« ほーーら、だから言ったじゃない。腐ったミカンは捨てないとだめだってw | トップページ | よくわからないけど、支那の貸出金利下限撤廃ってシャドーバンキング潰しに有効なの? »

2013/07/21

「雉も鳴かずば撃たれまい」、という印象しかありませんが、映画だけは変な思想に染まらないで貰いたいですね

この人が作る映画は好きですので♪
「慰安婦問題で日本は謝罪・賠償すべき」 宮崎駿監督のインタビュー記事が物議- 最新ニュース|MSN トピックス

「慰安婦問題で日本は謝罪・賠償すべき」 宮崎駿監督のインタビュー記事が物議- 最新ニュース|MSN トピックス

2013年7月19日 19:48 (J-CASTニュース)
「慰安婦問題で日本は謝罪・賠償すべき」 宮崎駿監督のインタビュー記事が物議

特集内容が話題に

 新作アニメ映画「風立ちぬ」公開を控えた宮崎駿監督(72)が、「慰安婦問題で日本は謝罪して賠償すべきだ」などとインタビュー記事で発言し、物議を醸している。

 この記事は、事務所のスタジオジブリが2013年7月10日から全国の書店で配布した無料の小冊子「熱風」7月号に載せられている。

■「領土問題も折半か共同管理を提案したらいい」

 冊子がほしいと要望が多いため、ジブリが18日にホームページ上でPDFにして緊急配信したところ、ネット上で、大きな話題になった。

 7月号は、「憲法改正」特集を組んでおり、宮崎駿監督は「憲法を変えるなどもってのほか」と題した記事で談話を載せている。

 そこで、宮崎監督は、日本は戦争中に近隣諸国に酷いことをしており、戦争放棄をうたった憲法第9条などを変えることには反対だと訴えた。そして、「選挙をやれば得票率も投票率も低い、そういう政府がどさくさに紛れて、思いつきのような方法で憲法を変えようなんて、もってのほか」と切り捨てた。

 さらに、宮崎監督は、韓国や中国を想定しているらしく、慰安婦や領土についても、踏み込んだ発言をした。

「慰安婦の問題も、それぞれの民族の誇りの問題だから、きちんと謝罪してちゃんと賠償すべきです。領土問題は、半分に分けるか、あるいは『両方で管理しましょう』という提案をする。この問題はどんなに揉めても、国際司法裁判所に提訴しても収まるはずがありません」

 また、宮崎監督は、「こんな原発だらけの国で戦争なんかできっこない」として、日本は、衣食住などを自ら賄うよう産業構造を変えていくことの方が大事だと主張した。そうすると、人口は3分の1ぐらいが適正で、アニメ産業も今後は成り立たなくなると自虐的な予測をしている。

 こうした主張に対し、ネット上では、「私もそう思う」「正直でいいじゃん」などと肯定的に受け止める向きもある。

■ジブリ「書かれていることがすべてです」

 しかし、宮崎駿監督への異論は多く、「日韓基本条約は無視ですか(*^^*)」「全く現実的じゃない」「左翼系によくみられる思想だな」といった書き込みが相次いでいる。

 ネット上で異論も多いことについて、ジブリの広報担当者は、「『熱風』に書かれていることがすべてです」と取材にコメントした。そうしたのは、取材が多くて事務所では対応しきれなくなったため、取材を受けないことになったからだと説明した。

 事務所などにどのくらい意見が来ているかも答えられないという。

 ただ、今回なぜ「憲法改正」特集にしたのかについては、東京新聞の2013年7月19日付記事にあった通りだとした。記事によると、スタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫さん(64)が、21日投開票の参院選を前に旗色を鮮明にしようと発案した。実際、鈴木さんも、「9条 世界に伝えよう」という談話を寄せている。記事では、ジブリ出版部が「参院選の投票日前に読んでほしい」と呼びかけていた。

 鈴木さんは談話で、「風立ちぬ」は戦争に関わる映画ではあるものの、「戦闘シーンは出て来ません」と強調している。これに対し、映画が20日に公開されることから、ネット上では、「熱風」の特集は話題作りではないのかとの憶測も出ていた。

 もし、映画に合わせた政治的メッセージなら引かれてしまうことにならないのか。

 この点について、ジブリの広報担当者は、「映画とは関係なく特集を組んでおり、結びつくものではありません」と説明した。映画公開が参院選前日であることについては、「数年前から計画しており、参院選に合わせたものではありません。それは、まったくの偶然です」と言っている。

著作権は株式会社ジェイ・キャストに属します。
© 2013 J-CAST, Inc. All Rights Reserved.



