« MapFanの地図アプリが激安?だったので買ってみました | トップページ | 鶴橋では、常連に常連客の肉を出すことがあるのか? »

2013/10/15

連ドラ 2013年秋の作品について一言

3つの作品を観てみましたので、感想などを。

まずはこちら!
<海の上の診療所>月9初回視聴率15.6% 松田翔太が三枚目キャラに挑戦 (まんたんウェブ) - Yahoo!ニュース

<海の上の診療所>月9初回視聴率15.6% 松田翔太が三枚目キャラに挑戦 (まんたんウェブ) - Yahoo!ニュース

まんたんウェブ 10月15日(火)10時2分配信

 俳優の松田翔太さんが三枚目キャラに挑戦し、主演を務める月9ドラマ「海の上の診療所」(フジテレビ系)の初回が14日に15分拡大版で放送され、平均視聴率は15.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

【写真特集】新月9ドラマ第1話の名場面

 ドラマは実在する瀬戸内海の巡回診療船「済生丸」をモチーフに、船上で共同生活をしながら離島を巡る医師や看護師の姿を描くヒューマンラブストーリー。松田さん演じる女性にほれっぽい医師・瀬崎航太が訪れた島々でマドンナに恋をし、さまざまな人々を巻き込んだドタバタ劇の果てにフラれてしまう物語。武井咲さん、藤原紀香さん、福士蒼汰さん、寺島進さん、お笑いコンビ「デニス」の植野行雄さんらも出演している。

 第1話は、瀬戸内海を巡る病院船「海診丸」に乗り込んだ航太(松田さん)は千登勢島を訪れ、墓石の前で涙を流していた美しい女性・村上美月(加藤あいさん)に出会い、心を奪われる。美月はこの島で造船業を営む道則(片岡鶴太郎さん)の娘で、廃業して家を売ろうとしている道則と、亡き母の思い出が残る家を守りたいという理由で衝突していた。そのことを知った航太は、美月と結婚して道則の後を継ごうと決意する……いう展開だった。(毎日新聞デジタル)


あまり期待していなかったものの、流れで観ました。
感想は、「Dr.コトー診療所+男はつらいよ」という印象です。航太の行動が唐突過ぎてついていけないんですが、予想もできるのでなんだかなぁ…と感じた次第。キャストもイマイチで、藤原紀香と福士蒼汰がダンスを踊りだした際には、「ドンキホーテ」を思い出しましたよw

次は…。
観なくてもいいかなw

で、次の作品です!
<クロコーチ>初回視聴率12.0% 長瀬智也が悪徳刑事役 相棒は剛力 (まんたんウェブ) - Yahoo!ニュース

<クロコーチ>初回視聴率12.0% 長瀬智也が悪徳刑事役 相棒は剛力 (まんたんウェブ) - Yahoo!ニュース

まんたんウェブ 10月15日(火)10時8分配信

 人気グループ「TOKIO」の長瀬智也さんが主演を務める連続ドラマ「クロコーチ」(TBS系)の初回が11日、85分スペシャルで放送され、平均視聴率は12.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

【写真特集】「クロコーチ」第1話の場面写真

 ドラマは、リチャード・ウーさん原作、コウノコウジさん作画のマンガが原作。政治家の弱みを握り、ゆすり続ける長瀬さん演じる悪徳警官・黒河内圭太が、剛力彩芽さん演じる優秀な新人刑事の清家(せいけ)真代とコンビを組み、不正に得た情報を手がかりに、未解決の凶悪事件を解決し、昭和の未解決事件「3億円事件」に迫る。

 第1話は、県警の捜査1課に赴任した清家真代(剛力さん)が、県会議員・郷田 (石丸謙二郎さん)の愛人のマンションで起きた殺人事件を担当することになり、「県警の怪物」と恐れられる捜査2課の警部補・黒河内圭太(長瀬さん)と、コンビを組むことになる……という展開だった。第2話以降は、毎週金曜午後10時~同54分に放送予定。(毎日新聞デジタル)


これ!この作品は面白かったです!
剛力さんの演技は無視するとして、ストーリーが面白い!
ちーーーっと「せーーーかーい」がうざいなとも感じましたが(汗、次がどうなるのか楽しみな作品ですね。コミックが原作になっているドラマですが、最近こんなのが多いような気も…。

最後は倍返しされる予定(汗 のキムタクドラマです!
「安堂ロイド」が初回視聴率19.2% 「半沢直樹」の後番組 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

「安堂ロイド」が初回視聴率19.2% 「半沢直樹」の後番組 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

産経新聞 10月15日(火)10時44分配信

 13日に始まった木村拓哉主演のTBS系ドラマ「安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~」(日曜午後9時)の初回視聴率は関東地区で19.2%、関西地区で16.9%だったことが15日、ビデオリサーチの調べで分かった。関東地区の瞬間最高は21.5%で、終盤近くの午後9時51分だった。

 最終回で今世紀のドラマ史上最高となる平均視聴率42.2%(関東地区)を記録した「半沢直樹」の後番組として注目されていた。「半沢直樹」の初回視聴率19.4%(同)には届かなかったものの、好調な滑り出しとなった。

 「安堂ロイド」は時空を超えたラブストーリー。木村が天才物理学者と、100年先の未来から現代に送り込まれたアンドロイドの1人2役を演じている。


これ、様々な映画その他から影響を受けているようなシーンがありましたねぇ。興ざめとまでは行きませんでしたけど、もちっとオリジナルなところで進めればいいのになぁと感じたり。あと、話が日曜日午後9時のドラマにしてはぶっ飛びすぎていて、視聴者がついていけないんじゃないか?と感じてしまいました。
それなりにストーリーは面白いんですけどね…。

気になるのは、クライアントから婚約者が死ぬことは禁止されているはずなのに、なぜ射殺を申請したら許可されたのか。そこがさっぱりわかりませんなw それと、冒頭でネット将棋をしているのに、キムタクはどうやって操作していたのか、そこもわかりませんでしたなw まさか音声認識で操作していたのではありますまい…。

( ´ー`)y―┛~~

ということで、「海の上の診療所」以外は見続けることになりそうです♪
 


↓チョ、マテヨ? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« MapFanの地図アプリが激安?だったので買ってみました | トップページ | 鶴橋では、常連に常連客の肉を出すことがあるのか? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連ドラ 2013年秋の作品について一言:

« MapFanの地図アプリが激安?だったので買ってみました | トップページ | 鶴橋では、常連に常連客の肉を出すことがあるのか? »