« 韓国では外資系のスーパーには出店規制その他がないようですが… | トップページ | まぁ、優しそうな人が実は大悪党、なんていうことは普通にありますから… »

2013/10/13

バラン星が発見されたようですw

浮遊惑星って聞くとどうしてもそういう反応になってしまうのは、つい最近まで「宇宙戦艦ヤマト2199」を観ていたからでしょうか?

CNN.co.jp : 80光年先に孤独に浮かぶ浮遊惑星を発見 - (1/2)

CNN.co.jp : 80光年先に孤独に浮かぶ浮遊惑星を発見 - (1/2)

2013.10.11 Fri posted at 16:26 JST

(CNN) 地球からわずか80光年の距離に、宇宙を孤独に漂う「浮遊惑星」が発見された。

この浮遊惑星は「PSO J318.5-22」と名付けられ、惑星の周りを公転するのではなく孤独に浮かんでいる。誕生してまだ1200万年と幼く、若い恒星の周りを回る巨大ガス惑星と似た性質をもっているという。

この浮遊惑星を発見した国際研究チームを率いるハワイ大学マノア校天文研究所のマイケル・リュー氏は、「こんなふうに宇宙を自由に漂っているものは初めて見た」と述べる。

「他の恒星の周囲を回っている若い惑星とまったく同じ性質を備えているが、この星は軌道をそれてひとり漂っている」とリュー氏は語る。

この10年間に多数の太陽系外の惑星が発見されたが、その多くは主星のふらつきや減光を手がかりに間接的に観測されたもので、直接撮像で観測できるものは少ない。

共同研究を行ったマックス・プランク天文学研究所(ドイツ)のニール・ディーコン氏は、「通常、直接撮像で発見された惑星の観測は非常に難しい。というのも、はるかに明るい主星のすぐ近くにいるからだ。しかし、PSO J318.5-22は恒星の周りを回っていないため、研究ははるかに容易だろう」と述べる。

この惑星の質量は木星のたった6倍。褐色わい星と呼ばれる天体を探していて見つかった。通常の褐色わい星よりも赤い光を発していたため、別の望遠鏡を使って赤外線で観測したところ、惑星であることが明らかになったという。

ディーコン氏は、「誕生間もない時期の木星型のガス巨大惑星の内部の働きについて、すばらしい知見が得られるはずだ」と述べた。


なんでもいいけど、浮遊しているということはひとつの場所に留まっておらずに漂っているということなので、80光年という近さであればもしかして太陽系に来てどれかの惑星に衝突するなんて可能性もあるんでしょうね。

この惑星の質量は木星のたった6倍

たった6倍?

太陽系 - Wikipedia

太陽系 - Wikipedia

-- 前略 --

名前 直径 (km) 質量 (kg) 軌道傾斜角(度) 離心率[1] 軌道長半径(au)(1)[1] 表面重力
(m/s2) 公転周期(年) 自転周期(日) 衛星(個)

3 地球 12,756.3 5.974×1024 0.00005 0.01671123 1.00000261 9.78 1.000 0.997271 1
4 火星 6,794.4 6.419×1023 1.85061 0.09339410 1.52371034 3.71 1.881 1.02595 2
5 木星 142,984 1.899×1027 1.30530 0.04838624 5.20288700 24.79 11.86 0.4135 63(4)

-- 後略 --


直径で地球の12倍程度ある木星さんの6倍?6倍が何が6倍なのかって書いてないけど、まぁ普通は直径か質量でしょう…。

もう、太陽さんの舎弟くらいの地位に踊り出ますやんw

そんなのが太陽系の近くに来たら、もしかしたら太陽系崩壊=一家離散、なんてことになりませんかねぇ?ちょっと心配…。
 


↓数世紀先ではないか? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 韓国では外資系のスーパーには出店規制その他がないようですが… | トップページ | まぁ、優しそうな人が実は大悪党、なんていうことは普通にありますから… »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バラン星が発見されたようですw:

« 韓国では外資系のスーパーには出店規制その他がないようですが… | トップページ | まぁ、優しそうな人が実は大悪党、なんていうことは普通にありますから… »