« ないものは学びようがないし、そもそも日教組がないことないこと教えてるんじゃないの? | トップページ | 神宮には魔物が棲んでいる、のであろうか? »

2013/08/21

先発投手、中継ぎ陣も含め、投手陣に粘りがなかった試合でした…

特に中継ぎの二人、2回投げて2失点って役に立ってないやろ ヽ(`Д´)ノプンプン
Yomiuri Giants Official Web Site:8月21日 対ヤクルト15回戦・神 宮

Yomiuri Giants Official Web Site:8月21日 対ヤクルト15回戦・神 宮

一発攻勢に泣く 中盤に反撃も及ばず

 神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとの15回戦。先発の宮國は2本のホームランなどで4点を失い、四回途中で降板。リリーフ陣も小刻みに失点し、リードを広げられた。打線は中盤に得点を重ね、四回と五回で3点を奪ったが、六回以降はヤクルトのリリーフ陣の前に得点を奪えず、3対6で敗れた。

 ジャイアンツの先発は宮國。その宮國は一回、二死一塁の場面から、4番・バレンティンに先制の2ランホームランを打たれ、試合は序盤からジャイアンツが2点を追う展開となった。

 一方の打線は序盤、ヤクルト先発・八木をとらえることができず、三回まではランナーを出すことができなかった。

 宮國は二回を三者凡退に抑えたものの、三回に2番・上田にソロホームランを浴び、点差を3点に広げられてしまった。

 四回、ジャイアンツ打線が反撃する。一死から寺内が左翼フェンス直撃の二塁打で出塁すると、二死から高橋由が四球を選び、二死一、二塁とする。このチャンスで長野が右中間を破るタイムリー二塁打を放ち、1点を返す。さらにロペスも四球で続いて満塁にすると、ボウカーも押し出しとなる四球を選び、この回2点目を挙げた。

 しかし直後の四回裏、宮國は味方の失策も絡んで一死二塁のピンチを背負うと、中村にタイムリーを打たれ、リードを再び2点に広げられた。その後、四球などで二死一、三塁となったところで宮國は降板。代わった2番手・高木京は四球でピンチを広げ、二死満塁となったが後続を抑えた。

 打線は五回、途中出場した亀井のヒットと寺内の2打席連続の二塁打で、一死二、三塁とする。ここで村田が右翼に犠牲フライを放ち、ジャイアンツが3点目を挙げた。 

 再び1点差に詰め寄ったジャイアンツだったが、直後の五回裏、高木京が先頭のバレンティンにソロホームランを浴び、またしても2点差に戻されてしまった。 

 さらに六回、3番手・福田が二死二塁の場面から上田にタイムリーを許し、3対6とリードを広げられた。

 反撃したい打線だったが、六回以降はヤクルトのリリーフ陣の前に思うような攻撃ができない。七回には代打の脇谷が四球で、八回には高橋由がヒットで出塁したが、後が続かなかった。

 一方のリリーフ陣は、七回は福田が二死満塁のピンチを招きながらも無失点で切り抜けると、八回は4番手の香月がこの日2度目の三者凡退に切って取った。

 3点を追う九回、二死から脇谷が右翼線への二塁打で出塁したが、続く亀井が内野フライに倒れ、試合終了。ヤクルトに計3本のホームランを許し、3対6で敗れた。


高木が打たれたのも、宮國が打たれたのも、全部味方が得点したあとの回ですよね。そこをしっかり抑えないと…。

宮國はホームランではかえどきが難しいですよ。結果その3点が効きましたね。

( ´ー`)y―┛~~

ここんところ、投手陣がへばってきているように感じます。あと少し。まだまだしゃかりきになって勝ちに行く時期ではないと思いますが、なんか少しだけ不安になる今日このごろですね…。

それと気になるのが男村田の状態。なんだか今までは見逃して入れた外角の変化球ボール球を振りに行っている場面が目につきます…。こちらも心配です…。
 


↓ま、まぁ、明日明日… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« ないものは学びようがないし、そもそも日教組がないことないこと教えてるんじゃないの? | トップページ | 神宮には魔物が棲んでいる、のであろうか? »

ジャイアンツ2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先発投手、中継ぎ陣も含め、投手陣に粘りがなかった試合でした…:

« ないものは学びようがないし、そもそも日教組がないことないこと教えてるんじゃないの? | トップページ | 神宮には魔物が棲んでいる、のであろうか? »