてドラッカーは、改革のための原理は、保守主義たるべしとする。

「第一に、過去は復活しえないことを認識することが必要である。第二に、青写真と万能薬をあきらめ、目前の問題に対する有効な解決策をみつけるという、控え目で地味な仕事に満足することを知ることが必要である。第三に、使えるものは既に手にしているものだけであることを知ることが必要である」(『産業人の未来』)


以前、このような本を読みました。蔵書の奥で眠っていると思います(汗

今となっては何が書かれていたかは忘れてしまいましたが(汗、勝手な言い分を書いてしまえば、保守とは

■大事なものを守りつつ、常に革新していく

という考え方ではないかと思っています。

革新=世の中をより良くしていこうとする活動だと定義して、そのために必要なものはどんどん変えていく、よいと思われるものはどんどん取り入れていく。
ただし、何でもかんでも野放図に変えていくということではなく、そこはその国=我々にとって一番大事なものはしっかりと守った上で、という話。

ようは、これまでの民族の歴史から生まれている文化その他をしっかりと保持し、それの上にさらに発展していくために、必要なことをどんどん進めるという、そんな感じです。昔の日本では、支那から政治体制や税の仕組み、漢字など役に立つものは取り入れましたけど、科挙など不要なものは取り入れませんでした。そういうことです。

戦後、どんどん大事なものが失われてしまったように感じる日本、詐欺師政権でその大事なものが風前の灯火になっていた日本。右傾化でもなんでもなく、その大事なものを取り戻すことがぜひとも必要でしょう。

そういう意味においても、安倍首相の「日本を取り戻す」というスローガンはわかりやすかったと思いますが、ただ、「取り戻す」という動詞には「どこから」という内容も必要です。

個人的には、それは「日本国憲法の呪縛」ではないかと感じます。

戦後日本のこの凋落を見事に示しているのが、日本国憲法の前文であり、GHQが植えつけたWGIPであり、その後日本で各所にはびこった左翼なのだと考えます。

最近はネットの力もあり、昔から言われている嘘がバレてきています。与党が多数を占める国会という情勢もあります(ただ、公明党とは手を切る必要がありますが…)。

教育の改革=自虐史観教育の撤廃、事実に基づいた歴史教育、および道徳関連の教育の復活。

道徳関連の教育には、是非この本に書かれているような、日本を、父母を、祖父祖母を誇らしげに感じられるような内容の教育もお願いしたいと思います。

自民党の党是でもある、自主憲法の制定。
是非そこに至る道筋を安倍首相の間に見せて欲しい。

切なる願いです。
そのためには、保守大合流です。

国益を守る志士の合流なくして、日本を取り戻すことは難しいと思います。自民党にも左翼はいます。民主党にも保守系の議員も少ないけどいるでしょう。維新にもです。

そういうところの保守勢力が、それぞれ「小異を捨てて大同につく」という意識を持って合流してくれれば。

切なる願いです。
 


↓痛々しい状況だが… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« GoProっていう、ニッチなビデオカメラがバカ売れ?しているそうな | トップページ | 支那の食品に衛生を求めるのは世間知らずでしょう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保守主義とはなにか?:

« GoProっていう、ニッチなビデオカメラがバカ売れ?しているそうな | トップページ | 支那の食品に衛生を求めるのは世間知らずでしょう »