« なんでこう、参戦した日の菅野は超絶不調なんでしょうねぇ? | トップページ | これはさすがにアカン警察じゃないか? »

2013/08/18

ゲリラ豪雨や大雨洪水のニュースが続いたと思えば、桜島が噴火?

噴煙って噴火じゃないの?
桜島で爆発的噴火 噴煙5000mに NHKニュース

桜島で爆発的噴火 噴煙5000mに NHKニュース

8月18日 18時24分

鹿児島市の桜島の昭和火口で、18日夕方、爆発的な噴火が起きて、噴煙が高さ5000メートルまで上がり、大量の火山灰が市街地に降りました。
桜島の昭和火口で、高さ5000メートルの噴煙が確認されたのは気象台が観測を始めてからは初めてで、気象台は火山灰に注意するよう呼びかけています。

鹿児島地方気象台の観測によりますと、桜島の昭和火口で、18日午後4時31分、爆発的な噴火が発生し、大きな噴石が山の3合目まで飛んだほか、噴煙が火口から5000メートルの高さにまで上がりました。
また、噴火に伴って、小規模な火砕流が火口の南東およそ1キロまで流れ下ったのが確認されました。
火山灰は北西の方向に流れて、午後5時前には鹿児島市の中心部付近で降り始めました。
市内は薄暗くなり、ライトをつけた車が火山灰を巻き上げながら走っていました。
気象台は降灰予報を出して、交通機関への影響や農作物の管理などに注意を呼びかけています。
桜島の昭和火口で高さ5000メートルの噴煙が確認されたのは、気象台が昭和30年に観測を始めてから初めてだということです。
桜島は、ここ数年、活発な活動が続き、今回の噴火で、ことしの桜島の爆発回数は500回に達しました。
気象台によりますと、これまでのところ、大規模な噴火が起きる兆候は見られないということです。
ただ、地下深くにある「マグマだまり」にはマグマの供給が続いているとみられ、気象台は今後も火山活動に注意するよう呼びかけています。

視界悪い状態続く

大量に降った火山灰の影響で、鹿児島市内は薄暗くなり、視界が悪い状態が続いています。
NHK鹿児島放送局の周辺では、多くの人が、マスクをしたり、ハンカチを口に当てたりして、灰を吸い込まないようにしていました。
大阪から仕事で来ていた女性は「びっくりしています。目も開けられないです」と話していました。
また、地元の女性も「急に暗くなって驚きました。口の中にも灰が入って、じゃりじゃりして不快です」と話していました。

「今後の活動に注意を」

京都大学防災研究所の井口正人教授は「噴煙の高さだけを見れば火砕流を伴った平成21年4月に起きた爆発的な噴火と同じ規模で、昭和火口の噴火としては最大級となっている。今すぐに大正大噴火のような大規模な噴火をする兆候は見られないものの、桜島の地下ではマグマの供給が続いていて地面の膨張が続いているため、今後の火山活動について注意が必要だ」と話しています。


動画がないので…。
某巨大掲示板のレスから転載します




上記の画像はやばいです。っていうか、噴煙とか見たこと無い私などから見れば、この世の終わりとも感じてしまいます。でも逆に風向きがそれていればなんともないのかも…。

なにやら不気味な気もしますが…。
 


↓改めて「凄いところに国があるなぁ」と感じざるを得ません と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« なんでこう、参戦した日の菅野は超絶不調なんでしょうねぇ? | トップページ | これはさすがにアカン警察じゃないか? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲリラ豪雨や大雨洪水のニュースが続いたと思えば、桜島が噴火?:

« なんでこう、参戦した日の菅野は超絶不調なんでしょうねぇ? | トップページ | これはさすがにアカン警察じゃないか? »