« 支那の古典に日本の天皇のことが載っているっていうこと? | トップページ | なんと、安倍首相は韓国大統領から結構嫌われているようですね♪ »

2013/07/03

これぞ投手戦?と、とにかく4時間半を越える熱戦を制したのはG投手陣でした!

いいところで打てないというか、よく抑えられてしまったというか、こっちもよく抑えたというか。何しろ初戦をとったのは大きいですね♪
Yomiuri Giants Official Web Site:7月2日 対阪 神10回戦・甲子園

Yomiuri Giants Official Web Site:7月2日 対阪 神10回戦・甲子園

4時間半を越える熱戦制す 中井は4安打の大活躍

 首位攻防3連戦の初戦となった阪神タイガースとの10回戦は、先発の菅野が三回までに2点を奪われてしまう。しかし五回と七回に坂本が2打席連続のタイムリー二塁打を放ち、同点に追いつくと、以降は両リリーフ陣が譲らず、試合は延長戦に突入。2対2のまま迎えた十一回表、二死満塁の場面で立岡が押し出し四球を選び、これが決勝点に。ジャイアンツは4時間半を越える熱戦を制し、2位・阪神とのゲーム差を3.5に広げた。

 ジャイアンツ打線は初回に阪神先発・能見から、中井と阿部のヒットで二死一、二塁のチャンスを作ったが、後続が倒れて先制とはならなかった。

 8勝目をかけて先発のマウンドに上がった菅野だったが、この日は立ち上がりから苦しんだ。初回は二死一、三塁のピンチを招きながらも無失点で切り抜けたが、二回に二死二塁の場面から、9番・能見にタイムリー二塁打を打たれ、先制を許してしまった。

 調子を取り戻すことの出来ない菅野は三回、四球と味方の失策などで無死一、三塁のピンチを背負うと、新井貴に左翼へのタイムリーヒットを許し、2点目を奪われてしまった。四回からは阿部に代わって急きょ實松がマスクをかぶったが、菅野は四回、五回を無失点に抑えた。

 一方の打線は、二回から四回まで毎回走者を出すものの後が続かず、得点圏にランナーを進めることが出来なかった。

 2点差で迎えた五回、二死からジャイアンツ打線が反撃する。中井が中堅へのヒットで出塁すると、続く坂本の打球は詰まりながらも右翼線に落ち、一塁ランナーの中井が一気に生還。ジャイアンツは点差を1点に縮めた。

 六回、菅野は二死一塁の場面から、西岡に盗塁を許す。その直後、原監督は菅野に代えて、青木をマウンドに送る。その青木は鳥谷を空振り三振に抑えて、しっかりと役割を果たした。

 迎えた七回、二死から中井がこの日3本目のヒットとなる二塁打で出塁すると、坂本が2打席連続のタイムリー二塁打を左翼線に放ち、ジャイアンツが同点に追いついた。

 七回から登板したマシソンは、2イニングで4つの三振を奪う力投で、阪神打線を寄せ付けなかった。九回は山口が抑え、試合は2対2のまま延長戦に突入する。

 十回表、ジャイアンツは先頭の坂本のヒット、高橋由の四球で無死一、二塁の勝ち越しのチャンスを作る。さらに村田が送りバントを決めてチャンスを広げたが、続く長野と亀井が三振に倒れて、このチャンスをいかせなかった。 
 
 十回裏を無失点で切り抜けて迎えた十一回表、先頭の實松がヒットで出塁すると、矢野が送りバントを決めて得点圏にランナーを進める。続く代打・石井は三振に倒れたが、中井がこの日4安打目のヒットでチャンスを広げると、坂本は敬遠気味の四球で、二死満塁となる。ここで途中出場の立岡が、押し出しとなる四球を選び、ジャイアンツが勝ち越しに成功した。

 その裏は守護神・西村がマウンドへ。その西村は1番から始まる好打順を抑え、3対2で試合終了。延長11回の熱戦を制し、敵地での首位攻防3連戦の初戦を勝利で飾った。


今日は中井、坂本デーのようでしたね。特に中井は天敵能見など含めての4安打。これは大きいですよ。ここんところヒットが続いているようですので、しっかりと調子を維持して欲しいですね。それと守備がいい。いいってのは、1塁も2塁も3塁も守れるってところでしょう。外野もできそうな感じですし。ユーティリティプレーヤーって感じですね。これがあるだけでも強みになるでしょう。

長野様か村田にいいところの一本が出ていればもっと楽な試合展開だったでしょうけど、ま、しようがありません。次の試合頑張ってもらいましょう。

寺内、今日もエラーしてしまいましたね。得点圏打率が5割を超えているそうですが、基本は守備ですので、そこでエラーをしているようでは出場機会が減ってしまいます。もしかして土のグランドが苦手ってことはないでしょうけど…。

しっかし、菅野は勝ちがつかなくて残念でした。十分勝投手に匹敵するくらいの投球でしたが、惜しむらくは能見への失投?でしょうかね…。さすがに投手にタイムリーはないわ…。そういえば能見はドームでもホームランを打っていますが、バッティングいいんでしたっけ?

ま、その後をつないだ投手は完璧でしたね。少々ピンチもありましたがきっちりと抑えていました。フランケンも危なげなかったけど、今日は2回を投げた二人、特にマシソンに感謝ですね。あそこで投げてくれたからこそ、最後にフランケンという切り札を切ることができました。1回限定ではなく、右左限定でもなく、それでいて鉄壁のリリーフ陣。心強いです♪

さて、明日は1回飛ばした内海投手。
ここでしっかり仕返ししましょう!
 


↓これで負けてれば、疲れが倍だよなぁ… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 支那の古典に日本の天皇のことが載っているっていうこと? | トップページ | なんと、安倍首相は韓国大統領から結構嫌われているようですね♪ »

ジャイアンツ2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これぞ投手戦?と、とにかく4時間半を越える熱戦を制したのはG投手陣でした!:

« 支那の古典に日本の天皇のことが載っているっていうこと? | トップページ | なんと、安倍首相は韓国大統領から結構嫌われているようですね♪ »