« ドコモのツートップ戦略の顛末… Part2 | トップページ | 知らなければ知らないとはっきり言えばいいのにと思うものの、今の教育ってこんなもんなんでしょうねぇ »

2013/08/14

地蔵尊のクビをはねるなど、日本人にはできないと思いますが…

そういえば、熊野古道の牛馬童子像も同じような被害に合っていましたね

熊野古道 site:nob-piazza.cocolog-nifty.com/update/ - Google 検索

およそ日本人とは思えない所業です…
願掛け地蔵尊が壊される 首を切断、錫杖も被害/川崎:ローカルニュース : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞社

願掛け地蔵尊が壊される 首を切断、錫杖も被害/川崎:ローカルニュース : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞社

2013年8月14日

 13日午前6時半ごろ、川崎市川崎区藤崎3丁目の藤崎町内会館の敷地内で、同町内会顧問の岩瀬憲一さん(76)から、「『願掛け地蔵尊』の頭部がなくなっている」と川崎署に通報があった。同署員が駆け付けたところ、地蔵尊の頭部が首の部分で切断されていたほか、錫杖(しゃくじょう)も曲げられていた。同署が器物損壊事件として調べている。

 同署によると、地蔵尊は高さ約70センチで、会館の入り口脇に置かれている。12日午後4時ごろ、町内会員らが翌日の月例祭の準備をしていた際は、異常はなかったという。

 岩瀬さんによると、地蔵尊は江戸時代中期に起きた「天明の大飢饉(ききん)」の際、死者の弔いや豊作などを願って建立されたという。その後戦争などで損傷が激しくなり、1980年に現在のものに再建された。近くの住民らが日々参拝に訪れるなど、地域で親しまれている。

 岩瀬さんは、「いたずらにしては度が過ぎる。残念だ。良心があれば早く戻してほしい」と話した。


地蔵尊は江戸時代中期に起きた「天明の大飢饉(ききん)」の際、死者の弔いや豊作などを願って建立されたという

そういうことを知ってか知らずか、とんでもないことをしたもんですね。

視野狭窄ですが、支那人あるいは朝鮮人などの不逞外国人の犯罪行為だとしか思えないんですよね。ただの建造物ではないんですから…。しかも時期が終戦記念日を明日に控えたタイミング。川崎…。

いや、全く証拠も何もないのでただの妄想レベルではありますが…。それにしても…。
 


↓根拠のない人種差別では? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« ドコモのツートップ戦略の顛末… Part2 | トップページ | 知らなければ知らないとはっきり言えばいいのにと思うものの、今の教育ってこんなもんなんでしょうねぇ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地蔵尊のクビをはねるなど、日本人にはできないと思いますが…:

« ドコモのツートップ戦略の顛末… Part2 | トップページ | 知らなければ知らないとはっきり言えばいいのにと思うものの、今の教育ってこんなもんなんでしょうねぇ »