日本は戦争中に近隣諸国に酷いことをしており、戦争放棄をうたった憲法第9条などを変えることには反対だ

選挙をやれば得票率も投票率も低い、そういう政府がどさくさに紛れて、思いつきのような方法で憲法を変えようなんて、もってのほか

慰安婦の問題も、それぞれの民族の誇りの問題だから、きちんと謝罪してちゃんと賠償すべきです。領土問題は、半分に分けるか、あるいは『両方で管理しましょう』という提案をする。この問題はどんなに揉めても、国際司法裁判所に提訴しても収まるはずがありません

なんだかサヨクの人たちの言葉と同じですね。72歳ということですので「国民学校」で尋常小学校を過ごしたということでもないのに、ここまで染まってしまうというのが教育の怖いところです。

日本は戦争中に近隣諸国に酷いことをしており

具体的にはどういうことをしたとお考えなんでしょうね。侵略戦争ということでしょうか?攻め込んだのは欧米の植民地になっていた諸国ですよね。しかも、その後現地の教育、軍事教練を施して、来るべき独立に備えられるようにしていたということですが。

そりゃ戦時下のことですから今の平和な日本の状況とは比較にならないような厳しい出来事もあったでしょうけど、それを今から責めても卑怯というものでしょう。先祖に対して卑怯です。

戦争放棄をうたった憲法第9条などを変えることには反対だ

それは個人の思想ですので反対というのなら反対でいいと思います。でも、現実を見れば戦争放棄=軍備放棄=無防備ということにつながっていってしまいますが、この特亜三兄弟に囲まれた日本でそれが許されるのかというところに大いに疑問が出て当然だと思います。そのへんはどうお考えなんでしょう?

思いつきのような方法で憲法を変えようなんて、もってのほか

憲法96条改正反対っていう人の意見を見ていると、どうも国民を信用していないと感じざるを得ませんよね。国壊議員の過半数の賛成で発議できるっていうだけでしょ?最終的には国民の判断ですよね。確かに選挙の投票率を考えれば、たった30%にも満たない国民の賛成で改正されるという危険性ははらんでいますが、逆に言うと国民がどう考えているかに関わらず国壊議員の2/3以上という制限で、国民が判断できない状況に固まっているというのもまた問題です。

個人的には条文によっては2/3、1/2と制限を変えるくらいの慎重さが必要ではないかと感じます。あの民主党に政権を預けてしまうような国民ですから。あ、そういう意味では私も国民を信頼できていませんね。自分を自分で信じられない奴が他人を信頼することも、他人から信頼されることもないでしょう。

不幸ですなぁ…。

慰安婦の問題も、それぞれの民族の誇りの問題だから、きちんと謝罪してちゃんと賠償すべきです

民族の誇りの問題ではなく、事実の問題ですよ。
日本側とすれば事実に基づかないことで非難されているので民族の誇りの問題になっていますが、朝鮮側としては民族の誇りの問題ではなく、自己満足とカネカネキンコの問題でしょう。これが民族の誇りの問題ということであれば、逆に自分たちの国を否定することになりますよ。だって、日本が強制連行した事実もなく、朝鮮人の問題だという事実なんですから。

領土問題は、半分に分けるか、あるいは『両方で管理しましょう』という提案をする

ここまでお花畑だとは思いませんでしたが、支那にそれが通用すると思っているんでしょうかね?首脳会談の条件に「尖閣諸島は紛争だと認めろ」などと言ってくる奴らですよ。なんかこう、あのルーピーが中に入っているんじゃないかと思うくらいの妄言ですねw

確かに、支那とロシアで川の中の島?を半分に分けて決着した事案もありますが、それはそもそも紛争地域だったからに他ならないわけですからね。尖閣諸島は紛争地域でもなんでもありません。

( ´ー`)y―┛~~

この人も…?

鈴木さんも、「9条 世界に伝えよう」という談話を寄せている

是非そうして欲しいですね。9条の会の人たちは日本に閉じこもっているのではなく、ご自分たちがこれは最高の条文だと思っているからこそ憲法改正には、9条改正には絶対反対なんでしょう?これが日本を戦争から守った霊験あらたかな「御札」のようなものだと、そこまで信じきっているのであれば、是非それを世界中に広める活動をすべきでしょう。

それをしないのは

■真の世界平和を望んでいない、日本だけよければいい
■実はそんなものは端から信用していない

のどちらかだというそしりを受けてもしようがないですよね?

ほれほれ、早く9条を世界中に広めてください。まずはそうですね、ソマリアとか中東とかその辺のリアルに紛争を、戦争をしている国家、地域に丸腰で行って、9条の崇高な精神を説き、武装放棄を実現してきてください。

そんなところに行ったら殺されてしまう?そんなこと無いでしょ?9条があったから戦争はなかったんですから。きっとそういう紛争地域の人たちでも話せばわかってくれますよ。常日頃支那などと対話をすべきだっておっしゃってるじゃないですか。

9条を広めるために紛争地域に入った日本人が、現地の武装勢力に捕らえられて殺害された。

こういうニュースを目にすることがあれば、少しは9条信者の方々を見直しますけどね。自分の信じたものに命をかける。私などは7回死んでもそんなことはできそうにありませんので、そういう面では尊敬します。

是非!
 


↓で、何が好き?ナウシカ? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« ほーーら、だから言ったじゃない。腐ったミカンは捨てないとだめだってw | トップページ | よくわからないけど、支那の貸出金利下限撤廃ってシャドーバンキング潰しに有効なの? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「雉も鳴かずば撃たれまい」、という印象しかありませんが、映画だけは変な思想に染まらないで貰いたいですね:

« ほーーら、だから言ったじゃない。腐ったミカンは捨てないとだめだってw | トップページ | よくわからないけど、支那の貸出金利下限撤廃ってシャドーバンキング潰しに有効なの? »