« もしかして、芸名とかと通名を混同しているとか? | トップページ | 3年3ヶ月あったということは、すなわち最低でも2回くらいは予算編成する機会があったということでしょう? »

2013/10/23

いやー、コストの問題でもないし、そもそも領空侵犯が頻発してるからその1/100くらいで無人機を撃墜すればいいんでしょ?

コストなど問題ではありませんなw
Abe approves plan to shoot down drones: Kyodo News|Politics|News|WantChinaTimes.com

Abe approves plan to shoot down drones: Kyodo News|Politics|News|WantChinaTimes.com

Staff Reporter
2013-10-22
15:09 (GMT+8)

Japan's prime minister, Shinzo Abe, has given his approval to a plan that will allow the fighters of the Japan Air Self-Defense Force to engage unmanned aerial vehicles intruding into the country's airspace, reports the Tokyo-based Kyodo News, citing government sources.

The report indicated that a Chinese drone was detected over the airspace near the disputed Diaoyu (Diaoyutai or Senkaku) islands in September. After receiving details of the incident from Japan's defense minister Itsunori Onodera, Abe agreed that Japanese fighters should be given the right to defend the air defense identification zone of Japan from foreign unmanned aerial vehicles, the source said.

However, Huang Dong, a military analyst from Macau, told China's state-run Global Times that it may not be a smart idea for Japan to attack Chinese drones. Without a proper air defense system, the Japan Coast Guard are in fact unable to shoot down intruding drones, Huang said, adding that the deployment of fighters will also be too costly for Japan because Chinese drones are too many and too cheap to be stopped.

Huang said that unmanned aerial vehicles are not governed under international law and any military action against Chinese drones can be interpreted by Beijing as an act of war. Meanwhile, Zhou Yongsheng, a professor from Beijing's China Foreign Affairs University, said that many of Japan's air defense identification zones are drawn up by Tokyo and not formally recognized by Beijing.

The Diaoyu islands are controlled by Japan, which refers to them as Senkaku, and also claimed by Taiwan, where they are known as Diaoyutai.

References:

Huang Dong  黃東

Zhong Yongsheng  周永生


ということで英文はよくわかりませんけど、

Huang said, adding that the deployment of fighters will also be too costly for Japan because Chinese drones are too many and too cheap to be stopped.

数が多くても危機が迫ったら撃墜ですし、コストの問題ではありませんね。

( ´ー`)y―┛~~

でも、さすがこういう思考になるのが支那なんですよねぇ。

古い笑い話で支那とアメリカが戦争になって、アメリカが連戦連勝で支那兵の捕虜がどんどん増えてしまう。そこで支那の書記長がアメリカ大統領に電話をする。

「どうだ、参ったか」

そういやぁ、最近戦略爆撃機の数が多いぞ!巡航ミサイルが雨あられのように飛んで行くぞ!なんていう脅しもありましたよねー。

結局支那軍ってのは数に頼るしか無いんでしょうかね?三国志の時代と余り変わりませんね。まぁ、核兵器を持っているのは物凄いことですが、使えない武器ですしねぇ。
 


↓で、次領空侵犯するのはいつなのかな♪ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« もしかして、芸名とかと通名を混同しているとか? | トップページ | 3年3ヶ月あったということは、すなわち最低でも2回くらいは予算編成する機会があったということでしょう? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

極東愚連隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いやー、コストの問題でもないし、そもそも領空侵犯が頻発してるからその1/100くらいで無人機を撃墜すればいいんでしょ?:

« もしかして、芸名とかと通名を混同しているとか? | トップページ | 3年3ヶ月あったということは、すなわち最低でも2回くらいは予算編成する機会があったということでしょう? »