« 支那が自分たちが行った「ブレーンウオッシュ」を白状したのでしょうか? | トップページ | 大清国属になると決めたんなら、その精神を貫かないとな »

2013/07/10

宮國が7回無失点で4勝目!東北シリーズを2連勝でドラトラ退治に弾みをつけた!

良い感じです♪特にネ申はさすがのバッティングですね♪復帰後連発です!
Yomiuri Giants Official Web Site:7月10日 対ヤクルト10回戦・福 島

Yomiuri Giants Official Web Site:7月10日 対ヤクルト10回戦・福 島

クリーンアップ3人で5打点!宮國は7回無失点で4勝目

 前日の山形から福島・県営あづま球場に場所を移して行われた東京ヤクルトスワローズとの10回戦。初回に村田のタイムリー二塁打でいきなり2点を先制すると、三回には阿部に2試合連続のホームランが飛び出して主導権を握った。先発・宮國は毎回のように走者を背負う苦しい投球となったが、要所を抑え、7回無失点で今季4勝目を挙げた。6-2で勝利を収めたジャイアンツは東北での2連戦を見事2連勝で飾った。

 ジャイアンツの先発は前回の登板で4月以来の勝ち星を挙げた宮國。初回、一死からヒット、二死後に四球で、二死一、二塁のピンチを招くが、畠山を左翼フライに打ち取って、先制を許さなかった。

 その裏、いきなりジャイアンツ打線がヤクルト先発・赤川に襲い掛かる。谷のヒットなどで二死一、二塁のチャンスを作ると、村田が中堅のフェンス直撃となるタイムリー二塁打を放ち、先制に成功した。

 二、三回も得点圏に走者を背負った宮國だったが、要所で内野ゴロに打ち取る投球を見せ、無失点で切り抜ける。

 すると、三回、4番のバットから大きな追加点を挙げる。先頭の中井がヒットで出塁すると、谷が送りバントをしっかり決めて、得点圏に走者を進める。二死後、阿部が完璧にとらえた打球は右翼スタンドへ。貴重な2ランホームランでリードを4点に広げた。

 毎回走者を背負う厳しいピッチングとなった宮國だったが、五回に初めて三者凡退に抑えるなど、徐々に調子を上げていく。

 一方の打線は五回に3連打で追加点を奪う。先頭の中井のこの日2本目のヒットとなる二塁打、谷のヒットで無死一、三塁のチャンスを作ると、坂本にタイムリーヒットが飛び出し、さらに1点を追加した。

 六回、宮國はヒットと2つの四球で二死満塁のピンチを招くが、後続を許さなかった。結局、五回以外は毎回、走者を背負った宮國だったが、7回無失点と先発の役割を果たしてマウンドを降りた。

 七回、谷が四球で出塁すると、ここで原監督は福島出身の鈴木を代走に起用。惜しくも盗塁失敗に終わったが、地元のファンを沸かせた。

 このまま終わるかと思われたが、宮國をリリーフしたアコスタが乱調。2本のヒットなどでいきなり無死満塁とすると、川端に押し出し四球を許し1点を返されたところで、1死も取れずに交代を告げられる。ここで登板したマシソンが素晴らしいリリーフを見せる。中村に犠牲フライを打たれたが、後続を連続三振に斬って取り、主導権を渡さなかった。

 3点差に追い上げられたジャイアンツだったが、八回に貴重な追加点を挙げる。一死から阿部、村田の連打と相手エラーで満塁とすると、實松が右翼にタイムリーヒットを放った。

 九回には青木、笠原、西村のリレーで無失点で抑え、6対2で勝利。クリーンアップ全員が打点を挙げる活躍で、東北地方でのヤクルトとの2連戦を2連勝で飾った。


効果的な攻撃だったようで、先制、中押し、ダメ押し。欲を言えばきりがありませんので、6得点で勝利♪と喜びましょう。

アコスタが試合を壊しかけましたけど、マシソンがよく抑えてくれました。笠原の登板も意外でしたが、連続ヒットも意外なら、フランケンの登板が一番意外でした。で、セーブもついちゃったっていう。

あ、実松のタイムリーも意外(ry

( ´ー`)y―┛~~

今日は飲み会だったので中継は見れず。

でも勝利を信じていたので、信じる者は救われる、ですな♪

明後日からのドラ退治。よろしくお願いします。
 


↓流れがいいよね♪ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 支那が自分たちが行った「ブレーンウオッシュ」を白状したのでしょうか? | トップページ | 大清国属になると決めたんなら、その精神を貫かないとな »

ジャイアンツ2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮國が7回無失点で4勝目!東北シリーズを2連勝でドラトラ退治に弾みをつけた!:

« 支那が自分たちが行った「ブレーンウオッシュ」を白状したのでしょうか? | トップページ | 大清国属になると決めたんなら、その精神を貫かないとな »