« 韓国は日本を敵とみなしているようですね、やっと本心を明らかにしてくれたわけですな♪ | トップページ | 菅官房長官のこのセリフは、意訳するとどうなるのかな♪ »

2013/07/13

内海を含めた守備、それと打線もつながりなく大敗

ま、こういう大敗もあるとは言え、まったくいいところがありませんでしたねー
Yomiuri Giants Official Web Site:7月12日 対中 日10回戦・ナゴヤドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:7月12日 対中 日10回戦・ナゴヤドーム

村田の一発 生かせず…投打に精彩欠き、連勝ストップ

 ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズとの10回戦。巨人先発の内海は初回に2点を奪われると、その後も失点を重ね、四回途中で降板。後を受けた救援陣も悪い流れを食い止められなかった。一方、打線は3併殺を喫するなどつながりを欠き、反撃は七回に飛び出した村田のソロホームランのみ。1対9の大差で敗れ、連勝は3でストップした。

 中日の先発は大野。左腕同士の投げ合いで幕を開けたが、内海は立ち上がりに苦しんだ。初回、先頭の大島にヒットを許すと、続く荒木のバントを加藤が二塁へ悪送球。無死一、二塁のピンチを背負う。一死を取った後、和田への四球で満塁とされ、続く平田に2点タイムリーヒットを浴び、先制点を奪われた。

 巨人は二回、一死から長野が四球で出塁。中日のバッテリーエラーなどで三塁に進んだが、内海が三塁ゴロに倒れ、無得点に終わった。

 内海は二回を三者凡退に抑え、立ち直る気配を見せたが、三回、再び中日打線につかまった。先頭の荒木にヒットと二盗を許すと、和田にはタイムリー二塁打を浴び、点差は3点に広がった。

 試合が中盤を迎えても、内海の調子は上がらない。四回、二死一、三塁のピンチを招くと、荒木にタイムリーヒットを浴びて4点目を奪われる。さらにクラークへの死球で満塁とされたところで、原監督は内海の降板を告げた。2番手の笠原は、和田に押し出しの四球を与え、巨人は5点目を失った。

 笠原は五回、谷繁にソロホームランを浴び、0対6とさらにリードを広げられた。六回は3番手・アコスタが登板。一番打者からの攻撃を、三者凡退に抑えた。

 直後の七回、巨人は先頭の村田が左中間スタンドに10号ソロホームランを放ち、好投を続けていた大野からようやく1点をもぎ取る。一死後、長野がヒットで出塁したが、加藤が遊撃併殺打に倒れ、追加点は奪えなかった。

 アコスタは七回もマウンドに上がったが、平田にソロホームランを浴びた。八回、4番手で登板した高木京は、2本のヒットと四球で満塁とされ、平田に2点タイムリー二塁打を浴びてさらに点差を広げられた。

 意地を見せたい巨人打線だったが、九回は中日3番手・浅尾の前に三者凡退に終わり、1対9でゲームセット。中日との対戦成績は6勝4敗となった。


初回が全てだったような気がします。

好調中井がヒットで先頭打者出塁、その後谷が併殺打であっという間にツーアウトでランナー無し。でもそこから更に粘ってランナーを二人置いて打席に村田。ここのところまぁまぁ好調ではあったものの、ライトフライ。

逆にドラゴンズは大島が同じようにヒット、次の荒木がきっちり送りバントだがこれを加藤が二塁に悪送球でノーアウトランナー1,2塁。きっちり満塁から平井に2点タイムリーを浴びる。

この1回の攻防がその後の試合展開を決めたと言ってもいいような気がします。
まぁ、打つほうが散発6安打では何もできなかったなぁとは思いますね。

内海はらしくない投球が続いていますね。粘りがない。今日の読売新聞のスポーツ面に掲載されていましたけど、怪我の影響で練習ができていないってことでした。幸い球宴には選ばれていませんので(最多勝投手が選ばれないというのも不思議ですが…)、その間練習して後半戦で挽回して欲しいですね。

内海 哲也のプロフィール|読売巨人軍公式サイト

今日は沢村と山本昌さんの対決ですね。左投手ですがおっさんを打ち砕いて欲しいものです。こういうときにロペスがいないのが本当に痛いですな。
 


↓立ち上がりを攻めるしか無い と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 韓国は日本を敵とみなしているようですね、やっと本心を明らかにしてくれたわけですな♪ | トップページ | 菅官房長官のこのセリフは、意訳するとどうなるのかな♪ »

ジャイアンツ2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内海を含めた守備、それと打線もつながりなく大敗:

« 韓国は日本を敵とみなしているようですね、やっと本心を明らかにしてくれたわけですな♪ | トップページ | 菅官房長官のこのセリフは、意訳するとどうなるのかな♪ »