« 非常用電源の試験をしていたら、なぜか冷却システムが停止したって? | トップページ | さすが好景気に沸く韓国ですね、お金が唸っているようですな! »

2013/07/25

マエケンなので負けは覚悟していましたが、清々しい負けっぷりですな

ま、たまにはこういう試合も必要でしょう、気合を入れなおすためにもね
Yomiuri Giants Official Web Site:7月25日 対広 島14回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:7月25日 対広 島14回戦・東京ドーム

宮國乱調で大量失点 反撃もボウカーの一発のみ

 東京ドームで行われた広島東洋カープとの14回戦は、序盤から大量点を奪われる苦しい展開となった。先発の宮國は二回に8点を奪われ降板すると、その後の投手陣も追加点を許した。一方の打線は五回にボウカーのホームランで2点を返すが、以降は打線がつながらず無得点。2対11の大差で破れ、連勝とはならなかった。

 ジャイアンツの先発は宮國。初回、緩急を生かした投球で広島打線を三者凡退に抑え、抜群の立ち上がりを見せる。

 しかし二回、宮國が突然崩れる。先頭のキラにフェンス直撃の二塁打を許すと、そこから連打を浴び先制点を与えてしまう。さらに無死満塁から石原にタイムリーを許すと、投手の前田健、ルイスにも連続タイムリー二塁打を浴びリードを広げられていく。広島は攻撃の手を緩めず、キラにも2ランホームランが飛び出し宮國はノックアウト。試合の序盤で8点を追いかける展開となった。

 続く三回にも、2番手の田原誠が2点を奪われリードを10点に広げられた。

 1点ずつ返していきたいジャイアンツ打線だが、広島先発・前田健の前に三回まで無安打に抑えられ、攻略の糸口をつかめない。

 四回、阿部が二死からこの試合チーム初ヒットとなる内野安打で出塁すると、村田もヒットで続き二死一、二塁とチャンスをつくる。しかし高橋由が空振り三振に倒れこのチャンスは生かせない。

 五回、ついにジャイアンツ打線が反撃に出る。四球で出塁した長野を一塁に置き、ボウカーが右翼スタンドに飛び込む2ランホームランを放ち2点を返した。

 3番手としてマウンドに上がった笠原は四、五回を無失点に抑えると六、七回は2イニング連続で三者凡退に抑える好投を見せ、自らの力を存分に発揮した。

 点差を縮めたい打線だったが、六、七回と一人の走者を出すこともできず、大量リードを奪われたまま試合は終盤に突入する。

 八回からはアコスタが登板したが、前田健の代打・岩本にソロホームランを浴び、再びリードを広げられてしまった。

 その裏、前田健に代わってマウンドに上がった今村から、先頭の中井が中堅に2打席連続となるヒットを放って出塁したが、後続が倒れ得点とはならない。

 反撃したい九回の攻撃も三者凡退に抑えられて試合終了。序盤の大量失点が響き、連勝とはならなかった。


スマフォでチェックしていたんですが、2回の8失点は驚愕でした。宮國だったのである程度は覚悟はしていましたけど、これほどとは…。しかもマエケンにもタイムリー?

こっちはマエケンに抑えまくられて、ボウちゃんのホームランの2点のみ。

( ´ー`)y―┛~~

笠原はよく投げてくれましたね。アコスタはまたホームランを打たれたんでしょうか…。少々球が速いって言っても、他が悪ければ打たれるんでしょうね。

( ´ー`)y―┛~~

宮國はオールスター休みで何をしていたんでしょう?
 


↓更迭だな と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 非常用電源の試験をしていたら、なぜか冷却システムが停止したって? | トップページ | さすが好景気に沸く韓国ですね、お金が唸っているようですな! »

ジャイアンツ2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マエケンなので負けは覚悟していましたが、清々しい負けっぷりですな:

« 非常用電源の試験をしていたら、なぜか冷却システムが停止したって? | トップページ | さすが好景気に沸く韓国ですね、お金が唸っているようですな! »