« これが正しい道を指し示す光になってくれればいいのですが | トップページ | 日本のメガバンクがサムソンに融資しているとは初耳です »

2013/07/04

ドコモのツートップ戦略の顛末…

まぁ、日本で売り限りはこういう結果が当然でしょうね。逆にダブルスコアにしかなってないんだと疑問が…
サムスン、ソニーの善戦に“ギャラクシーS4”値下げで反撃 | Joongang Ilbo | 中央日報

サムスン、ソニーの善戦に“ギャラクシーS4”値下げで反撃 | Joongang Ilbo | 中央日報

2013年07月04日14時26分
[ⓒ 中央日報日本語版]

サムスン電子が日本のスマートフォン市場でのソニーとの競争に押されないために値下げカードを持ち出した。

3日、日本経済新聞はサムスン電子が他社からNTTドコモに乗り換えてギャラクシーS4を購入した顧客に対し、2万円相当の商品券を贈呈する方式の値下げを実行中だと報道した。

NTTドコモは最近、ギャラクシーS4とソニーのエクスぺリアAを戦略製品に選定して集中的に販売促進費を出していた。だが価格が1万円ほど安いエクスペリアAが1カ月間で64万台売れたのに比べ、相対的に高いギャラクシーS4は3週間で32万台にとどまったことが分かった。

日本経済新聞は「サムスンがソニーとの販売量の差を価格差にあるとみて値下げに踏み切った」と解説した。市場調査機関BCNによれば、ソニーは6月の第1週に日本のスマートフォン市場で36%の占有率でアップル(25%)とサムスン電子(13%)を抜いた。これでソニーは3年ぶりに日本国内市場で1位に上がった。

サムスンが、値下げ勝負の賭けによって日本国内のスマートフォン占有率をどれだけ引き上げられるか成り行きが注目されている。


64万台と32万台ねぇ。倍かよw

ってか、TVのCMでは得意げに「世界ナンバーワンスマフォ♪」って感じで言っていませんでしたっけ?さすがに世界でナンバーワンでも日本では売れなかったってか?w

( ´ー`)y―┛~~

ほぼ日本人が購入すると思われる日本市場のスマフォで、

■ソニー
■サムソン

の端末をくれべれば、そら~ソニーが売れるに決まっていますよねw
二社択一というか、二社一択という状況でしょうし。

値段じゃないと思いますがね。どうなるか見ものですね。2万円くらいを困っている人はそうそういないでしょう。割賦になるんだし。

サムソンは株価が急落しているそうで。
S4の販売不振が原因とまで言われていますが、そういうこともあるんでしょうけど世界的に韓国から

キャピタルフライト

が起こっているようにしか思えませんけどね。

まっさかさーまーに、落ちてデザイア♪

韓国側の言い分では、サムソンは日本から部材部品を輸入しているので、サムソンが破綻すれば日本も影響が出るっていう話ですが、まぁ少しくらいは影響が出るとは思いますけど、別に部材部品を必要としている企業はサムソンだけではありませんので、必要としてくれる企業に売るだけですわなw
 


↓日本がシェア高い部材部品などごろごろあるしな と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« これが正しい道を指し示す光になってくれればいいのですが | トップページ | 日本のメガバンクがサムソンに融資しているとは初耳です »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

極東愚連隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドコモのツートップ戦略の顛末…:

« これが正しい道を指し示す光になってくれればいいのですが | トップページ | 日本のメガバンクがサムソンに融資しているとは初耳です »