« 半澤直樹、とりあえず5億のカタに13億差し押さえて倍返し完了? | トップページ | 猛暑の日々が続いていますが、お隣韓国では電力逼迫度合いが半端無いようです »

2013/08/12

あの婚約破棄問題、100万円の和解金で終了ということです

意外と安かったんですね
「在日差別」訴訟:宝塚市議が和解 解決金100万円- 毎日jp(毎日新聞)

「在日差別」訴訟:宝塚市議が和解 解決金100万円- 毎日jp(毎日新聞)

毎日新聞 2013年08月11日 大阪朝刊

 祖父が在日韓国人であることを理由に婚約を破棄されたとして、大阪市の女性(29)が兵庫県宝塚市の佐藤基裕市議(34)に約550万円の賠償を求めた訴訟が大阪地裁(増森珠美裁判官)で和解した。佐藤市議が女性に解決金として100万円を支払い、女性は佐藤市議の議員辞職を求めないことを約束する内容となっている。

 訴状などによると、佐藤市議は交際中だった女性に「結婚したい」と伝え、女性も承諾した。しかし、祖父が在日韓国人であることを女性が明らかにすると、佐藤市議は結婚の意向を撤回した。

 女性は昨年10月、「差別により、不当に婚約を破棄された。重大な侮辱を受け、精神的苦痛を被った」として提訴した。これに対し、訴訟で佐藤市議は差別を否定し、「在日韓国人らの参政権に反対しており、その政治的信条などから結婚できないと考えた」と反論した。婚約自体も成立していないと訴えた。

 この訴訟を巡っては、女性団体などが人権侵害に当たるとして、佐藤市議の議員辞職を求めた。議員辞職勧告決議案が市議会に提案され、今年3月、賛成多数で可決された。佐藤市議は人権侵害を否定、辞職しない考えを明らかにしている。

 女性の代理人弁護士は取材に「女性が早期の解決を望み、和解に応じた」。佐藤市議の代理人弁護士は「和解の趣旨にのっとり、コメントは差し控えたい」としている。【渋江千春】


これ、以前にも記事にしましたね。

婚約破棄問題、これは一方的に市議が悪いように感じますねぇ: ピア 徒然見聞録

ま、ともかく双方納得の上の示談解決金ですので、一件落着でしょう。

国籍というか出自というのは結婚にあたって、結構重要な事項だと思います。綺麗事ではなくてね。そこでいろいろと物議がある国とのことになれば、それは個人的にいろいろ思うところがあるのも事実でしょう。婚約になるまでに、そのへんはよく確認しておけないとだめでしょうね。というか、普通はするでしょう。

この市議の婚約に至るまでの行動が、脇が甘かったということでしょうね。

在日韓国人らの参政権に反対しており、その政治的信条などから結婚できないと考えた

そういう思想信条を持っているのであれば特にね。100万円の授業料ということになりましょうか…。
 


↓高いか安いかではなく、いろんな意味でプライスレス と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 半澤直樹、とりあえず5億のカタに13億差し押さえて倍返し完了? | トップページ | 猛暑の日々が続いていますが、お隣韓国では電力逼迫度合いが半端無いようです »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あの婚約破棄問題、100万円の和解金で終了ということです:

« 半澤直樹、とりあえず5億のカタに13億差し押さえて倍返し完了? | トップページ | 猛暑の日々が続いていますが、お隣韓国では電力逼迫度合いが半端無いようです »