« まぁ、いいものなら買いたいなとも思うけれど、敵国のものは避けますわなw | トップページ | 久しぶりに先発に勝ちがついた、というか勝てたw 打線入れ替えも機能したようですし、今日も勝利して首位攻防戦に向けて景気をつけて欲しいものです »

2013/08/25

投手陣崩壊、スコット鉄太郎の無理ゲーは健在というものの、そこまで持たないのが現実、か…

ホールトンはそう言うほど悪かったとは思いませんけど、その後を投げた投手がことごとく試合を壊してくれましたねぇ…
Yomiuri Giants Official Web Site:8月23日 対DeNA18回戦・横 浜

Yomiuri Giants Official Web Site:8月23日 対DeNA18回戦・横 浜

ボウカーの特大アーチ実らず…投手陣が踏ん張り切れず11失点

 横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズとの18回戦。序盤、DeNAに先制を許した巨人だが、ボウカーの2ランホームランですぐさま同点に追いつく。しかし先発のホールトンはその直後にホームランを浴び、再び追う展開となってしまう。逆転を狙いたい巨人だったが、ホールトンの後を受けたリリーフ陣も失点を重ね、2対11で黒星を喫した。チームは3連敗となった。

 DeNA先発は三嶋。

 まず先制のチャンスを手にしたのは巨人。二回、長野が四球を選び出塁すると、続くボウカーは捕ファウルフライに倒れたが、ロペスが遊撃深くへの内野安打で一死一、二塁とする。しかし寺内、ホールトンと後続が凡退し、先制とはならなかった。

 一方、ホールトンは初回、二回とDeNA打線を三者凡退に抑える見事な立ち上がりだったが、三回に突然、制球を乱した。荒波、鶴岡一に連続四球を与えると、三嶋に送りバントを決められた後、梶谷にタイムリー二塁打を浴び、2点を先制された。なお一死二塁のピンチだったが、続く山崎、モーガンはしっかりと打ち取り、追加点は与えなかった。

 2点を追う巨人は四回、長野が中堅にヒットを放ち二打席連続で出塁する。続くボウカーの放った打球は、ライトスタンド上段に飛び込む2ランホームランに。頼れる助っ人の一振りで巨人がすぐさま試合を振り出しに戻した。

 しかしその裏、ホールトンは中村にソロホームランを浴び、2対3と再びDeNAにリードを許す展開となった。

 六回、巨人は二死からロペスがヒットで出塁すると、寺内も内野安打で続き、二死一、二塁のチャンスを迎える。原監督はここでホールトンに代打・脇谷を送ったが、脇谷は遊撃フライに倒れ、得点とはならなかった。

 その裏、2番手で登板した香月は、中村にヒットを許すと、続く多村に2ランホームランを浴びてしまう。さらにヒットや四球などで一死一、二塁とされる。代わった3番手の高木京もDeNA打線を抑えることができず、梶谷に3ランホームランを打たれ、2対8と点差を大きく広げられてしまった。

 6点のビハインドで迎えた七回、巨人が反撃の構えを見せる。この回から登板のDeNA2番手の山口を攻め、一死から亀井がヒットを放つと、続く村田の内野ゴロは相手の失策を誘い、一死一、三塁。迎える打者は阿部という絶好のチャンスだったが、阿部は3番手・大原の前に二塁併殺打に倒れ、ここでも得点を奪えなかった。

 八回にも内野安打や失策の間に失点した巨人は、結局、ボウカーのホームランでの2得点のみにとどまり、2対11と大差をつけられての敗戦となった。DeNAとの対戦成績は13勝4敗1分となった。


香月、高木は一体なにをしに出てきたんでしょう?というか、毎回そんなことを書いているような気がしますねぇ。プロなんですから自分でも苦しんでいるとは思いますが、何か全然変わっていないように感じてしまいます。高木は去年が新人なのに良すぎたというのはあると思いますが、それでも期待の投手が防御率が5点に迫るような成績では…。さすがにしんどいです。感じるのはストレートのスピード。ヘタすれば10km/hくらい落ちているような…。

内海もいい時はストレートが走っています。投手の要はストレートでしょう。たとえ変化球投手でもね。

( ´ー`)y―┛~~

打つ方もあと一本と言えばそれまでですが、坂本の不調がねぇ。まったく覇気がないというか闘志が見えないというか…。必死さが見えないんですよね、調子が悪ければ必死に球に喰らいつく、そういう姿勢がほしいなぁ。

ということで、こんなんじゃマジックが消えるどころではありません。トラッキーは絶好調ですから、優勝もなくなりかねない、緊急事態だと感じます。
 


↓ヨコハマ相手に取りこぼしていては… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« まぁ、いいものなら買いたいなとも思うけれど、敵国のものは避けますわなw | トップページ | 久しぶりに先発に勝ちがついた、というか勝てたw 打線入れ替えも機能したようですし、今日も勝利して首位攻防戦に向けて景気をつけて欲しいものです »

ジャイアンツ2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 投手陣崩壊、スコット鉄太郎の無理ゲーは健在というものの、そこまで持たないのが現実、か…:

« まぁ、いいものなら買いたいなとも思うけれど、敵国のものは避けますわなw | トップページ | 久しぶりに先発に勝ちがついた、というか勝てたw 打線入れ替えも機能したようですし、今日も勝利して首位攻防戦に向けて景気をつけて欲しいものです »