« アパホテルって、部屋の稼働率が100%を超えているそうです | トップページ | 【日本シリーズへの道】初戦は接戦だったものの、勝ちに不思議の勝ちあり!で押し切って、あと2勝! »

2013/10/16

ついに支那の猛毒食品が裁判で争われることになりそうです!

おら、ワクワクするぞ♪
イオン、文芸春秋を提訴 (時事通信) - Yahoo!ニュース

イオン、文芸春秋を提訴 (時事通信) - Yahoo!ニュース

時事通信 10月16日(水)17時1分配信

 イオンは16日、産地偽装米をめぐる「週刊文春」の報道で名誉が毀損(きそん)されたとして、出版元である文芸春秋に1億6500万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたと発表した。イオンは「週刊文春」誌上での謝罪広告の掲載や、該当記事の文芸春秋ホームページからの削除も求めている。

 文春(10月17日号)が「『中国猛毒米』偽装 イオンの大罪を暴く」との見出しの記事を掲載したのに対し、イオンは「事実と異なる記述が多く、顧客の不安をいたずらに助長する報道だ」として、店舗の売り場から文春を撤去していた。

 週刊文春編集部の話 記事には絶対の自信を持っている。


それが事実かどうかがまず争われますよね?
で、そのことによって実際にイオンの名誉が毀損されたかどうかが争点になりますね。

ということで、まず猛毒米が本当かどうか。そこがはっきりするのですよね?

慶祝♪

まってました。司法の場で支那食品がとんでもないものかどうか、はっきりするなんてねぇ…。しかも、イオンと文芸春秋っていうんですから、双方業界の大物です。これは注目したいですね♪




いろいろ目を引く見出しが踊っていますね。
名誉毀損なので、本当のことであってもこれによって名誉が毀損されたと認定されればイオン側の勝利になります。そこがいまいち名誉毀損のわかりにくいところなんですが…。

でもまぁ、それが本当のことと認定されてしまえば、イオンで食品を買う人は減るんでしょうねぇ…。たとえ、イオンに落ち度がなく、納入業者が一方的に悪かったとしても、減るんでしょうねぇ。食品だけはねぇ…。

そういえば納入業者って速攻で倒産していませんでしたか?

【イオン偽装米】「三瀧商事」が”倒産”で逃亡


大手流通「イオン」のお弁当やおにぎりなどに「国産米使用」と表記しながら、実際には「中国米」が多量に入っていたことが発覚。
混入時期は昨年12月から今年9月までで、規模は西日本を中心に2府21県におよぶ

この業者は愛知、岐阜、三重、滋賀、大阪の5府県の67業者(業者名は明かさず)に偽装したコメを卸していたこと、安価な品質の低い加工用米を袋詰めし、「新潟魚沼産コシヒカリ」などの高級ブランド米の名前を偽り、この3年間で仕入れた加工米845トンの大半がこのように偽装されて流通していたとみられる

上記のようなことを6年間もしていたと。そういう会社が速攻で倒産したと。

読売にも掲載されているようです
コメ偽装三瀧商事解散 : 中部発 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

コメ偽装三瀧商事解散 : 中部発 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

農水省や三重県に伝えず

 コメ偽装問題で農林水産省と三重県から是正措置を勧告された三重県四日市市の米穀販売会社「三瀧(みたき)商事」とグループ会社「ミタキライス」は11日、会社を10日付で解散し、清算手続きに入ることを決めたと発表した。三瀧商事は同日夕、報道各社に解散決定の文書を流すとともに、従業員にも説明した。

 解散理由について、同社は「食品への信頼性を揺るがせる重大な事態を引き起こしてしまったことを重く受け止めた」と説明し、今後は行政の指示、勧告などに従って清算業務を遂行するとしている。

 同社の北村専之(せんじ)管理次長によると、10日の株主総会では全会一致で解散を決定。服部洋子社長は「お客に対してこれ以上迷惑はかけられない。責任を取るため解散という形でけじめを取らせてもらう」と話したという。北村次長は記者団に「お客様に迷惑をかけて申し訳ない。現在取引している会社には支払いを行い、必要なものは納品していく」と話した。

 突然の解散表明は、農水省や三重県にも伝えられていなかった。同省東海農政局は三瀧商事に是正措置を11月5日までに報告するよう求めていたが、解散で事実関係がうやむやになる恐れがあり、同局幹部は「農水省としてどう対応するか現時点で決まっていない。(突然の解散は)違和感のある対応と言わざるを得ない」と語った。

 県の担当職員は「会社の判断だが、早い対応で驚いた。すぐに清算されないので、粛々と改善報告書の提出を求めていきたい」と話していた。

(2013年10月12日 読売新聞)


手際がいいというかなんというか。
普通は粛々と対応を進めた上で、最後に清算=会社をたたむという手順になるんじゃないのでしょうかね。

( ´ー`)y―┛~~

こういう事件に関わった会社の責任者(経営幹部クラス)については、今後食品関連の業界で働けないようにしてほしいものですねぇ。
 


↓ブラックリストか? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« アパホテルって、部屋の稼働率が100%を超えているそうです | トップページ | 【日本シリーズへの道】初戦は接戦だったものの、勝ちに不思議の勝ちあり!で押し切って、あと2勝! »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

極東愚連隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついに支那の猛毒食品が裁判で争われることになりそうです!:

« アパホテルって、部屋の稼働率が100%を超えているそうです | トップページ | 【日本シリーズへの道】初戦は接戦だったものの、勝ちに不思議の勝ちあり!で押し切って、あと2勝! »