« ドアラの次期監督候補に落合氏が浮上? | トップページ | 東京五輪を前に、電線を地中化する方向で議論されているそうです »

2013/09/30

邪馬台国論争っていつまで続くんでしょうね?

確かに、結論が出ないほうがロマンが続いていいね!って気もしますけど♪
邪馬台国はどこに 研究者ら持論展開/佐賀新聞ニュース/The Saga Shimbun :佐賀のニュース

邪馬台国はどこに 研究者ら持論展開/佐賀新聞ニュース/The Saga Shimbun :佐賀のニュース

 吉野ケ里歴史公園の特別企画展「よみがえる邪馬台国 倭人伝の道」に合わせた特別フォーラムが29日、同公園で開かれた。畿内説、九州説を唱える研究者がそれぞれ登壇し、魏志倭人伝の研究、遺跡の発掘成果を踏まえた持論を展開した。

 西谷正・九州大学名誉教授は「九州説をとった場合、吉野ケ里が最も有力だが、畿内説を考えた場合、吉野ケ里は弥奴(みな)国と考えられる」と指摘し、日本書紀の記述や三根に近く、その地名の類似性などを基に持論を展開。「纒向(まきむく)遺跡(奈良県)が(邪馬台国の)国邑(こくゆう)(都)として浮かび上がる」と強調した。

 高島忠平・旭学園理事長は、纒向遺跡で発掘された馬具の木製鐙(あぶみ)に注目。中国や朝鮮半島でも4世紀末にかけてに見つかっていることを挙げて「纒向遺跡は4世紀中頃とみる」として邪馬台国より後の時代であることを強調した。

 この後、2人を交えた鼎談(ていだん)もあり、「倭人、海峡を渡る」をテーマに魏志倭人伝の世界に迫った。
2013年09月30日更新


個人的には九州だっただろうと思っています。
それは、この本を読んだから  m9っ`Д´)

昔の一里と今の一里の距離の違いってところでまず「へー、そうなの?」となって一気に読みました。すべて理詰めで書かれているので、逆に非常にわかりやすい内容です。

あと、邪馬台国は「ヤマタイコク」って読まれていますけど、台を「タイ」と読む根拠はなんでしょうか?音は移ろいやすいものですので、タイと読んでいたとは限りませんよね。まぁ、それを言うと邪馬も「ヤマ」じゃない可能性もあるんですが(汗

ってことで、台をタイではなく、トと読めば「ヤマトコク」になりますので、魏志倭人伝の昔から日本はヤマトと認識されていたことになりますね。そういうのも含め、

ロマン

ですなぁ♪
 


↓ロマンで飯が食えるか! と感じたお疲れの人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« ドアラの次期監督候補に落合氏が浮上? | トップページ | 東京五輪を前に、電線を地中化する方向で議論されているそうです »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 邪馬台国論争っていつまで続くんでしょうね?:

« ドアラの次期監督候補に落合氏が浮上? | トップページ | 東京五輪を前に、電線を地中化する方向で議論されているそうです »