« さっぱり意味がわからない記事ですが、日本大使館が頑張ったことはわかった | トップページ | 韓国にふさわしい「天」があるようですね »

2013/08/14

対DeNA戦とは思えないくらいの得点でしたが、抑えの三人が見事でしたね

特にマシソンは無理ゲーですよねぇ…。完璧でした♪
Yomiuri Giants Official Web Site:8月14日 対DeNA16回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:8月14日 対DeNA16回戦・東京ドーム

粘投の宮國が1か月ぶり白星、西村は2年連続30S

 東京ドームで行われた横浜DeNAベイスターズとの16回戦。巨人は二回、ボウカーの2ランホームランで先制すると、六回には村田、阿部の連続タイムリーで追加点を奪った。この日一軍復帰の先発・宮國は、粘り強く投げ6回1失点で7月10日以来の白星を挙げて5勝目。リリーフを務めた西村は2年連続の30セーブを達成した。

 宮國は初回と二回にランナーを三塁に背負うピンチを迎えたが、要所を締める投球で後続を断ち切り、DeNAに先制を許さなかった。

 先制点の欲しい巨人は二回、二死一塁の場面で、ボウカーがDeNA先発の須田から、レフトスタンドに2ランホームランを放つ。頼れる助っ人の二夜連続となる一発で、先制に成功した。

 しかし直後の三回、宮國が先頭の石川に四球を与え出塁を許すと、二死の後、ブランコと中村に連打を浴び、1点を返されてしまう。

 宮國は四回、五回と得点圏にランナーを背負うも、粘りの投球でピンチを切り抜け、打線のさらなる援護を待った。

 六回、巨人が待望の追加点を手にする。先頭の坂本が四球で出塁すると、亀井はしっかりと送りバントを決め、一死二塁とする。ここで好調の村田が右中間を破るタイムリー二塁打を放ち、3点目を挙げた。なお一死二塁とし、DeNA先発の須田をマウンドから引きずり降ろすと、2番手・林から阿部がライトフェンス直撃のタイムリーを放ち、4対1とリードを広げた。

 七回以降は山口、マシソン、西村と盤石のリリーフ陣が、それぞれ1イニングずつを三者凡退に抑えて試合を締めくくった。7月25日以来の一軍先発となった宮國が5勝目を挙げ、西村は2年連続での30セーブを達成した。


4安打で4得点とはなかなか…。相手は8安打で1点とはなかなか。宮國は粘ったというか、よく投げてくれました。3-4点取られてもおかしくない流れでしたけどね。

須田もいいピッチングしていましたけど、ボウカーのHRはちょっと高かったかな…。その少しのミスを逃さなかったボウカーの勝利でしょう。あとは、坂本四球から男村田とネ申で2得点。男村田の当たりはあと数十センチでスタンドインでしたね。打った瞬間は行ったと思ったんですが。いいところで打ってくれるようになりました。これを期待していたのでね♪

ロペスがスタメン落ち。ここんところ調子が悪かったですからしようがないでしょう。多分、日本の暑さにやられてるんでしょう。このロードの糞暑い試合もあったでしょうし、しばらく代打などで休んでくれればいいですよ。
 


↓マジック34! と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« さっぱり意味がわからない記事ですが、日本大使館が頑張ったことはわかった | トップページ | 韓国にふさわしい「天」があるようですね »

ジャイアンツ2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対DeNA戦とは思えないくらいの得点でしたが、抑えの三人が見事でしたね:

« さっぱり意味がわからない記事ですが、日本大使館が頑張ったことはわかった | トップページ | 韓国にふさわしい「天」があるようですね »